■高麗山・湘南平

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 高麗山・湘南平 更新日:2016年10月19日

◆日付・天気

2016年02月11日(木曜日;建国記念の日) 天気:晴れ・・・快晴で展望を楽しめました。

◆コース(所要時間:5時間)

【起点】大磯駅08:55…(10分)…09:05高田公園トイレあり09:15…(25分)…09:40横穴群分岐(横穴群と伏見稲荷を往復)09:50…(15分)…10:05浅間山お弁当ポイント10:10…(10分)…10:20高麗山県民の森お弁当ポイント地ごく沢分岐...八俵山...大堂...東天照)10:50…(25分)…11:15湘南平トイレありお弁当ポイント[昼食]12:10…(25分[1])…12:35赤坂第2公園…(25分[1])…13:00白岩神社…(30分)…13:30旧・島崎藤村邸トイレあり…(15分)…13:45地福寺13:50…(5分)…13:55大磯駅【終点】 KML
【注意】[1] 湘南平から西小磯への下りは細道で、最後まで下ると耕作放棄地のヤブに降り立ちます。

◆コメント

平塚市の湘南平(千畳敷と呼ばれた泡垂山(あわたらやま)の山頂部)から大磯町の高麗山(こまやま。一帯は高麗山県民の森)にかけての丘陵部(計画)が高麗山公園です。標高は180mほどで、自然の風景などのおもむきや味わいを楽しめます。
湘南平レストハウス展望台からの眺めはとても素晴らしく、360度開けます。また、湘南平は桜の名所としても有名です。お弁当を持って出かけてみてはいかがでしょうか?
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂08:31==(JR東海道本線:240円)==08:43大磯
駅前左手にある観光案内所(09:00〜17:00)で観光ガイドマップ等を入手できます。
跨線橋 08:55 もう少しで観光案内所が開く時刻でしたが、マップは帰りにもらうことにして出発!平塚方向にある跨線橋を渡ります。

渡って道標を探しましたが・・・なし。はて?
左に進むとすぐに├字路があるので右の上り坂へ。
細道を上りながら、「私道です」の表示がちょっと気になりましたが・・・
高田公園へ 「湘南平1.3km・高田公園0.5km→」分岐
高田公園から下ってきた人に妙大寺や御嶽神社方面を知らせる表示板あり。私が上ってきた道は「住民補修負担の居住者専用道」とのこと。
部外者が歩いて道を壊されると困るので「歩かないで!」ということらしい。
平塚市サイトの「高麗山公園ハイキングコースマップ・Fコース」だったので歩きましたが、平塚市は大磯町の事情を知らずに作成したのかも?
高田公園 階段を上り・・・

09:05 相模湾を見下ろす高田公園展望図と見比べると楽しい。
かつては汚かった(失礼な!)トイレは新しくなって、よかったね。
公園の奥には随筆家・高田保の墓碑があります。

09:15 続行!
湘南平へ 以前も右側の砂利車道はありましたっけ?記憶にない・・・
この先、緩やかにP111(羽白山または坂田山)を越えます。
階段⇔配水池 左は巻き道。正面は直登階段。どちらでもこの先で合流します。
階段を登りきって巻き道を合わせ、「東小磯配水池」を通過。そして・・・
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
尾根 気持ちいい尾根道。樹林越しにテレビ塔が見えるようになります。
横穴群分岐 09:40 「↑湘南平0.4km/楊谷寺谷戸横穴群0.2km→」の十字分岐
左にも階段があり、下ると東小磯方面。
横穴群まで200mなので寄ってみました。
横穴群 シダの斜面ののち、丸太階段を下ると・・・

分岐から数分で「楊谷寺谷戸横穴群(ようこくじやとおうけつぐん)」。
解説板がふたつあり、古墳時代後期の墓穴らしい。「墓場の谷」には霊気!
伏見稲荷 分岐まで引き返して東小磯への経路もチェック。
有刺鉄線の柵がある階段を下ると下に池と建物が見えます。茶亭「大磯園こいずみ」のようですが営業は未確認。
左側に並んだ赤い鳥居をくぐっていくと「伏見稲荷大権現」の小さな祠。所以不明。引き返して・・・

09:50 寄り道終了。横穴群分岐から「湘南平」へ。
湘南平/高麗山 10:00 「大磯町」と「関東ふれあいの道」のふたつの道標がある「←湘南平0.2km/高田公園1.3km↓/高麗山1.0〜1.1km→」分岐
前回は湘南平に寄ったのちに高麗山へ歩きましたが、今回は高麗山まで往復したのち湘南平へ。深い理由はありません。
浅間神社 ひと登りして「ハイキングコースガイド」案内板があるところで「関東ふれあいの道」は右に曲がります(高麗山0.9km)が、この左側の一段高いところが浅間山

10:05 山頂は小広く、ベンチあり。一角に浅間神社
三角点 神社の後角に一等三角点
山頂から枝越しに富士山や大山が見えます。さすが「一等」。
小広場に解説板「浅間社」があり、「浅間山  標高181.3m」の表示ですが、地理院地図は「180.9m」に改定されました。

10:10 続行。
尾根道 尾根の道にはところどころベンチがあります。
一段右下は「関東ふれあいの道」で、並行したり一緒になったりするので、どちらを歩いてもOK。
ファミリーコースなので多くのハイカーに出会います。
じごく沢分岐 10:20 大きな「高麗山県民の森案内図」がある「←じごく沢15分」分岐
「関東ふれあいの道」道標は「↓浅間山0.5km・湘南平0.8km/高麗山0.4km・高来神社1.0km↑」。
この先、散策路は各方面に分岐するので案内図を撮影しておけば安心です。Googleフォトで見る
八俵山 分岐から3分ほど登って西峰・八俵山(はっぴょうやま。160m)。
ベンチ1台と「高麗山県民の森案内図」、「高来神社→」分岐(「関東ふれあいの道」ではない)あり。
「八俵」は仏教用語の八表(隅の意味)から転じたらしい。古くは毘沙門堂が建っていたそうです。
堀切 堀切を渡るふたつ目の橋の手前に分岐。左右は大堂の山頂下を巻いて周回するお中道です。
登る お中道を分けてひと登り
元気のいい少年野球チームとすれ違いました。
大堂 10:30 中峰・高麗山(こまやま。167.3m。地理院地図は168m)。広場にベンチが1台。ここでお菓子を食べながら休憩。
かつて寺社があったので「大堂」と呼ばれ、今は石祠が1基。
三峰はのちに山城の曲輪(くるわ)となり、ここが城の本丸相当とのこと。
傷付けられた「高麗と若光」解説板は修復されましたが、表現が変わりました。

10:40 続行!石段下り。
東天照へ 途中の踊り場で左右からお中道が合流し、「←東天照10分/八俵山10分→」。ここで「関東ふれあいの道」を分けて「東天照」へ。

「←八俵山」、「高来神社→」、「←けやきの広場」を分けて下り、小さなピークを越えたら・・・
東天照 10:50 傷んだ丸太ベンチがある東峰・東天照(とうてんしょう。135m)。
展望台の役目を果たし、かつては白山社がまつられていたとのこと。

高来神社や生涯学習館に下ってもよいですが、今回は戻って湘南平へ。
高田公園/湘南平 大堂はお中道で巻き、八俵山を越え・・・

「←高田公園/湘南平↑」分岐まで引き返したら正面へ。
園路はいろいろありますが、右上の尾根を歩けば悩まないでしょう。
テレビ塔 11:15 遠くからでもよく目立つテレビ塔。湘南平のシンボルです。
上下2階の展望台がありますが、一面の落書きや多数のを見るたびにとても悲しくなります。

湘南平は標高約180mほどの高台で、かつて千畳敷と言われただけある、とても広い公園。特に春のは有名です。
駐車場があるのでピクニック家族も多いです。
北展望台 北側にちょっと寂しげな展望台。上ってみます。
展望
よい眺め。丹沢は雪化粧。残念なのは富士山が木に隠れること。これが致命的で、レストハウス展望台の優位が確定。
昼食 ベンチは豊富。空いているベンチで昼食
今日はおにぎりとインスタント味噌汁。いただきまーす!
レストハウス 次はレストハウスへ。1階は売店(旧・自動販売機コーナー)、2階はレストラン。
3〜5階が展望台。双眼鏡は無料!
展望
360度の展望!【東】江の島の奥に三浦半島。 【南】大磯漁港とキラキラ相模湾。遠く伊豆大島。 【西】箱根の山々。富士山の左裾野に矢倉岳。 【北】丹沢と大山。大きな画像で見る(6368x1426ピクセル)
道標 12:10 展望も堪能したし、されば下山。

湘南平福祉の店(進和学園)」があるヘアピンカーブが入口。
チェーンが張られて「無断立入禁止 進和幼稚園」の立札がありましたが、「万田」を指す道標あり。
平塚市サイトの「高麗山公園ハイキングコースマップ・Dコース」ですが、はて?
細道 進むと踏跡は明瞭。但し、夏場はヤブっぽくなりそうな箇所あり。
道標 常緑広葉樹の細道を下ると「↓至湘南平/至万田→」の道標。よく見ると直進(南西)方向に「小磯」の手書き。
地図を確認していたら、湘南平から来た男性(地元?)が万田方面へ下っていきました。
直進して西小磯へ。
笹 落葉広葉樹に変わり、時に道は細くなって笹の道
赤坂第2公園 12:35 ぐらつく手すりの階段を下ると「赤坂第2公園」。特に湘南平を指す道標なし。少し開けて矢倉岳と富士山が見えます。
当初はここから一般舗装道を歩く予定でしたが、公園南端の階段を上ってみたら踏跡あり。
もう少し山歩きができそうだったので予定変更。
下る 踏跡は細いものの、特に危険個所はなし。但し、夏場はヤブっぽくなるかも?
コブで「行き止り?」と思った個所は、右下に巻いて小尾根を下ります。

一列に並んだヒノキに沿って下ると、左が旧段々畑の耕作放棄地。
ヤブ 12:45 降り立ったのはススキのヤブ。たぶん耕作放棄地。左に電気柵を張った畑がありましたが、道っぽく見えた右へ。

されど・・・オレンジ色のフェンスは鍵がかかって開きません。残念!
畑に戻れば道があるはず。畑の脇を通って舗装道に出ることができました。
白岩神社 13:00 大磯駅に向かう途中に寄った白岩神社(しらいわじんじゃ)。
大イチョウがある鳥居をくぐって桜の参道を進み、石段を上ると静かな本殿。

最短で大磯駅に向かってもよかったのですが、まだ早い時間なので「東海道の松並木」へ。
松並木 跨線橋を渡って国道1号の「滄浪閣前」交差点。角には宇賀神社。
ここから東側の歩道橋まで約400mが松並木。横断歩道を渡って(解説板等は海側ゆえ)左へ。
伐採後、歴史年表として残された切株は傷んで崩れ、哀れ。
「関東ふれあいの道 こゆるぎの浜0.2km→」を分けて直進。並木は松だけでなく他も木も交じっています。
歩道橋で松並木が終わるので、渡って大磯駅へ。
旧・藤村邸 13:30 途中で旧・島崎藤村邸に寄ってみました(無料)。屋内には入れませんが庭から見学できます。
亡くなるまでの2年半余りを過ごしたとのこと。

13:40 大磯駅。観光案内所で「大磯観光ガイドマップ」をもらいました。
最後に梅の名所、地福寺まで往復しましょう。観光案内所の向かいのブロック舗装を下り・・・
地福寺⇔梅 13:45 ひっそり閑静な地福寺(じふくじ)。梅の古木が20本弱。三分咲きぐらいでしたが十分見頃。
左手には島崎藤村と静子の墓があります。ちょうど梅を愛でているのかも?
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

13:50 駅に戻りましょう。
大磯駅 13:55 ちょっとレトロな大磯駅。帰る前に・・・

駅前の「地場屋ほっこり」でみかんを買い、「パンの蔵」でパン2個を購入。
おいしそうだね。お疲れさまでした。
【移動】大磯14:09==(東海道本線:240円)==14:21辻堂
車窓から見える高麗山の3つのピーク。「今日歩いた八俵山、大堂、東天照だよ。」って説明しても、妻は買ったパンにかぶりついて・・・聞く耳を持っていませんでした。(悲)

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system