■天園・円海山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 天園・円海山 更新日:2014年08月24日

◆日付・天気

2014年08月16日(土曜日) 天気:晴れ・・・風があったので、暑さは少ししのげました。

◆コース(所要時間:5時間5分)

【起点】北鎌倉駅08:45…(20分)…09:05明月谷口…(30分)…09:35十王岩…(15分)…09:50覚園寺分岐…(20分)…10:10大平山(標識)お弁当ポイント[1]…(15分トイレあり)…10:25天園峠の茶屋天園休憩所10:35…(30分)…11:05市境広場お弁当ポイント[昼食]11:30…(15分)…11:45関谷奥見晴台お弁当ポイント11:50…(10分)…12:00大丸山お弁当ポイント12:05…(40分)…12:45いっしんどう広場トイレあり[2]お弁当ポイントひよどり団地分岐13:05…(25分)…13:30港南台5交差点…(20分)…13:50港南台駅【終点】 KML
【参考】[1] ベンチはありませんが岩山の斜面か下の広場。 [2] いっしんどう広場から港南台方向へ約100m進むとトイレあり。

◆コメント

鎌倉の天園ハイキングコースから横浜の円海山周辺市民の森(横浜自然観察の森、金沢市民の森、氷取沢市民の森、瀬上市民の森)へと歩きます。
天園ハイキングコースには一部に岩場や滑りやすいところがあるので注意が必要です。また、トレイルランの流行で、追い越し、すれ違い、出合がしらには歩く人も走る人も十分な注意をお願いします。
円海山周辺市民の森は急坂もなく、よく整備されています。適所に道標や案内図があるので安心ですが、いろんなコースがあるので、逆に悩むかもしれません。事前にマップを確認しておきましょう。(ページ下部「関連サイト」参照)
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂08:14==(JR東海土央本線)==08:23大船08:33==(JR横須賀線:JR計240円)==08:36北鎌倉
明月谷口へ 08:45 北鎌倉駅を出発。まずは明月院方向へ。

明月院は通過し、緩やかな上り坂をさらに進み・・・

白壁がある┠字路。電信柱に取り付けられた手作り道標に従って右上へ。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

100m上った┼字路は左上に続く細道へ。(手作り道標あり)
明月谷 桐慕茶屋 09:05 「明月谷 桐慕(とんぼ)茶屋」の横が登山口(明月谷口)。
取付きは足場を掘った岩場で、ここから山道。
斜面を登り・・・
小ピークを越える 笹地の尾根を進んで小ピークを越えます。
今泉台4分岐 石段を下り終えたら「←今泉台4丁目入口」分岐。(振り返って撮影)
あら、道標が新しくなったのね。今年の3月に歩いた時の古い道標はなくなりました。
【参考】明月谷口への経路は鎌倉市の管理外なので表示はありません。
十王岩 09:27 建長寺の裏山のピークが勝上けん(「けん」の漢字は「山」冠に「献」)。
建長寺に下るコースが分岐しますが、境内なので通過するだけでも拝観料(大人300円)が必要です。
残念ながら、すぐ下の展望デッキも建長寺の境内。先へ。

09:35 コースから一段上がった岩場が十王岩。はっきりしない石仏が三体。
すぐ先の岩場に立てば由比ヶ浜に一直線に続く若宮大路が見えますが・・・木々が育って見えにくくなりました。
豊かな緑 ロープが付いた岩場を下り・・・

蝉しぐれの中を進みます。
【参考】確認のためコースを外れて「北鎌倉線No.15」送電鉄塔まで往復してみました。
覚園寺分岐 09:50 「←今泉台6丁目入口/覚園寺 約0.9km→」分岐
道標が新しくなって「↑天園」の距離が「約1.2km」から「約1.5km」に変わりました。
【参考】地図で計って「天園」の場所を求めると、旧距離表示では大平山(標識)の下の広場となりますが、新しい距離表示では峠の茶屋付近になります。
開けた トレイルランの人たちとすれ違ったり、追い抜かれたりしながら進み・・・

ひと登りしてパッと開けます
大平山(標識) 10:10 金網フェンスに付けられた「大平山 海抜159.2m」の黄色い私製標識。裏面は「平成26年1月」のみで作者不明。
地理院地図では大平山は峠の茶屋があるP159。どちらが正しいのか分からないので、仮にここを大平山(標識)とします。
ちなみに・・・この標識の「鎌倉」の「倉」の字は間違っています。

フェンスの向こうはゴルフ場。凸凹した砂岩の斜面を下り・・・
広場から海を見る
下りたところが広場。一箇所、右側が開けていてが見えます。
お弁当を食べている人もいましたが、まだ早いので昼食はこの先で。日陰で水分補給したら先へ。
水道飲用不可 トイレ。「天園周辺公衆トイレ案内図」があり、このマップによると大平山は峠の茶屋付近。
トイレの向かいはゴルフ場。その奥に横浜ランドマークタワーが見えました。

先へ。車が入る緩やかな登り坂を行くと・・・
峠の茶屋 10:25 天園峠の茶屋(横浜市栄区)。「横浜市最高地点 159.4m」の案内板があります。
横浜自然観察の森に進むなら茶屋の裏の細道(薪置場)を行くと近道(注意:栄プールに下らない)ですが、本線を進んで下ったところにも天園休憩所(鎌倉市)があり、そちらを経由しても行けます。
この付近は経路が分岐しているので悩むかも?経路を確認したのち・・・

10:35 天園休憩所から継続。「金沢八景・文庫」方向へ。
横浜霊園 展望のない笹地を道を進み、道標のない分岐は直進。右上に分岐する踏跡は鎌倉霊園に続くようです。

左に広大な横浜霊園が見え隠れします。
送電線の下を通過して・・・
市境広場 11:05 市境(しざかい)広場[G18]。その名の通り、横浜市栄区と鎌倉市の境界。
大きな「円海山周辺の市民の森 案内図」があり、トレイルランナーがコースを確認中。(彼らは10数人×3組の団体でした。)
昼食 広場にはテーブルベンチとベンチが各1台。ちょうどテーブルベンチが空いたのでここで昼食
今日はスパムサンドと玉子サンド、そして梨。いただきまーす!
行き交うハイカーやトレイルランナー。夏だから人は少ないと思っていましたが、そんなことはなかったね。

11:30 続行!
金沢分岐 11:35 大きな案内板「ようこそ自然観察の森へ」がある分岐[G17]。
左に下ると自然観察センター(トイレあり)で、周辺のハイキングマップが入手できるはずです。(たぶん)

11:42 「↑瀬上市民の森・港南台方面/金沢自然公園・金沢文庫→」分岐G16]。
右の「六国峠ハイキングコース(茶色コース)」を分けて、今回は「ビートルズトレイル(黄緑色コース)」へ。
関谷奥見晴台 進むと大きな「円海山周辺の市民の森 案内図」があり、ここで見晴台に寄り道。

11:45 すぐに関谷奥見晴台[H7]。広場になっていてベンチは豊富。左(北)が少し開けます。
日陰のベンチで小休憩。暑いね。

11:50 引き返して先に進もう!
大丸山登り口 木漏れ日の中を進み・・・

「横浜市最高峰 大丸山→」の分岐。ここはぜひとも最高峰を体験。
そのためには、直登する手すり付きの土留め階段をよいしょ!どっこらしょ!
大丸山 12:00 ひと登りで大丸山(おおまるやま。156.8m)。
ベンチはけっこうあり、150m級なのに誇らしげな山頂標と三角点。
微妙なのが、峠の茶屋が「最高地点 159.4m」で、ここは「最高 156.8m」。
あまり展望はなく、一角から八景島シーパラダイスや横須賀の海が見えます。
奥からひょうたん池へのコースがありますが、あまり歩かれていないようでした。

12:05 小休憩後、引き返し。
庄戸住宅 本線に戻ってすぐ先の「←庄戸住宅・バス停」分岐[A10]は分けて直進。
道は広くて歩きやすい。ご近所さんなのか軽装の人も多く見かけました。

左下は庄戸の分譲住宅地。その先にゴルフ練習場が見えます。
【参考】ゴルフ練習場に隣接する緑地が「上郷市民の森」だと、帰宅後に気付きました。
ひょうたん池分岐 12:25 大きな「「円海山周辺の市民の森 案内図」」がある分岐[A9]。
「金沢自然公園・ひょうたん池→」を分けて「←瀬上市民の森・港南台方面」へ。

12:30 [A7]、[A6]で「←馬頭の丘休憩所・馬の背休憩所」の分岐あり。そちらは「光明寺-梅沢山ルート(赤色コース)」で、瀬上池の西側流域尾根。
どちらでもよかったのですが、今回は「ビートルズトレイル(黄緑色コース)」のまま東側流域尾根へ。
瀬上池分岐 12:35 「←漆窪休憩所・瀬上池」分岐[A5]も分けて先へ。
いろんなコースがあるので、歩けなかったコースはまた別の機会に。
氷取沢分岐 12:40 斜面の広場が「おおやと広場・氷取沢市民の森→」分岐[A4]。
「氷取沢(ひとりざわ)市民の森ルート(群青色コース)」が分岐しています。
いっしんどう広場 12:45 いっしんどう広場[A2]。広場にいくつかベンチがあります。
┼字分岐になっていて、左右は「←中尾根休憩所・池の下広場/ふじづか休憩所・氷取沢方面→」。
正面(北)の車止め方向が「港南台方面↑」で、100mほど進むと・・・
電波塔 もうひとつ車止めがあり、抜けると円海山無線中継所
隣にもう1本、電波塔(KDDI 横浜峰町局)があります。
その向かいが・・・
ありがたい トイレ[A1]。セーフ!
汗を拭き、休憩。ここにベンチがあったら便利なんですけどね・・・
電波塔 道なりに少し進んだY字路にも電波塔
看板は出ていませんが、第三管区海上保安部の施設(円海中継所)とのこと。
円海山(地理院地図:153.1m、旧地形図や円海山周辺マップ:153.3m)周辺は見通しがよいから電波塔が多いのね。
下は瀬上市民の森
左(南東)が開けます。下の緑地が瀬上市民の森。写真の道が「港南台五丁目」交差点方面に下る道で、澄んだ日にはこの方向に箱根の山々や富士山が見えるはずです。

13:05 「ビートルズトレイル(黄緑色コース)」は右へひよどり団地に下りますが、今回は写真方向(流域尾根)へ。「瀬上市民の森ルート(青色コース)」のサブコースです。港南台駅を目指して、もうひと頑張り。

右側に広いグラウンド(さえずりの丘公園)、その先に大きな建物(資源循環局)を見て下り、20分ほどでト字路。道標はありませんが、大きな「円海山・大丸山マップ」があります。
直進下りは栄高校。右に下ってバス通りに出て・・・

13:30 「港南台五丁目」交差点。よく分からなかったので、ここからめじろ団地の前を歩いて駅に向かいましたが、「港南台駅入口」交差点を経由した方が近道だったようです。
港南台駅 13:50 港南台駅。暑かったね。お疲れさまでした。
【移動】港南台駅13:57==(JR根岸線)==14:04大船14:08==(JR東海道本線:JR計240円)==14:16辻堂
ビール、ビール!冷たいシャワーを浴びたら、ビール、ビール!

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system