■座間ひまわりまつり

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 座間ひまわりまつり 更新日:2010年08月29日

◆日付・天気

2010年08月22日(日曜日) 天気:晴れ・・・平坦コースですが、たっぷり汗をかきました。

◆コース(所要時間:2時間15分)

【起点】入谷駅09:00…(20分)…09:20諏訪明神社…(10分)…09:30座間会場ヒマワリ畑トイレあり[1]イベントステージ...本部・売店...迷路)10:15…(15分)…10:30相模川…(10分)…10:40シャトルバス停トイレあり[1]…(35分)…11:15相武台下駅【終点】 KML
【参考】[1] 臨時仮設トイレです。

◆コメント

座間市の「市の花」はヒマワリ。遊休農地の活用を目的として、ひまわり推進協議会が中心になって毎年ヒマワリを育てています。
この日は「ひまわりまつり」の開催日。残念ながら、猛暑が続いたため開花が早まり、座間会場のヒマワリ畑は新田宿地区以外は見頃を過ぎていましたが、一面のヒマワリはさすがに見事でした。
【参考】平地歩きですが、日陰がないので、暑さに弱い人は熱中症に注意が必要です。

◆アルバム

【移動】辻堂08:20==(JR東海道本線)==08:24茅ヶ崎08:27==(JR相模線:JR計400円)==08:57入谷駅
「ひまわりまつり」の開催日は、小田急線座間駅から会場まで直通シャトルバス(無料。1本/30分)が運行されていましたが、「少しは歩こう」と思って入谷駅を起点にしました。
入谷駅を出発 入谷駅は無人駅で駅舎もなし。初めて利用する人はびっくりするかも?

09:00 カメラを出して帽子をかぶったら出発跨線橋を渡って西へ。
立て看板の指示へ 真っ直ぐに伸びる道路。
正面(西)に大山が見えるのですが・・・この日はモヤで見えませんでした。
要所に「ひまわり広場」を指す立て看板があるので従います。
実るイネ 辺りは水田の匂い。イネの匂い。日本人の心の琴線に触れる匂いだなぁ。
「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」

県道に出たら左の信号を横断して直進。
鳩川 すぐに鳩川(はとがわ)。
立て看板は「橋を渡って右斜め前方」を指していましたが、私たちは川沿いに上流(北)へ。
進行方向に見える白い建物が座間市立西中学校。
神社前BS 09:17 バス通りに出て神社前BS。向かいが西中。ここを左折。
「ひまわりまつり」の期間外はシャトルバスがないので、路線バスの最寄はここ。
但し、座間駅〜神社前BSのバス便は1本/1時間なのでご注意を。
諏訪明神社 09:20 バス停の名となった諏訪明神社に寄ってみました。
境内にはクスノキと教育委員会が設置した案内板。
昔は相模川でもサケが遡上してきたのだそうです。
広がる農地 09:25 道なりに進み、広大な農耕地が広がったら、右(西)に真っ直ぐ伸びる舗装道へ。
この日は大山〜丹沢山は望めず、かすかに華厳山〜経ヶ岳方面が見えただけ。
新田宿のヒマワリ 09:30 座間会場ヒマワリ畑(新田宿地区)。
たくさんのヒマワリが迎えてくれました。みんな行儀よく東を向いて「こんにちは!」

ところで「花(頭花)は太陽に正対するように動く」と思っている人はいませんか?
残念!成長途中の葉とつぼみは太陽を追うように東から西に向き、夜のうちに東に戻ります(リセット)。
でも、開花の頃には太陽を追う動きは止まり、リセット状態で開花するので東を向いたまま動かなくなります。
広いね! 仮設の展望台が設置されていたので登ってみると・・・一面のヒマワリ!
背の低い妻は隠れてしまいます。ふふ。
ヒマワリ ミツバチは蜜集めに大忙し。暑いから大変だ。
和太鼓 09:50 イベントステージでは和太鼓演奏のリハーサル中。真剣そのもの。
メイン会場 座架依橋・南側地区(メイン会場)。
テントでは本部や地元農産物の販売の他、焼きそばやソーセージの売店もあって・・・おいしそう!

10:00 なんてヨダレをたらしていたら、お祭り開始の時刻。
しだいに訪れる人も増えてきました。
展望台 仮設展望台
残念ながら、南側地区のヒマワリは見頃を過ぎ、聞くと、1週間前が見頃だったとのこと。
迷路 そして「ひまわりめいろ」。やってみよう!
迷路は単純ですが、ヒマワリの花(頭花)にゴツンとぶつかると、けっこう痛い。手に持つと、ずしりと重い。
ギラギラの真夏に、たくましく育つヒマワリ。すごいね!

10:15 「座架依橋・北側地区はすでに終了した」とのことなので、相模川へ。
座架依橋 10:20 相模川に架かる座架依橋(ざかえばし)。対岸は厚木市。
河川敷は広場になっていて、「水と緑と風広場」と言うようです。
ちょっこし、川のほとりまで行ってみました。

河原ではバーベキューをする若者たちやファミリー。
残念なのは、うち捨てられたゴミが多いこと。皆さん、持ち帰りましょうね。
相模川
10:30 相模川の上流側を見る。川辺では子供たちがバシャバシャ水遊び。気持ちよさそう。
右岸の橋脚は工事中の圏央道。完成すると相模川の風景は変わってしまうのでしょうね。
グラウンドでサッカー 10:38 河川敷の相模川グラウンド。少年たちはサッカー。
そう、クーラーが効いた部屋でゲームばかりしていたら、暑さに耐える体力がなくなるからね。
暑さ寒さをしのいでばかりいるよりも、慣れる努力も大事。

10:40 シャトルバスの臨時バス停。あらら、目の前でバスが発車。
でも、もともと乗るつもりもなかったので問題なし。
遊歩道 10:42 相模川の遊歩道。木陰を抜ける風が涼しい。
直進すれば相模原市の「相模川散策路」へと続きますが、最寄の駅へ。
農道 10:48 車道歩きは趣がないので、農道を東へ。水田が広がってよい感じ。
左前方に見える相武台下駅の跨線橋を目指してGo!

跨線橋の近くまで来てウロウロ。すぐそこが駅なのに西側には入口がありませんでした。甘かった!
しかたないので北側を回りこんで・・・
相武台下駅 11:15 木造駅舎の相武台下駅
電車は少し前に出たばかり。単線の相模線は昼時間は3本/1時間。
ずいぶん汗をかいたね。お疲れさまでした。
【移動】相武台下11:41==(JR相模線)==12:15茅ヶ崎12:19==(JR東海道本線:JR計400円)==12:22辻堂
お腹減ったね。お昼は何を食べましょか?

◆メモ

  • 花が終わったらヒマワリはどうするのでしょう?⇒枯れた状態で乾燥させ、ボランティアにより種を収穫するそうです。その種を使って「ひまわり焼酎」も作っているそうです。
  • ずいぶん汗をかきました。帰宅後、冷たいシャワーを浴びて缶ビール。そしてお昼寝。窓から気持ちよい風が吹き込み・・・思いっきり寝てしまいました。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

  • 今のところ関連するページはありません。
トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system