■塔ノ岳・鍋割山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 塔ノ岳・鍋割山 更新日:2015年07月20日

◆日付・天気

2000年05月24日(水曜日) 天気:晴れ のちやや曇り

◆コース(所要時間:7時間40分)

【起点】大倉BSトイレあり09:35…(35分)…10:10雑事場ノ平…(25分)…10:35モミジの道お弁当ポイント10:45…(30分)…11:15堀山の家11:20…(20分)…11:40見晴し小平地お弁当ポイント11:50…(20分)…12:10花立山荘お弁当ポイント12:15…(15分)…12:30金冷し…(20分)…12:50塔ノ岳トイレありお弁当ポイント[昼食]13:30…(15分)…13:45金冷し…(40分)…14:25鍋割山お弁当ポイント14:40…(40分)…15:20後沢乗越…(25分)…15:45水場15:55…(20分)…16:15二俣…(45分)…17:00国定公園標識…(15分)…17:15大倉BSトイレあり【終点】

◆コメント

「まだ登ったことがない鍋割山に行ってみよう!」と思い立って出かけました。大倉BSから歩き始めたものの、どこから左に入るのかが分からず道を間違えました。
途中でおかしいと気付いたのですが、まあ塔ノ岳から鍋割山に向かえば良いわけでコースを少し変更しました。
【反省】大倉BSの交差点に鍋割山への道標がありました。お店のかどを左に入れば良かったのですね。

◆アルバム

【移動】辻堂07:01==(JR東海道本線:190円)==07:10平塚07:18==(神奈中バス:620円)==08:20秦野08:36==(小田急小田原線:150円)==08:40渋沢09:12==(神奈中バス:200円)==09:30大倉BS
いつもは秦野・渋沢方面への移動にJR相模線と小田急を利用していたのですが、乗換えが多いので平塚からのバス便を利用してみました。
平塚から秦野までは2系統あったのですが、先に来た方に乗ってしまいました。これが失敗。二宮方面までぐるっと遠回りする系統で1時間もかかってしまいました。(道理で本数が少なかった。)

09:35 大倉BSでトイレを済ませて、さあ出発。道を間違えてしまいましたが、気を取り直してGo!
観音茶屋先の分岐 10:00 観音茶屋先の分岐
どちらに進んでも先の雑事場ノ平で合流します。時間的には大差ないようです。
「パノラマ展望台へ 12分」の魅力に引かれて左に進みました。
雑事場ノ平 10:10 雑事場ノ平に到着。先ほどの分岐はここで合流します。
ベンチがあるので一休みできます。
しかし、「パノラマ展望台」ってどこにあったのでしょうか?気付きませんでした。
大倉尾根モミジの道づくり 10:20 「大倉尾根モミジの道づくり」で両側に植樹されたイロハモミジの新緑が美しい。
登山道も木道で整備されていました。
新緑の中で休憩 10:35 モミジの新緑が綺麗です。ベンチがあったのでここで休憩。
紅葉の季節にも来てみたいですね。
ワインレッドのコガネムシ 一服していると足元に一匹のワインレッドに輝くコガネムシ。君は何者?(休憩:10分)
樹間から鍋割山? 11:04 樹間から左に鍋割山・大丸あたりかな?
樹間から三ノ塔 そして右手には三ノ塔を見ることができます。
堀山の家で休憩 11:15 堀山の家で二俣からの道が合流します。
ベンチがあるので是非とも休憩しておきましょう。この先、階段の急登が続きます。(休憩:5分)
天神尾根分岐 11:33 (振り返って)戸沢からの道が合流する天神尾根分岐
堀山の家からわずか10数分でしたが疲れました。

11:40 この先にベンチのある見晴し小平地で休憩。
振り返ると秦野の町や相模湾を望むことができます。(休憩:10分)
心臓破りの急登階段 12:10 花立山荘から振り返って見た強烈な登り階段。カメラを構えましたが、心臓バクバク&腿パンパンで手が震えました。
別名「バカ尾根」と呼ばれる理由が良く分かります。
登りきって山荘前のベンチで爆休しました。(休憩:5分)
【参考】鹿による食害を避けるために植樹部分を柵で保護しています。
「金冷し」の先で鹿を発見 12:30 「金冷し」のすぐ先で鹿を見ました。大山・丹沢には鹿が多いですね。
【???】「金冷し」のゆえんは何でしょう?昔の人達は登りのキツさで汗をかき、フンドシを緩めてキ○タ○を冷した・・・ってことかな?
塔ノ岳山頂 12:50 最後の急登階段を登りきって塔ノ岳山頂(1491m)。大倉BSから約3時間15分でした。
前回ここの尊仏山荘で飲んだコーヒーは美味しかったね。
さあ、弁当タ〜イム!(昼食&休憩:40分)

13:30 さて、そろそろ当初の予定だった鍋割山へ。「金冷し」まで引き返します。
鹿の食痕 13:45 「金冷し」で鍋割山方面へ。

13:55 皮が食べられてしまった木が目立ちます。鹿の食痕のようです。
鹿に餌をやらないでね。鹿にとっては可哀想ですが、この現状では人がある程度管理せざるを得ないでしょう。
ブナの新緑 14:05 二俣への分岐を過ぎた小丸付近。
ブナの新緑が綺麗ですね。紅葉の時期にも来てみたいものです。
鍋割山の展望 14:25 鍋割山(1273m)に到着。塔ノ岳から1時間弱でした。
途中、いくつかのピークはありますが、特に急登もなく、比較的楽な道でした。
写真正面のピークは栗ノ木洞(くりのきどう)でしょうか?
少し曇ってきましたが、眺めが良いのでしばらく休憩しました。(休憩:15分)
トウゴクミツバツツジ 14:50 鍋割山から10分ほど下ったあたりにトウゴクミツバツツジが鮮やかに咲いていました。
少し時期が早いかなと思っていましたがラッキーでした。
後沢乗越 15:20 ところどころ急な道を下り、鍋割山から約40分で「後沢乗越(ウシロザワノッコシ)」。
「乗越」とは「峠」の意だそうです。
「栗ノ木洞」への道を分けて「二俣」に下ります。
水場で一休み 後沢乗越からは植林内のジグザグ下り。もはや膝が笑い始めました。

15:45 後沢乗越ノ沢の水場に到着。
冷たい水で顔と手を洗って生き返りました。(休憩:10分)
新緑が綺麗でしょ"^_^" 16:05 水場の先は林道を緩やかに下ります。新緑が綺麗でした。

16:15頃 二俣到着。この先は四十八瀬川沿いの林道(西山林道)歩きです。
丹沢大山国定公園の標識 17:00 やっと国定公園の標識
随分長く感じる林道歩きでしたが、ガシガシ歩いたので二俣から45分ぐらいでした。ここを左に入って民家や畑の脇を進みます。

17:15 標識から約15分で大倉BSでした。
【移動】大倉BS17:22==(神奈中バス:200円)==17:40渋沢17:46==(小田急小田原線:150円)==17:50秦野17:58==(神奈中バス:500円)==18:40平塚18:45==(JR東海道本線:190円)==18:55辻堂
帰りも秦野からバスで平塚まで出てみました。行きは1時間かかりましたが帰りは40分でした。系統によってこんなに違うのですね。(もっとも道路の混雑状況によってずいぶん変わるかも?)

◆メモ

  • 私の持っている丹沢ガイドブックには「大倉バス停から山に向かって10mほど車道を進み、指導標に従ってすぐ左に曲がる。」とあったのですが、気付きませんでした。
    ガイドブックには「他の登山者の後を安易についていくと大倉尾根に入りこんでしまうこともあるので注意」とあったので気を付けていたのですが・・・
    帰りにも確認しましたが道標は見つかりませんでした。私のようなミスをしないでね。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system