■座間谷戸山公園・芹沢公園

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 座間谷戸山公園・芹沢公園 更新日:2013年06月29日

◆日付・天気

2013年06月22日(土曜日) 天気:晴れ時々曇り 一時雨・・・木々が青々していました。

◆コース(所要時間:5時間40分)

【起点】座間駅09:35…(10分)…09:45座間谷戸山公園トイレありお弁当ポイント(散策:3時間15分 西入口...シラカシ観察林...南口広場...水鳥の池...クヌギ・コナラ観察林[昼食]...パークセンター...森の学校...多目的広場)13:00…(20分)…13:20芹沢公園トイレありお弁当ポイント湿性植物コーナー...遊具コーナー...東駐車場)14:15…(10分)…14:25スーパー三和トイレあり14:55…(20分)…15:15さがみの駅【終点】 KML

◆コメント

座間谷戸山公園は、都市化が進む県央地域の中で、豊かな里山の自然が残された公園です。広い敷地内は良く整備・保全され、樹林地や草地、湿地、遊水地、田んぼでは多様な生き物を観察できます。公園リーフレットの「心温まるなつかしい風景と出会う」の言葉がぴったりです。
今回はついでにもうひとつ芹沢公園も訪れてみました。ちょうどアジサイが見頃でした。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂08:41==(JR東海道本線:180円)==08:45藤沢08:51==(小田急江ノ島線)==09:14相模大野09:16==(小田急小田原線:小田急計:360円)==09:24座間
座間駅を出発 09:35 駅前のスーパー・Odakyu OX は開店前。では、出発
前回は南入口に向かいましたが、今回は西入口へ。左(北)へ線路沿いの道を進みます。
長屋門 09:45 道なりに歩くこと10分ほどで座間谷戸山公園西入口
雰囲気のある長屋門をくぐり抜けると・・・
園内へ 左が田んぼ、右上に里山体験館
里山体験館に公園リーフレットがあるので入手しておきます。広い園内はマップがないと悩むかも?
【参考】双眼鏡、野鳥図鑑、車イスの貸し出しもしているとのこと。
シラカシ お好きなように巡ってみましょう。散策開始!

シラカシ観察林
【学ぶ】シラカシ ブナ科 常緑高木。20mを超える高木となる。樹皮は黒っぽいが材が白っぽいことからシラカシの名がついた。実はドングリで細長く、毎年実る。雑木林が放置されると、シラカシが優位になりやがてシラカシ林になる。自生種ではなく移入種です。
南口広場 10:12 南口広場。四阿やベンチ、南入口があります。
バッタと遊ぶ 野鳥の原っぱ
捕まえたのはバッタ。こんなことして遊んでいるから、時間がかかってしまいます。
昆虫の森 ログハウス。ホールでは誰でも休憩可能。「土足のままご利用ください」とのことですが、きれいなフロアなので躊躇してしまいます。

昆虫の森は手すりが付いた木道。濡れると滑りやすいので、注意してね。
水鳥の池 野鳥観察小屋で覗き窓から野鳥を探してみましたが・・・鳴き声はすれども姿は見えず。(悲)

水鳥の池のウッドデッキ。双眼鏡で鳥を探しましたが・・・いたのは2羽のカルガモ(睡眠中)のみ。
キツリフネ 湿生生態園では子供たちが夢中でザリガニ釣り。
園内では植物や生き物の採取は禁止ですが、アメリカザリガニだけはいいみたい。

キツリフネが群生。果実に触れるとパンと弾けておもしろい。
木漏れ日 緑の中の散策路。木漏れ日がキラキラ。
緑がいっぱい 11:37 クヌギ・コナラ観察林。四阿やベンチあり。
アリジゴク 四阿のベンチの下にすり鉢状の穴。ウスバカゲロウの幼虫、アリジゴクの巣。
そっと掘り出してみたら体長1cmぐらいの幼虫。はさみのような大きなアゴでアリを捕まえて体液を吸います。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

アリジゴクを戻して、ここで昼食。今日はコンビニおにぎり。
野鳥観察 食後、散策続行。

野鳥観察ウォール。「何もいないよ。次に行こう!」と妻。
「あのね、鳥だってバカじゃない。人に見つからないように生活してるの。よーく探さなきゃ見つからないよ。」と言っても、野鳥に興味のない妻には理解不能。
逆らえないので先へ。
湧水口 12:10 わきみずの谷。こんこんと湧き出す水を湛えた池にウッドデッキ、湿地には木道があります。
この時期、ホタルも見られるそうです。

上流側にも湧水口。きれいな水が湧き出ていましたが、「この水は飲めません」とのこと。
木道の「こもれび小道」を進み・・・
パークセンター テニスコートとふれあい広場に挟まれた道を行くと・・・

12:25 管理事務所があるパークセンター。ささやかな昆虫標本などがありました。
トイレ後、ベンチで休憩。凍らせて持ってきたゼリー飲料は、ほどよく融けておいしい。
ひと休みしたら、散策続行。
森の学校 外周路を南に向かうと・・・

12:45 森の学校。奥に短い周回路があります。
多目的広場を出る 外周路を分けて南東角の駐車場。隣は多目的広場。
伝説の丘とスギ・ヒノキ観察林へは行かなかったけど、公園散策はここまで。
何だかんだで散策は3時間以上。個人的にはもっと時間をかけて巡りたい。

13:00 ついでにもうひとつ、芹沢公園にも行ってみよう!
交差点を左(東)へ。右に立野台小学校や青少年センターを見て下り坂。
目久尻川を渡る 13:10 下りきったところが目久尻川。渡って少し登り返し。
鳩川と目久尻川に挟まれた座間丘陵。アップダウンが多いから電動アシスト自転車が人気なんだね。
芹沢公園 栗原中学校の南東角の┬字路を右(南)に下り・・・

13:20 細い芹沢川を渡れば芹沢公園
「座間のホタルを守る会」がホタルの自然発生を目指して活動しているそうです。
アジサイ
湿性植物コーナーアジサイが見頃でした。公園案内図を見る(1400x692ピクセル)
ハナショウブが咲いているかな?と思っていましたが、5個の湿地池は乾燥しています。完成時にはハナショウブが咲き誇っていたそうですが、植え替えもせず放置して枯れたとのこと。現在、再生への取り組みもあるようですが、手間がかかるので大変です。
園路 四阿、水せせらぎコーナー、芹沢の地下壕と進み、谷戸の舗装道を先へ。

13:40 第2水源地ポンプ所で┼字路。
左右の上り坂は「←芝生広場・ジョギングコース/遊具コーナー・東駐車場→」でしたが正面の道はどこまで続くのだろう?直進。
芹沢陸橋 右に池、正面に赤いアーチ橋・芹沢陸橋で行き止り。はて?
公園案内図をよく確認していませんでした。ここらは予定地で、まだ全面開園してないのね。
でもベンチはあり、くつろぐ老人の姿がありました。
引き返して遊具コーナーへ。
遊具コーナー 14:05 丘に上るとロープのジャングルジムなどがある遊具コーナー
子供連れの家族が何組か遊んでいました。
こちら側には広い駐車場があるから便利なのね。

14:15 散策終了。東駐車場を出て最寄駅まで歩いてみました。
大型スーパー 14:20 スーパービバホーム(大型ホームセンター)と三和(大型スーパー)。
駐車場は買い物客の車がいっぱい。すごいね。
たこ焼きで休憩 ホームセンターを探検した後、三和に寄って築地銀だこで休憩。いただきまーす!

14:55 さ、けーんべ。
三和を出て歩き始めたら、雲行きが怪しい。そしてポツリ、ポツリ雨。
しだいに大粒。傘はない。帽子があるから少しはマシ。カメラをザックに入れて駅へ。

15:15 さがみ野駅。濡れただけんじょも、さすけねぇ。お疲れさまでした。
【移動】さがみ野駅15:28==(相鉄本線:170円)==15:33大和15:39==(小田急江ノ島線:240円)==15:53藤沢16:01==(JR東海道本線:180円)==16:04辻堂
通り雨でした。さがみ野駅で電車を待つ間に小降りになりました。たこ焼きを我慢して、真っ直ぐ駅に向かえば濡れることはなかったね。

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system