■天園・円海山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 天園・円海山 更新日:2014年08月19日

◆日付・天気

2003年09月05日(金曜日) 天気:晴れ

◆コース(所要時間:5時間25分)

【起点】鎌倉駅10:00…(45分[1])…10:45鎌倉宮トイレあり10:55…(10分)…11:05瑞泉寺トイレあり11:40…(35分)…12:15天園12:20…(20分)…12:40市境広場お弁当ポイント[昼食]12:55…(10分)…13:05横浜自然観察の森・自然観察センターお弁当ポイントトイレあり13:30…(20分)…13:50大丸山お弁当ポイント13:55…(30分)…14:25いっしんどう広場…(10分)…14:35円海山…(5分)…14:40いっしんどう広場トイレあり…(15分)…14:55ひよどり団地入口…(30分[2])…15:25港南台【終点】
【参考】[1] 鎌倉駅から大塔宮BSまで京浜急行バスを利用することもできます。 [2] ひよどり団地入口近くに港南環境センター前BSがあり、港南台方面へ横浜市営バスを利用することもできます。

◆コメント

前回(2003年07月19日)、天園(てんえん)から横浜自然観察の森への分岐を見落としたので、確認も含めて出かけました。
但し、今回の起点は建長寺ではなく瑞泉寺(ずいせんじ)から。
特に歩きにくい所も無く、ファミリー向けです。距離があるので時間がかかりますが、バスを利用すると随分楽になるでしょう。
自然観察センターでは、楽しみながら自然について学ぶことができます。お子様と一緒に出かけてみてはいかがでしょうか?
【おわび】天園でカメラの電池切れのため、後半の写真がありません。ごめんなさい。

◆アルバム

【移動】辻堂09:32==(JR東海道本線)==09:42大船09:45==(JR横須賀線:JR計230円)==09:50鎌倉
鎌倉駅を出発! 鎌倉駅右横の東急で昼食のおにぎりを購入して準備完了。

10:00 今日は快晴鎌倉駅を出発。

鶴ヶ岡八幡宮から朝比奈方向に進みながら、「車が多いなぁ。暑いなぁ。」なんてボ〜っと歩いていたら・・・
鎌倉宮 ・・・分岐に気付かず浄明寺近くまで進んでしまいました。
間違いに気付き、「岐れ道(わかれみち)」まで引き返しました。ふ〜

10:45 途中の鎌倉宮(かまくらぐう)に寄ってみました。
【学ぶ】明治2年(1969年)に明治天皇のお言葉により創立された神社で、建武中興の中心となられた後醍醐天皇の第一皇子大塔宮護良(もりなが)親王を御祭神としています。
社殿裏には親王最後の地土牢があります。
瑞泉寺入口 11:05 瑞泉寺入口の道標は右に「天園ハイキングコース入口」です。
でも、まだ瑞泉寺を訪れたことがなかったので、先ずは拝観してみました。【拝観料】100円
梅林の庭園 階段を登ったところに山門。くぐると梅林が広がる境内でした。
梅咲く季節に訪れてみるのも良いでしょう。

裏には岩盤を掘って作った庭園があります。鎌倉に存在する鎌倉期唯一の庭園だそうです。
芙蓉の花? フヨウ(芙蓉)の花でしょうか、見た目のイメージより力強く、暑い日差しの中で咲いていました。
萩の花 ハギ(萩)の咲く季節になりました。
皆さんは秋の七草をご存知ですか?私は知らなかったので辞書で調べてみました。

ハギ(萩)、オバナ(尾花、ススキの花穂)、クズ(葛)、ナデシコ(撫子)、オミナエシ(女郎花)、フジバカマ(藤袴)、キキョウ(桔梗)で七草。
ツクツクボウシ もう秋?蝉しぐれの中にツクツクボウシの声も混じるようになりました。
空蝉(うつせみ) この抜け殻もおそらくツクツクボウシ。

11:40 次は天園ハイキングコースへ。
天園ハイキングコース入口 入口を見落として行き過ぎ、先の住宅街をウロウロしてしまいました。(不注意)

11:45 引き返すと、あら、こんなところに入口!ここから左に入ります。
ドングリ 虫に落されたのでしょうか、ドングリが落ちていました。
子供の頃はドングリを拾ってきてはマッチ棒を刺してコマを作ったり、中身をくり抜いて笛を作ったりして遊んでいたなぁ。

今年ははっきりしない夏のまま秋になってしまいそうです。
木漏れ日の中を… コースはなだらかで木漏れ日の中を進むので楽チンです。
【参考】天園コースは枝道が多いです。本線と迷うことはありませんが、しっかりした「道」になっているので「何があるの?」とそそられます。
貝吹地蔵 12:03 貝吹地蔵
謂れは・・・と辺りを見まわしたのですが、強暴な蚊の大群に攻撃され、そうそうに逃げ出しました。
十字分岐は左(西)に下ると「獅子舞経由鎌倉宮」です。この先に2軒の茶屋があり、横浜に向かう場合は分かりにくいです。
(1) 「天園休憩所」の下の十字分岐で東に向かう。 (2) 2軒の茶屋の間の道を東に向かう。 (3)「峠の茶屋」の裏(薪などを置いているので躊躇する)に進む。 つまり「直進せずに東」へ。
天園からのパノラマ
12:15 十字分岐を直進すると左手の岩場から鎌倉の海が望めます。遠くかすかに伊豆の山が見えました。
金沢八景・文庫分岐 十字分岐を右(東)に進むと・・・

12:20 「↑建長寺/瑞泉寺↓/金沢八景・文庫→」分岐。
金沢八景方向に進み、横浜自然観察の森を目指します。
【できれば】分かりやすいように、手前に道標を付けてくれたら嬉しいな。

残念ながら、ここでカメラ電池が無くなりこれが最後。ジャンジャン!
12:40 横浜霊園を左に見ながら、しばらく進むと横浜市と鎌倉市の境にある市境広場
大きな「円海山周辺の市民の森案内図」があるので、先のコースを確認できます。やや傷んでいますがベンチがあるので休憩できます。(昼食15分)

13:05 横浜自然観察の森・自然観察センター。センター内にはいろいろな展示があるので楽しめます。
私は、蝉の抜け殻を見てオスメスを区別する方法や、メダカのオスメスの区別の方法を学びました。プラナリアを見たのも初めてでした。
【参考】センターで「円海山・大丸山マップ」が入手できました。隣接するいろいろな横浜の市民の森へのルートも紹介されているので役に立ちます。

13:30 そろそろ先へ。ビートルズトレイルに進みました。

やがて「大丸山→」の分岐。ついでなので寄ってみましょう。階段を登ると・・・

13:50 開けた山頂の大丸山(おおまるやま。159m)。展望はありませんがベンチがあり、昼食には良いかも?
横浜市の最高峰だそうです。でも、ランドマークタワー(296m)より低いなんて可愛いですね。(休憩:5分)
引き返してビートルズトレイルに戻り、なだらかな道を進むと・・・

14:25 いっしんどう広場。ベンチのある休憩所でした。

ついでに円海山(えんかいざん。153m)へ行ってみようと氷取沢方面に進みましたが・・・
放送鉄塔のある山頂がそうなのかな? フェンスで囲まれ「立入禁止」 (?_?)Oh!really?
近くに寄って見ると、フェンス内に展望台のような構造物があるのですが、有刺鉄線が張られているので違うのでしょう。
引き返して、いっしんどう広場に戻りました。
【参考】いっしんどう広場の先にトイレがありました。

この先、舗装道を下るのですが、展望があります。
右にランドマークタワー、ベイブリッジ、横浜プリンスホテル、左に箱根金時山、駒ヶ岳、二子山を望むことができました。
道なりに下り、環状3号「ひよどり団地入口」から港南台駅までは都会の舗装道歩きです。
【参考】逆コースで歩く場合は少し分かりにくいかも?ひよどり団地を右に見ながら登り、├字路は右(南)へ。鉄塔方向へ登りつめたト字路を直進し、トイレの先が「いっしんどう広場」です。

【移動】港南台15:37==(JR根岸線)==15:45大船15:56==(JR東海道本線:JR計230円)==16:06辻堂

◆メモ

  • コースはなだらかで道広く楽チン。木陰もあり、風の通る尾根道が多いので夏場でもOKですね。
  • 天園コースから「横浜自然観察の森」への指図を手前で分かりやすく表示してくれれば嬉しいな。鎌倉に落せる金を横浜に落させてなるものか!・・・なんて・・・ないですよね?(失礼な!)
  • 円海山・大丸山コースは住宅街が近いので「ちょっと歩いて・・・」という方が多いようです。そのせいか、すれ違う時に「こんにちは」と声を掛ける人もいませんでした。都会のコース?

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system