■高畑山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 高畑山 更新日:2013年07月20日

◆日付・天気

2006年10月08日(日曜日) 天気:快晴

◆コース(所要時間:3時間50分)

【起点】三叉路BS09:35…(5分)…09:40登山口…(1時間5分)…10:45御殿森ノ頭…(40分お弁当ポイント[1])…11:25丹沢山/高畑山分岐…(5分)…11:30高畑山お弁当ポイント[昼食]12:20…(往路を下山:55分)…13:15登山口…(10分)…13:25宮の平BS【終点】 KML
【参考】[1] 御殿森ノ頭から15分程のところにベンチあり。

◆コメント

高畑山は宮ヶ瀬から丹沢三峰、丹沢山へと続く縦走路の途中にある標高766mの山です。三叉路BSからの往復歩行時間は3時間程度なのでお手頃かも知れません。
山頂には展望台があります。木々が育ち、やや視界を遮るものの高取山から仏果山の山並みと、遠く八王子、町田の市街を望むことができます。
当初は春ノ木丸経由でビジターセンター方面に下山しようと考えていましたが、分岐が不明でピストン登山となりました。
【注記】5〜10月はヤマビルが多く発生するようです。ご注意を。(今回は見かけませんでした。)

◆アルバム

【移動】辻堂07:34==(JR東海道本線・茅ヶ崎乗換え:320円)==08:10厚木08:15==(小田急小田原線:120円)==08:17本厚木08:40==(神奈中バス:630円)==09:30三叉路BS
三叉路BSは終点宮ヶ瀬BSのひとつ手前です。下車したのは私たちふたりだけ。ちょっと寂しい。
【注記】本厚木〜宮ヶ瀬間のバス便は1本/1時間です。事前に確認してね。
三叉路BSから登山口へ 09:35 カメラを出して首にはタオル。軍手をして帽子をかぶり、では出発。
目の前の三叉路(宮ヶ瀬北原交差点)を左に、しばし県道の歩道歩き。
高畑山・丹沢山登山口 09:40 熊野橋の脇が登山口
【注意】「ヤマビル」にご注意の案内があります。

階段を上って行くと登山者カード(入山届)投函箱があります。どなたのご配慮か、ひもでくくり付けられた「ヤマビル忌避剤」がありました。私たちは念のため持参の虫除けスプレーを吹き付けて先へ。
宮ヶ瀬湖と稜線 09:45 高取山仏果山の稜線。青い大棚沢橋が模型のようです。

しばらくは尾根に上がるジグザク登り。青緑色に水をたたえた宮ヶ瀬湖が、右に見えたり左に見えたり。
山の神 09:56 左の斜面に細くて急な石段。草ボウボウの状況にちょっとひるみましたが、「何でしょ?」と上ってみました。
鳥居山の神の3つの祠。祠の向く方向に振り返ると、眼下には宮ヶ瀬湖。
今はもう水に沈んでしまったけれど、かつては人々の営みがあったこの地。山に携わる人々の守り神だったのでしょう。

右に進むと再びハイキングコースに合流します。
尾根道 10:04 尾根に上がり、穏やかな道となります。
↑丹沢山10.0km/宮ヶ瀬1.0km↓」の道標を見て先へ。
モミの木 10:16 モミの山。大きなモミの木もあります。

関係ないけど・・・妻が左手に持っているのは手折った笹。これでクモの糸を払って進みます。
モミの枝 10:22 モミは枝が3出しながら育ちます。
枝の様子からモミの樹齢が分かるそうです。ご存知ですか?
丸太階段も 10:32 防鹿柵の扉を開けて進むと階段
でも、さほどの急坂でもないので、コツコツと。

さらに少し先でふたつ目の防鹿柵。扉を開けて進みます。
御殿森ノ頭分岐 10:41 大きな木(1本は折れている)が立つところに道標
【?】ここに至る手前で右に春ノ木丸への分岐道標があるはず。でも見かけませんでした。おかしいな。下る時に気を付けて確認せねば。

分岐を「御殿森ノ頭 この上」に従って寄ってみました。
御殿森ノ頭 10:45 わずかに登った狭いピークが御殿森ノ頭。残念ながら展望には恵まれません。
大木に寄り添うように山の神を祀る祠がひとつ。

引き返して、引き続き道標「丹沢山8.8km」へ。
丹沢山8.3kmにベンチ 地図ではP653を越すように見えますが、実際はピーク下の巻き道でした。

10:57 「↑丹沢山8.3km/宮ヶ瀬2.7km↓」で再び尾根。ここにベンチひとつ。水を飲んで小休憩。
短い岩場 11:07 ちょっとした岩場を登り、その先は巻き道。
横浜みなとみらいを望む 11:14 左に開けて景色の良いところがあります。
ボンヤリしていますが、遠く横浜のランドマークタワーベイブリッジも確認できます。
高取山〜仏果山 11:15 北東方向には高取山仏果山の稜線。青空に映えますね。
宮ヶ瀬湖はちょっとだけ、大棚沢橋はずいぶん小さくなりました。
やがて植樹林 11:20 巻き道は続き、やがて植林地
丹沢山/高畑山分岐 11:25 「高畑山山頂0.2km→」の分岐
直進は高畑山を巻いて丹沢三峰を経て丹沢山へ。
でも、今日の目的地は高畑山。右の丸太階段を登っていきます。
高畑山の展望台 開けた斜面の草原には、人の背丈を越すほどに育ったヤマトリカブト。ちょっとびっくり!

11:30 立派な展望台高畑山(766m)。まずは展望台へ。
展望台からの展望
北東方向が開けます。木々が育ち、やや展望を遮りますが広々としています。
今日は良い天気。八王子町田市街も望むことができました。
展望台では2組3人が昼食中。私たちは下のベンチで昼食にしました。
帽子にトンボ あら、トンボ
大山 地図を見ながら山座同定・・・は大げさですね。
南には大山。山頂部の無線塔が確認できます。こちらから見る尾根は大山北尾根。歩いたのは1年半ほど前の新緑の頃でした。
大山の左で連なる3つのピークが大山三峰山。雪の残る頃だったなぁ・・・なんて思い出しながら。
12:20 好天に恵まれて、のんびりしたいけどそろそろ下山。ザックを背負って往路と同じ御殿森ノ頭へ。

12:45 ザクザク下って御殿森ノ頭分岐に到着。高畑山から25分でした。ここから春ノ木丸分岐を確認するためにゆっくり歩き。

「ここかな?」の踏跡もありましたが、「道標があるはず・・・」と、さらに下へ。やがて春ノ木丸への尾根は谷を挟んで離れてしまい、明らかにおかしい。
私ひとりなら引き返すのですが、妻がいるので・・・結局、今回はピストン登山としました。
【?】道標を見落としたのかな?あるいは何かの都合で撤去されたのかな?まさか、もともとなかった?分かりません。この謎はまたいつか別の機会に。
【追記】「丹沢山9.1km/宮ヶ瀬1.9km」地点が分岐です。「春ノ木丸」を指す道標があると思い込んでいたのが、そもそもの間違いでした。(2008年11月)
13:15 県道70号の登山口に下山。御殿森ノ頭分岐から30分でした。
最寄のバス停は三叉路BSで、三叉路(宮ヶ瀬北原交差点)を左に宮ヶ瀬寄りです。(下車地点と少し離れています。)
あるいは右に宮の平BSに向かえば、みやげ物店があるのでビールなど購入できます。

13:25 宮の平BS。バス待ちは25分ほど。
どうしましょ?まだ時間も早いし・・・で、宮ヶ瀬公園を散策することにしました。

◆おまけ

水の里大つり橋 13:28 宮の平BSを過ぎ、駐車場(トイレあり)の横に進めば湖畔エリアの水の里大つり橋
快晴!。日に焼けそうだね。揺れる橋を渡り、園内をひと巡り。
宮ヶ瀬公園は家族連れで賑わっていました。でも、大人たちはちょっとお疲れモードかな?
妻はアイスクリームを買って休憩。その間、私はひとりで春ノ木丸ハイキングコースの確認。
ビジターセンター裏のガソリンスタンド脇から丸太階段をひと登り。尾根に上がる付近まで歩いてみて引き返しました。

バス発車までの時間調整にビジターセンターに寄ってお勉強。毎回のことながら、模型のモミの木の年齢が「6歳」なのが納得できない・・・お疲れさまでした。

【移動】宮ヶ瀬BS14:50==(神奈中バス:650円)==16:00本厚木16:07==(小田急小田原線:120円)==16:09厚木16:14==(JR相模線・茅ヶ崎乗換えJR東海道本線:320円)==16:50辻堂
この日は富士山の初冠雪が観測されたとか。相模線から見えていたけど、気付きませんでした。

◆メモ

  • 宮ヶ瀬ビジターセンターで毎回悩んでいました。2階の展示室にある「モミの木の年齢当てクイズ」です。私は「4歳」と思うのですが、答えは「6歳」。ビジターセンターのサイトをよく調べたら、以下のページを発見。なるほど、数え方を間違えていました。
    >> 同い年を探せ!(PDFファイル、新しいウィンドウで開きます)
  • 昔の地図を開いてみました。宮ヶ瀬ダムで水没する以前は宮ヶ瀬渓谷、中津渓谷ってあったのですね。知りませんでした。少し調べてみました。
    1969年:建設省がダム計画を発表。1998年:宮ヶ瀬湖満水(誕生)。2000年:宮ヶ瀬ダム竣工。
    まだ若いダム湖です。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system