■天園ハイキングコース

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 天園ハイキングコース 更新日:2014年08月19日

◆日付・天気

2014年03月01日(土曜日) 天気:曇り 一時雨・・・濡れるほどではなく、問題ありませんでした。

◆コース(所要時間:4時間10分)

【起点】北鎌倉駅08:45…(20分)…09:05明月谷口…(25分)…09:30勝上けん…(20分)…09:50覚園寺分岐09:55…(25分)…10:20大平山(標識)お弁当ポイント[1]…(10分トイレあり)…10:30天園峠の茶屋…(20分)…10:50送電鉄塔25号11:00…(50分)…11:50明王院11:55…(10分)…12:05十二所神社BS…(20分)…12:25十二所果樹園12:35…(20分)…12:55十二所神社BS【終点】 KML
【参考】[1] このコースはベンチがなく、お弁当場所には恵まれません。大平山(標識)の斜面か、下の広場ぐらいでしょうか?茶屋で何かを買えばテーブルを使うことができます。

◆コメント

天園ハイキングコースは、大仏ハイキングコースと並ぶ鎌倉の代表的なハイキングコースです。ファミリーコースですが、一部にぬかるんだ個所や岩場もあるので、しっかりした靴がよいでしょう。
梅の季節だったので、本当はもっと花情報をご紹介したかったのですが・・・失礼しました。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂08:19==(JR東海道本線)==08:28大船08:31==(JR横須賀線:JR計230円)==08:34北鎌倉
北鎌倉駅でコンパスを落としましたが、全く気付きませんでした。「落としましたよ。」と声をかけてくれたお嬢さん、ありがとうございました。
ロウバイ 08:45 北鎌倉駅を出発霧雨だから問題ない。まずは明月院方向へ。

見かけた庭木のロウバイ

明月院を通過し・・・
天園コースへ 喫茶「笛」の先、二つ目の├字路を右上へ。
電信柱に取り付けられた手作り道標の「天園ハイキングコース」の文字は消えそうでした。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
明月谷口 コンクリートの坂道を登り、手作り道標に従って左へ。

09:05 茶屋の横が登山口(明月谷口)。取付きは足場を掘った岩場です。
小ピークを越える 笹地を進み、小ピークを石段で下ると・・・
今泉台4分岐 09:15 今泉台4丁目への分岐
ちなみに階段を下ってみたら、住宅地の端で道標「建長寺約1.1km・瑞泉寺約4.3km」あり。
その1ブロック先には「明月院900m・北鎌倉駅1.5km」の道標がありました。
引き返して・・・

09:20 熱くなったので一枚脱いで、継続!
勝上けん 09:30 勝上けん(「けん」の漢字は「山」冠に「献」)。建長寺の裏山のピークです。
天園ハイキングコースの接続経路のひとつですが、通過するだけでも拝観料(大人300円)が必要です。
すぐ下に展望台がありますが、一応、建長寺境内だし・・・天気が悪く、展望は期待できないし・・・と、言うことで先へ。
あら、以前はなかった迂回路あり。転んで怪我した人でもいるのでしょうか?
十王岩 見落としやすいですが、左上が十王岩。小さな磨崖仏が3体。
そして南に若宮大路が一直線。海まで鎌倉の街並みが見えますが・・・
この日ははっきり見えませんでした。
ロープあり 岩場にトラロープ。問題なくクリア。
でも、賑わうハイシーズンはボトルネックになるかもね。
今泉台分岐 09:50 十字分岐。左右は「←今泉台住宅地/覚園寺 約1.2km→」です。
ちなみに左に下るとすぐに今泉台6丁目の公園なので、エスケープルートになります。
小雨の中、公園では子供たちが集まっていて、段ボール箱を使って何かのイベントのようでした。
引き返して・・・
小雨 09:55 妻は念のためにザックカバーを付けて・・・できたかな?では、続行!
ザックカバーを付けたらテントウムシみたいになっちゃったね。
岩場 送電鉄塔(北鎌倉線No.16)横を通過し・・・

掘って作った岩場の階段。濡れると滑りやすいので気を付けてね。
巻き道 130m圏のピークは巻きます。楽チン!
大平山? 10:20 ひと登りした金網フェンスに私製の「大平山 海抜159.2m」の標識。
でも、地理院地図では大平山は峠の茶屋の近くで、ここから直線距離400mほどの地点。はて?
鎌倉市のコースマップもここを大平山としてますが、どちらが正しいのか分かりません。
でもね、誰が作ったのか分からないこの標識・・・「鎌倉」の「倉」の字が間違っています。
砂岩の斜面 大平山の左側は金網フェンスで仕切られたゴルフ場。砂岩の斜面は凸凹しています。

下ったところが広場になっていて、道標の距離表示から判断すると、この広場が「天園」ですが・・・
そして広場の先にトイレがあります。きれいになったね。
茶屋 10:30 天園峠の茶屋(横浜市栄区)。「横浜市内最高地点 159.4m」の案内板があります。
【参考】この地を「天園」とするマップも見かけますが、どちらが正しいのか分かりません。
この先にはもう一軒「天園休憩所」(鎌倉市)があり、両店が集客目的に付けた(?)道標によって混乱します。
また、横浜方面(自然観察の森、金沢市民の森など)につながる立派な経路もあるのに表示がありません。
「鎌倉市に来た観光客は、鎌倉市で金を使ってね。」ってことでしょうか?
鎌倉宮分岐 十字分岐。分かりやすい公的道標が欲しいところですが、左右は鎌倉市管理外なので付けないようです。
手作り道標は「↑瑞泉寺経由鎌倉宮/獅子舞経由鎌倉宮→」。鎌倉宮に行かせたい?ふふ。
送電鉄塔 10:50 ハイキングコースからわずかに外れてJRの送電鉄塔「大-田25号」。
基部は草刈りしてあるので休憩場所によいところ。
雨は上がりました。ここでおやつタイム。パン1個を食べて休憩。

11:00 続行!

11:07 貝吹地蔵。このあたりは滑りやすいので気を付けてね。
分岐 11:23 「←明王院/瑞泉寺→」分岐。道標いろいろ(振り返って撮影)。
以前は展望がありませんでしたが、正面(西)が開けていました。
そして明王院方向に20m行くと富士山が見えるそうです。(道標支柱に手書き)
【参考】この分岐の手前30mぐらいのところに左(東)に踏跡があり、以前は「←十二所神社・朝夷奈切通」の手書きがありましたが、表示は確認できませんでした。
明王院へ どちらに下ってもよかったのですが・・・

天園ハイキングコース(瑞泉寺)を分けて明王院へ。
右の崖下が住宅地。ロープ柵があります。石を落とさないでね。
巻く 100m圏の小ピークを巻いて下り・・・
石塔 巻き終えると右上に石塔。花が供えてありました。
露出した木の根に「大江広元墓」の手書きがありましたが、真偽のほどは分かりません。
神社 小さな神社(振り返って撮影)。
東に踏跡がありますが、宗教施設の敷地に下るようです。
笹地 笹地を下り、時には笹のトンネル。腰をかがめて通過。

尾根を離れて斜面を下り、やがて細道で民家の脇に下って山道は終了。
手作り指示板に従って下ると・・・
明王院 11:50 明王院(みょうおういん)。拝観無料ですが、境内は撮影禁止。
ちょうど梅が見頃でした。よい香り。

さて、他の寺院を訪ねて梅を愛でるか・・・あるいは、
かつて(2004年 鎌倉花めぐり)訪れたときは開花前だった十二所果樹園を再訪するか・・・思案。

11:55 十二所(じゅうにそ)果樹園に行ってみよう!
朝夷奈切通分岐 「十二所神社」を目指してバス通りを歩き・・・

12:05 明王院から10分ほどで十二所神社BS。道標「十二所果樹園」に従います。

12:15 民家がなくなって寂しくなった頃、「←朝夷奈切通/十二所果樹園→」分岐。小さな滝があります。
さらに進むと未舗装になり、谷あいゆえぬかるみ、廃棄物集積所(?)が続いて心細くなります。
十二所果樹園 12:25 十二所果樹園の入口ゲート。朝夷奈切通分岐から10分でしたが、長く感じました。
園内マップ。梅の他に柚や栗も栽培しているようです。

梅はそろそろ見頃。観光梅林ではないので、八重や大杯の園芸品種はなく、華々しさはありません。
今日はお弁当を持ってこなかったから、お腹減ったね。
山頂部に展望台がありますが・・・逗子市との市境まで行って引き返しました。
十二所神社BS 12:35 果樹園の入口ゲートを出て、バス停へ。

12:55 十二所神社BS。鎌倉駅方向は渋滞。はて?
お昼ご飯はどこで何を食べる?お疲れさまでした。
【移動】十二所神社BS13:00[1])==(京急バス:200円)==13:21鎌倉駅13:26==(JR横須賀線:150円)==13:37大船
【参考】[1] 渋滞でバスのダイヤが乱れていました。バスはノロノロ進み、次のバス停付近にパトカー。警官が調査中。事故渋滞だったのね。あら、事故車は京急バス。そこを過ぎたらスイスイでした。
大船で昼食。ラーメンを食べました。

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system