■湘南平・高麗山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 湘南平・高麗山 更新日:2016年02月20日

◆日付・天気

2006年05月06日(土曜日) 天気:晴れ

◆コース(所要時間:3時間)

【起点】大磯駅09:05…(5分)…09:10妙大寺…(10分)…09:20高田公園トイレあり09:25…(25分)…09:50湘南平/浅間山分岐…(5分)…09:55湘南平トイレありお弁当ポイント10:50…(10分)…11:00浅間山お弁当ポイント…(10分)…11:10高麗山県民の森お弁当ポイント地ごく沢分岐...八俵山...大堂...ケヤキの広場...東天照...見晴台)11:55…(5分)…12:00生涯学習館…(5分)…12:05花水BS【終点】 KML
【参考】湘南平から県民の森・見晴台の間はいくつかベンチがあります。お弁当場所には困らないでしょう。

◆コメント

遠くからでも目立つテレビ塔の立つ地が湘南平。小高い山頂は広い広場になっていて、古くから千畳敷と呼ばれてきました。の名所としても有名で、春にはとても賑わいます。
この大磯町と平塚市にまたがる一帯は風致公園として保全され、特に高麗山(こまやま)周辺は散策路も豊富で、県民の森として親しまれています。
ファミリー向けのコースなので、老若男女を問わず手軽に山歩きを楽しむことができるでしょう。

◆アルバム

【移動】辻堂08:47==(JR東海道本線:230円)==09:00大磯
大磯駅の駅舎の中はツバメのアパート。ジュクジュク・・・とさえずり、飛び交っていました。

09:05 さて出発。駅を出たら右(小田原方面)に続く線路沿いの道へ。線路をくぐるガードで山側に抜けます。
妙大寺 09:10 すぐ先に妙大寺
大磯の海水浴場を開いた軍医総監・松本順の墓があるそうです。

妙大寺を右に見て進み、先の├字路で右へ。山腹の住宅をつなぐ上り坂になります。
大磯の町並みと相模湾 09:18 クネクネと舗装道を上ると、松並木の先に広がる。いいね。
東海道本線を走る電車が鉄道模型のよう。でも・・・緑色とオレンジ色の旧型車両が懐かしい。
階段を高田公園へ 「湘南平1.3km・高田公園50m」の指示に従って階段へ。
海を見下ろす高田公園 09:20 相模湾を見下ろす広場が高田公園
戦時中、この地に移り住んだ劇作家・随筆家の高田保の墓碑があります。
トイレは汚い(失礼な!)ですが、今年(2006年)、公園整備に予算が付いたようで良かったね。
歩きやすい尾根道 09:28 高田公園の先、民家に接する道を進むとやがて山道
緩やかな尾根を進み、ゆっくり高度を上げていきます。
どちらでもOK 09:32 どっち?心配ありません。先で合流します。
私たちは元気を出して階段へ。
新緑と野鳥のさえずり 新緑が綺麗だね。
湘南平/浅間山分岐 09:50 楊谷寺(ようこくじ)横穴群への分岐を分けて先に進み、「湘南平浅間山」の分岐。
ここは一旦湘南平に向い、下山は再びこの分岐に戻って浅間山、高麗山へと歩いてみます。
シンボルのテレビ塔 09:55 フィールドアスレチックの遊具を見て進むと湘南平の一角に立つテレビ塔
ミニ東京タワーだね。
360度のパノラマ テレビ塔には上下2階の展望台があります。
上階は錠だらけの金網張りなので下階の方がおすすめ。一周回って360度のパノラマを楽しむことができます。

写真は江の島方向。さすがに少し霞んでいました。
東に続く尾根は浅間山〜高麗山。雰囲気も事前に確認。
千畳敷 湘南平広場千畳敷と呼ばれるのも納得。
標高179mの公園は車で来ることもできます。本数は非常に少ないですが、平塚駅からのバス便もあります。
大型連休中ゆえ、家族連れで賑わっていました。
展望レストハウス 10:15 こちらは高麗山公園レストハウス。レストランや展望デッキのある建物です。

展望デッキへ・・・の前に、空腹に耐えかねて自動販売機でカップ麺を買って半分こ。
展望デッキから北の丹沢〜大山
10:40 デッキからの展望もすばらしい。こちらも360度のパノラマです。
【東】江の島の奥に三浦半島。 【南】大磯漁港と相模湾。遠くは伊豆大島。 【西】箱根の山々。富士山の左裾野に矢倉岳。 【北】丹沢表尾根大山。(写真方向)

展望を堪能したら引き続き浅間山、高麗山へ。Go!
「湘南平/浅間山」の分岐まで引き返し、直進してわずかに登り返します。
浅間山 11:00 ベンチのある浅間山(せんげんやま)。浅間神社のがあります。一等三角点(181.3m)もしっかり確認。
ファミリーハイキングに最適 浅間山の先は穏やかな尾根下り
本線の上にも並行する道があり、ところどころベンチもあります。
地獄沢分岐は八俵山へ 11:10 「関東ふれあいの道」の道標と、「左:地ごく沢15分」の表示のある分岐。
ここに「高麗山県民の森案内図」があります。この先、散策路は各方面に分岐するのでデジカメで撮影しておけば便利です。案内図を見る(1600x1200ピクセル)
八俵山 11:15 少し登ったピークが八俵山(はっぴょうやま。160m)。
【解説板】八俵山・大堂・東天照の三峰のうち、最も西側に位置する峰で、”八俵”は仏教用語の八表(隅の意味)から転じたと考えられます。(以下略)-神奈川県-

「老朽化により通行止」の堀切の橋は迂回して中峰の大堂へ。
大堂 左右に巻く周回道(お中道)を分けて直進。

11:20 中峰の大堂(167m手書き)はベンチ1台の広場。高麗山(こまやま)の最高峰です。
かつて高来(たかく)神社の上宮があったそうですが、現在は基礎が残るだけ。
東天照へ向かう 11:23 大堂から石段下り。途中の踊り場で先ほどの巻き道(お中道)が合流します。
そのまま下れば女坂/男坂を経て高来神社ですが、東峰の東天照へはここで左。
【?】道標の「東天照」には手書きで「HIG(A抜け?)SI TERASU てらす」のふりがな。「そう読むんだ・・・」続く。
ケヤキの広場 11:30 途中、ケヤキの広場へ寄り道。見事なケヤキのそびえる広場で、東屋では家族が食事中。
樹間から金目川(かなめがわ)と平塚市街を見て引き返しました。
東天照 11:40 最後は東峰の東天照(135m)。
【?】解説板のふりがなは「とうてんしょう」。ん?「ひがしてらす」は間違い?

東天照から見晴台(道標は「湘南青少年の家」、「青年の家」)へ向かいました。分岐に注意してね。
見晴台 11:50 クネクネと下り、階段になった先で見晴台に到着。
茅ヶ崎・平塚の町並みと相模湾を見ながらしばし休憩。「え〜と、我が家は見えるかな?」

11:55 続行。
2箇所の分岐は「青年の家」に下り・・・
花水BS 12:00 降り立ったのは大磯町生涯学習館の駐車場。「青年の家」ってここね。

12:05 国道1号・高麗(こま)交差点に出たら、すぐ右に(西に)花水BSがあります。
【注】逆コースの場合は、生涯学習館への道標がないので少し分かりにくいかも?

◆おまけ

10数分待てばバスの時間でしたが、もうひと歩きして平塚駅まで。今日は昼食を準備していなかったので、歩きながら「良さそうな店」を探してみようと。
国道1号を平塚に向って花水川を渡ります。振り返れば歩いた高麗山がこんもり。古花水橋交差点で「東海道平塚宿」の碑のある旧道へ。駅前に続くこの道には宿場町を偲ばせる「平塚宿本陣旧跡」などの石碑があります。
花水BSから平塚駅西口まで歩いて40分ぐらいでしょう。私たちは途中でラーメン店に入って昼食。ビールで乾杯!お疲れさまでした。
【移動】平塚13:32==(東海道本線:190円)==13:41辻堂

◆メモ

  • 湘南平のシンボル・テレビ塔は夜景のビューポイントとして有名です。しかし心ない人たちもいて、一面の落書き多数の錠を見るたびに私はとても悲しくなってしまいます。
  • 湘南平は過去3回ぐらい歩いたことがあります。でも、ずいぶん前のことで、カメラも持たずに「ふらっと」出かけていたので記憶が薄くなっていました。ちょっと新鮮でした。
  • 大きなスズメバチも見かけました。夏場に向け、虫にも注意が必要ですね。ヤブやクモの巣も厄介です。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system