■岳ノ台

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 岳ノ台 更新日:2013年07月21日

◆日付・天気

2013年07月14日(日曜日) 天気:曇り のち夕立・・・暑くて汗だくでした。

◆コース(所要時間:6時間)

【起点】蓑毛BSトイレあり09:30…(30分)…10:00春岳沢10:05…(1時間)…11:05ヤビツ峠トイレあり11:15…(40分お弁当ポイント[1])…11:55岳ノ台お弁当ポイント[昼食]12:35…(40分)…13:15菩提峠13:25…(15分)…13:40表丹沢林道交差…(40分)…14:20葛葉の泉14:35…(15分)…14:50野外活動センター・バーベキュー場トイレあり[2]14:55…(35分)…15:30菩提BS【終点】 KML
【参考】[1] ヤビツ峠と岳ノ台の中間の小ピークに休憩舎があります。 [2] 野外活動センターのトイレ利用には許可(駐車場にある管理棟で告げる)が必要です。有料施設なので無断使用は禁止とのこと。

◆コメント

暑い季節なので、短めの「岳ノ台コース」。でも、ヤビツ峠が起点では歩き足りないので、蓑毛を起点にしました。登りの春岳沢と、下りの葛葉の泉の冷たい湧水で少しは涼をとれるかと思って。
でも・・・やっぱり暑かった。汗だく。熱中症にならぬよう、水分と同時に塩分補給も必要です。夏場はバテるので時間がかかります。余裕のある計画を立てましょう。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂07:35==(JR東海道本線)==07:49茅ヶ崎07:38==(JR相模線:JR計320円)==08:10厚木08:15==(小田急小田原線・本厚木乗換え:270円)==08:41秦野09:02==(神奈中バス:260円)==09:18蓑毛BS
秦野駅にて。妻:「08:55発ヤビツ峠行きに乗れるじゃん。峠まで登らなくてもいいじゃん。楽じゃん!何で次発の蓑毛行きに乗るの?」 私:「君は頑張り屋さんだから、どんな困難にも負けないことをボクは知っているよ。」 妻:「会話になってない!(怒)」
蓑毛化粧処 終点の蓑毛BS。トイレと「丹沢大山国定公園」の案内図があります。
下車したハイカーは私たちの他に単独男性と4人グループ。他に数人のグループがいましたが、車利用かな?皆、思い思いに身支度やストレッチ。
クールスカーフを水に濡らして首に巻いたら準備完了。

09:30 出発!蓑毛橋の手前を「ヤビツ峠・下社・日向薬師↑」へ。
柏木林道を行く 09:35 「常夜燈」の石燈籠で「関東ふれあいの道 下社2.9km・日向薬師8.4km↑」を分けて「←ヤビツ峠」へ。
この「常夜灯」からヤビツ峠までの道が柏木林道とのこと。

木陰は涼しい。沢沿いのコンクリート舗装を登り・・・
春岳沢の水場 10:00 舗装終点が春岳沢(はるたけさわ)。木橋の手前の水場で汗を拭きます。
「全国名水百選」の標柱がありますが、伸びた草木に隠れ、知らない人は見落としそう。

10:05 冷たい湧水を堪能したら、続行!
山道へ 春岳沢を渡って進み、ヤビツ峠へは右上の階段へ。ここから山道。
直進するガードレールの道は「六本松林道」。県道70号までつながっているようです。

最初は沢を左下にして小尾根の斜面を進み、引き返すようにターンしたのちに尾根に乗ります。
スポーツドリンクでこまめに水分補給しながら登りましょう。
トラバース道 しばらくジグザグに登り、やがて尾根を離れて山腹をトラバースするようになります。楽チン。

10:50 沢の源頭部。足元、落石に気を付けてね。
ヤビツ峠 11:05 4個目の源頭部を過ぎたら県道70号にでます。
石碑があり、道標は「↑岳ノ台/蓑毛↓/塔ノ岳・札掛→」。
【参考】4個目の源頭部に分岐があります。道標はありませんが「↑県道/ヤビツ山荘(右上階段)→」で、ヤビツ峠へはどちらでもOK。

右に行くとバス停があるヤビツ峠(761m)。トイレがあります。
この時間帯はハイカーは少なく、多くはロードバイクでした。
岳ノ台へ 11:15 休憩後、「岳ノ台ハイキングコース 岳ノ台1.4km・菩提峠2.6km」へ。
階段を登り・・・
丸太階段 最初は丸太階段。10年前に歩いた時は荒れていた記憶がありますが、これなら問題なし。

ひと登りしたら右(西)に向きを変え、防鹿柵沿いに笹地の道。
休憩舎 そしてもうひと登り。直登の丸太階段を登ると・・・

11:30 840m圏の小ピークに休憩舎。そばにベンチあり。
汗だく。スポーツドリンクを飲んで深呼吸。

続行。せっかく登ったのにグングン下ります。妻は「もったいない・・・」とつぶやく。
大山を見る 「新多摩線9」鉄塔を見て送電線下を通過すると鞍部。

右にどっしりとした大山(写真は「新多摩線10」鉄塔)。
今日も山頂は賑わっているのかな?暑いから人出は少ないかな?

岳ノ台へは西に直登すれば最短に思えますが・・・
カヤの斜面 経路は右側(北側)に回り込みます。
そう言えば、防鹿柵を越える柵越え階段はなくなったのね。(10年前だもの)
岳ノ台 北の尾根に乗ったら、もうひと頑張り。

11:55 展望台とベンチがある岳ノ台(たけのだい。899m)。
山頂は草原で広く、一角に展望方位盤もあります。
展望
展望台から見た北側の展望。木が育って展望を少し隠すようにりました。大きな画像で見る(1600x512ピクセル)
ちなみに・・・10年前(2003年4月28日)の画像を見る(1200x230ピクセル)
展望台の下は「岳ノ台休憩所」になっていてベンチがあり、雨や風、雪、直射日光を避けることができます。
お弁当 展望を堪能したらベンチで昼食。いただきまーす!
ニノ塔を正面に下る 12:35 靴ひもを締め直したら、下山
ここからバス停がある菩提までは基本的には下り。

最初は笹地。正面にニノ塔・三ノ塔を見ながら下ります。
ガンガン音が聞こえてくるけど、何でしょ?
菩提風神社 やがて鞍部。ちょうど滝ノ沢の源頭部。
「←菩提風神祠」の道標があり、すぐそに見えるので寄ってみました。

12:55 菩提風神社の石祠。横に解説板らしきがありましたが、傷んで解読不能。

引き返して継続。丸太階段をジグザグに登るとP791。短いけど汗が噴き出ます。
妻:「下るだけって言ったじゃん!」 私:「信じる者は騙される。」
P791を下る 右手は窪地。草地と広場(駐車場?)がありますが、ネットフェンスがあるので入れません。
広場には何台もの車が入り、テントがたくさん。はて?
そしてパラグライダー滑走台方向から大音響が聞こえてくる。何でしょ?
滑走台 13:10 パラグライダー滑走台
眼下は秦野盆地。でも、湿度のせいかボンヤリ。澄んだ日は箱根の山々も見えるはずです。

少し進んだなだらかなピークにベンチあり。
ここで大型スピーカーからガンガン大音響。何?パラグライダーの大会?
【参考】帰宅後、検索してみたらバンドやDJたちのライブ祭りだったようです。徹夜でガンガン?マジですか?
菩提峠P⇔道標 13:15 菩提峠の駐車場。休憩と水分補給。
道標は草に隠れていましたが「←菩提/岳ノ台↓/富士見橋→」。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
もうひとつ前方にある道は水沢林道(水沢資材運搬路)で、表尾根コースと交差します。

13:25 車止めゲートの脇を抜けて菩提方面へ。
10年前、菩提林道は砂利道でしたが、舗装になったのね。
表丹沢林道を横切る 13:40 表丹沢林道とのX字交差点。4方向すべてにゲートがありますが、全部解放されていました。
菩提林道はここまで。この先は桜沢林道と名を変えます。

交差点の100mぐらい先、右にカーブするところに新しい林道(?)あり。
南の尾根を下っているようですが、未確認です。
不動の滝に行けるらしい 14:00 P540付近の右カーブ地点に林道(?)。ゲートあり。
近くにあった道標によると「不動の滝」に行けるらしい。確認はいつかまた別の日に。
菩提峠から35分。そろそろ林道下りに飽きてきます。(失礼な!)
話し相手がいないとさらに単調でしょう。
ニノ塔分岐 水道設備(?)があるシンナシ沢で大きく左にカーブ。

14:18 ニノ塔分岐。道標はちょっと変な向きですが「↑菩提原バス停40分/ニノ塔1時間30分」。
その先、車止めゲート(一瞬、通行止めに見える)を抜けたら・・・
葛葉の泉 14:20 葛葉の泉。疲れたね、ここで大休憩。
冷たい湧水を頭からかぶり、顔も腕も洗ってさっぱり。ぬるくなったクールスカーフを洗ったらヒンヤリ。生き返った!
車で来てガッポリ水を持ち帰る人の多くはマナーが悪い。残念。「告」の掲示をよく見てね。
はじける子供たち 葛葉川では子供たちがジャブジャブ水遊び。うらやましい。
近くに仮設トイレがありましたが、利用可能かどうかは未確認。

14:35 腰を上げ、バス停へ。
バーベキュー場 14:50 表丹沢野外活動センターに寄ってみました。有料施設ですが、通過するだけなら問題ないはず。
バーベキュー場では子供たちがスイカ割り。お母さんたちは食事の準備中。
駐車場がありますが、施設利用者以外は駐車禁止とのこと。
桜沢橋 14:55 野外活動センターを出たら桜沢橋。石碑と「桜沢林道起点」の標柱があります。
橋を渡って左の川沿いが「くず葉学園経由菩提原BS」。右の上り坂は「ゴルフ場経由菩提BS」。どちらでも大差はありません。

今回はまだ歩いたことがないゴルフ場(大秦野カントリークラブ)経由へ。
秦野市が紹介する経路ですが、最初は少し物寂しい感じ。
ゴルフ場の道はボール避けネットが張られていて、道から見えるコースは雑草が生えていましたが・・・はて?
菩提会館の大イチョウ ゴルフ場を抜けると民家や畑。畑に柵があるのはイノシシ対策でしょうか?
右に定源寺を見て防沢沿いを下り・・・

15:25 ┬字路を右、すぐ先の┤字路を左で菩提会館。大イチョウが目印。

菩提交差点を渡り、バス停が見えたその時、渋沢駅行きのバスが来た。手を振って「乗ります!」と合図しながらダッシュ!

15:30 菩提BS。セーフ!ハァハァ。席に座り、汗だく&火照った赤い顔で少し恥ずかしかった・・・。ふぅ。クーラーが涼しい。お疲れさまでした。
【移動】菩提BS15:30==(神奈中バス:200円)==15:44渋沢駅16:11==(小田急小田原線・本厚木乗換え:300円)==16:39厚木16:55==(JR相模線)==17:17茅ヶ崎17:21==(JR東海道本線:JR計320円)==17:24辻堂
渋沢駅北口のミスタードーナッツでお茶。クーラーは涼しいね。ザックから着替えのTシャツを出してトイレで着替え。シャツだけでも着替えると、さっぱりします。
店を出ると、空模様が怪しい。遠く雷鳴。たぶん、来る。電車に乗り、秦野駅に着く頃、いきなり大粒の雨。来た!夕立。山歩きの時に降らなくてよかった。

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system