■散在ガ池・天園ハイキングコース

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 散在ガ池・天園ハイキングコース 更新日:2014年08月19日

◆日付・天気

2007年01月14日(日曜日) 天気:晴れ・・・空は青く、良い天気でした。

◆コース(所要時間:4時間40分)

【起点】今泉不動BS09:45…(3分)…09:48散在ガ池森林公園トイレありお弁当ポイントせせらぎの小径...散在ヶ池...のんびり小径...馬の背の小径...南口)11:05…(10分)…11:15覚園寺分岐…(20分)…11:35大平山お弁当ポイント[1][昼食]11:55…(40分トイレあり[2])…12:35瑞泉寺口トイレあり…(10分)…12:45鎌倉宮トイレあり13:00…(5分)…13:05覚園寺口…(15分)…13:20覚園寺分岐…(20分)…13:40勝上けん13:45…(15分)…14:00明月谷口…(25分)…14:25北鎌倉駅【終点】 KML
【参考】[1] 大平山を下った広場。 [2] 大平山を下った広場の先で、峠の茶屋の手前にトイレあり。

◆コメント

散在ヶ池(さんざがいけ)は古くは灌漑用に作られた池で、別名、鎌倉湖とも呼ばれます。大きな池ではありませんが、周囲の自然と共に散在ガ池森林公園として整備されています。
静かな園内には尾根や沢を利用した散策路があります。ゆっくり巡っても1時間ほどかな?少し物足りないので続けて天園(てんえん)ハイキングコースに進んでみました。
こちらは鎌倉の超有名ファミリーコース。老若男女に親しまれています。今回は鷲峰山(じゅぶせん)の┼字分岐(覚園寺分岐)で「全ての経路を歩く」ことをテーマにしています。まったく無意味なテーマですが・・・
【注記】散在ガ池森林公園には駐車場はありません。

◆アルバム

【移動】辻堂09:10==(JR東海道本線:190円)==09:20大船09:34==(江ノ電バス:230円)==09:45今泉不動BS
大船のバス乗り場は東口を出て右(南)のルミネ下です。鎌倉湖畔系統のバス便は豊富なので安心。
今泉不動BSで下車 09:45 バス10分ほどで今泉不動BS。バスの進む方向にに曲がれば散在ガ池森林公園の入口はすぐ先です。
途中から乗車してきた女の子とお父さんも下車。今日はパパと公園でデートかな?
【参考】バスは公園を取り巻く今泉台の住宅地を巡回して大船駅に戻ります。
せせらぎの小径 入口を入ってわずかに下ると分岐。直進は「管理事務所 約180m」ですが、右の「せせらぎの小径 約250m」へ。

09:51 沢沿いの静かな木道
公園内には適所に自然のしくみを説くパネルが設置されています。
妻が見ているのは「池沼の植物」。
崖 09:57 切り立つ崖を見て進み、最後に階段をひと上りすれば散在ヶ池です。
散在ヶ池 10:00 散在ヶ池。園内の案内図があります。(向きが合っていないので頭の中で回転!)
【参考】南口側に設置されていた案内図ですが、参考として。 案内図(1024x768ピクセル)を見る

散策路で周回できますが、今回は南口に出たいので「のんびり小径」を途中まで進み、引き返して「馬の背の小径」を歩くことにしました。
鯉 10:08 管理事務所の1階がトイレ。以前は傷んでいたバルコニーの手摺りが新しくなっていました。
池を覗くと大きな鯉が寄ってきます。他にはマガモも。
タイワンリスも寄ってくるけど餌付けしないでね。
樹間から散在ヶ池 それでは「のんびり小径」へ。

10:13  葉を落とした木々の間から青い水面の散在ヶ池。
小さなアップダウンで少しずつ登っていきます。
ベンチ 10:22 開けたベンチで小休憩。冬枯れのこの時期は青い空が広いね。

このまま進んでも南口に続きますが(すでに近くまで来ているのですが)、あえて引き返して管理事務所へ。
引き返して尾根道へ 10:41 さて、今度は「馬の背の小径」へ。
写真方向(南)に進むとすぐに階段上りです。
【学ぶ】江戸の頃より水争いあり、明治初期に堰を作って灌漑池を作った。3つの村の持ち山がこの辺りに分散して在ったので散在ヶ池の名が付いた。しかし小さな池だったので、その後も水争いが絶えず、昭和に造り直した。-解説板を要約-
馬の背の小径 10:48 「馬の背」の名ですが、危険な道ではありません。
「雑木林のなりたち」、「森の冬じたく」などのパネルを読みながら尾根のアップダウンを楽しみます。

この先、「のんびり小径」が合流する分岐では「南口への出口」へ。
すぐ先で右に「パノラマの小径 約100m」の分岐。ずいぶん期待を膨らませる名ですが・・・書いていいのかな?送電鉄塔をひと回りする小径です。ふふ。
森林公園南口 11:05 公園南口。(振り返って撮影)
さて、次は天園ハイキングコースへ。
指示板は右を指すだけ(以前は「左の緑道へ」の案内もあったけど・・・)ですが、すぐ先で左の緑道に曲がります。
緑道 11:05 送電線の真下に続く緑道へ。道標を見落とさないでね。
静かな住宅地の緑道。植栽の木々にはコゲラメジロなど。いっぱい撮影したけど、全てブレボケ。(悲)

バス通り(最寄は半僧坊下BS)を横断してさらに進むとT字路。道標に従って左、のち右です。【!】道標がありますが、見落としやすいので注意してね。
6丁目公園 11:13 芝の今泉台6丁目公園
奥に天園ハイキングコースへ続く入口があります。
鷲峰山下分岐 11:15 6丁目公園口からひと登りすると十字路の覚園寺分岐。(鷲峰山(じゅぶせん)の分岐)
来し方の表示は「今泉台住宅地」。
右は「建長寺 約1.9km」、正面は「覚園寺 約1.2km」、左は「天園 約1.2km・瑞泉寺 約3.1km」
すでにお昼前。お弁当を食べるなら大平山の下。されば左の「天園」へ
大平山・天園へ 11:20 好天に恵まれ、多くのハイカーに出会いました。
分厚いダウンジャケットを手に持ち、汗だくで歩いている人も。「観光ついでにひと歩き」かな?ふふ。
大平山 11:35 最後にひと登りするとパッと開けます。この岩場の山が大平山
【参考】地形図では峠の茶屋付近を「大平山」としています。どちらが正しいのか分かりません。
左はゴルフ場。金網フェンスに立つと、横浜のランドマークタワーなどが一望できます。
うーん・・・斜面で横に広がって昼食中の団体さん。ジャマになっていると気付いていないのかなぁ?
今日の弁当 11:40 私たちは岩場下の広場で昼食。通行人のジャマにならない端っこでね。いただきまーす!

11:55 あっという間に食べ終わり、すぐに出発。早いね!
広場を発ち、しばし歩くと山中で唯一のトイレがあります。もちろん活用。
天園からの展望 12:05 峠の茶屋がある天園
【参考】昼食を食べた岩場下の広場を「天園」とする資料もあります。どちらが正しいのか分かりません。
少し先の岩場に立つと右(西)が開けて好展望。三方を山に囲まれた鎌倉駅周辺は、確かに自然の要塞です。(写真は稲村ガ崎方向)

さらに「獅子舞経由鎌倉宮→」を分けて「↑瑞泉寺」へ。急坂はないものの、足場の悪い個所はあります。気を付けてね。
瑞泉寺口 貝吹地蔵(12:18)、「十二所(じゅうにそ)神社・朝比奈切通」分岐(12:28)、「明王院(みょうおういん)・浄妙寺・報国寺」分岐(12:30)と進み、「瑞泉寺」を目指します。

12:35 瑞泉寺(ずいせんじ)近くの登山口に降り立ちました。(振り返って撮影)
梅の時期には瑞泉寺を拝観するのもおすすめです。

さて、ちょうど半分を歩き終えたぐらい。先へ。
鎌倉宮 12:45 鎌倉宮。100円で妻が引いたおみくじは大吉。上々だね。

15分休憩して次は覚園寺(かくおんじ)方向へ。
駐車場や大塔宮BSを見て進むと、道は細くなって車一台が通れるほど。
覚園寺口 13:05  鎌倉宮から5分ほどで右にハイキングコース入口。並んだ石仏・石塔が目印です。

切通しのような入口。驚くのは階段。土が流されて無残な姿
私は階段脇を歩かないようにしていますが、さすがにこれでは無理ですね。

しばらく登ると、やがてなだらかな道。出会う人もあまりいませんでした。
鷲峰山下分岐 13:20 覚園寺口から15分ほどで再び覚園寺分岐
残るは左の「建長寺 約1.9km」の経路です。
岩場もある 13:26 時に岩場もあります。
妻は一瞬ひるみましたが、難なくクリア。Good!
十王岩からの眺め 13:30 コースから一段上がったところが「かながわの景勝50選」の十王岩
南に若宮大路が一直線。冬の低い太陽の光を反射して、先のはまぶしかった。
勝上けん 13:40 勝上けんが「建長寺/明月院」の分岐点です。
近くに展望台があるのでひと休み。下に建長寺境内、目を上げると鎌倉の海から藤沢市街まで一望です。
さて、あとは「明月院」方面に下るだけ。
【参考】このまま建長寺に下ることもできますが、境内を通ることになるので出るときに拝観料(300円)が必要です。
散在ヶ池森林公園を見る 13:45 右に今泉台の住宅地。緑色の給水タンクも見えます。
緑の森が散在ガ池森林公園。送電線を目で追った鉄塔部が「パノラマの小径」ですね。
目立つ大きな煙突は起点の今泉不動BSそばにあるクリーンセンター(ゴミ処理場)。煙突方向にランドマークタワーを見ることができます。
今泉台4丁目分岐 13:50 道標は右に「明月院」。石段を下れば今泉台4丁目。一般道で明月院に進めます。
直進(道標に手書きで矢印)は明月院への近道。でも、小さなピーク越えがあります。
最後のひと登り 13:51 直進はの茂る細い石段登り。よいしょ!ちょっと疲れます。

14:00 最後に斜面を下り、民家の脇に出たら(明月谷口)山歩きは終わり。コンクリート舗装の道を「下る」方向に進めば大丈夫。
【参考】曲がり角には手作りの道標があります。逆方向の場合は見落とさないでね。
喫茶店 笛 14:05 一般道に出て少し歩くと喫茶店「」。「休憩も良いかな?」と思ったけれど先へ。
明月院を過ぎ(14:08)、甘い言葉で妻を誘惑する甘味処も我慢だよ。

14:25 北鎌倉駅に到着。お疲れさまでした。
【移動】北鎌倉14:28==(JR横須賀線)==14:34大船14:36==(JR東海道本線:JR計230円)==14:45辻堂
北鎌倉駅で切符を購入する場合は踏切で表口に渡ってください。円覚寺側では販売していません。SuicaはOKです。

◆メモ

  • 散在ガ池森林公園を訪れる人は少なめです。広場がない、駐車場がない、などが理由かな?短いけど静かな散策が楽しめます。
  • 池の名は「散在ヶ池」、公園の名前は「散在ガ池森林公園」と、「ヶ」と「ガ」を使い分けているようですが・・・混乱して使用されているようでもあり、何が正しいのかよく分かりません。
  • 天園ハイキングコースには、一部ぬかるんだ個所岩場があります。歩きやすい靴でね。
  • 少し長めに歩いています。天園ハイキングコースには入口がいろいろあるので短めに変えてみるのも良いでしょう。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system