■かたくりの里・城山湖

トップページ > ハイキング&ウォーキング > かたくりの里・城山湖 更新日:2009年02月21日

◆日付・天気

2005年04月02日(土曜日) 天気:曇り

◆コース(所要時間:4時間35分)

【起点】09:15かたくりの里トイレあり10:10…(10分)…10:20小松城跡…(15分)…10:35評議原お弁当ポイント…(10分)…10:45金刀比羅宮…(5分)…10:50城山湖…(20分お弁当ポイント[1])…11:10草戸山お弁当ポイント…(15分)…11:25ふれあい休憩所お弁当ポイント[昼食]11:45…(20分)…12:05峯ノ薬師トイレありお弁当ポイント(間違えて表参道口往復)12:35…(30分)…13:05上中沢BS…(15分)…13:20水の苑地トイレありお弁当ポイント…(散策30分)…13:50城山高校前BS【終点】 KML
【参考】[1] はなさき休憩所に東屋あり。

◆コメント

いつか訪れてみようと思いながらそのままになっていた城山かたくりの里(かながわの花の名所100選)。今回初めて訪れてみました。カタクリはもちろん、いろんな春の花も楽しめる園でした。
見物後はハイキング。急登のないファミリー向けのコースです。花、寺社、湖など、見どころは豊富なので春の花咲く時期にいかがでしょうか?
【参考】かたくりの里の開園は「3月第2土曜日〜4月第3日曜日。午前9時から日没まで」です。

◆アルバム

【移動】辻堂07:37==(JR東海道本線)==07:41茅ヶ崎07:47==(JR相模線:JR計650円)==08:46橋本09:00==(神奈中バス:220円)==09:15かたくりの里BS
最盛期は橋本駅からかたくりの里まで臨時直通バスが運行されます。今年(2005年)は3月19日(土)〜4月10日(日)の期間です。この期間以外は城山役場入り口BSから徒歩20分です。
カタクリの花 09:15 バスを降り、人波に乗って進むとすぐにかたくりの里。うす曇りだけど花は開いているかな?
入場料:300円

薄紫色のカタクリの花。暖かな春の日を浴びると、花びら(正確には花被片)は思いっきり反り返ります。
中には開こうかどうか悩んでいる花も。恥ずかしがり屋さん?
一面のカタクリ 群生地は満開。すごいですね。
でも、なかには撮影に熱心なあまり通行のジャマになる人も・・・いかがでしょうか?

園内には他にもいろんな草木の花が咲きます。
イワウチワスハマソウ(ユキワリソウ)、キバナカタクリミツマタコブシキブシミツバツツジ(イワツツジ)などなど。
ハイキングコースへ 10:10 園内はしだいに混雑。そろそろ切り上げて城山湖へ。
かたくりの里を出て前の道を左(西)へ。

10:17 宝泉寺を過ぎたところで「城山湖え(?)のハイキングコース 約40分」の案内板に従って山へ。
【参考】この先、いくつかの枝道があります。道標がないので「?」ですが、本線(広い道)を進めば大丈夫。
小松城跡 最初は植林、すぐに自然林の道となります。

10:20 進むと小松城跡の説明板のあるT字路。ここを左へ。
右は小松橋方面に続くコース起点(金刀比羅宮参道入口)のようです。
評議原 自然林の残る歩きやすい道。道幅も広く快適です。こんな道なら何時間でも歩けそう。

10:35 川尻穴川ヒノキ林(神奈川の美林50選)を左に見て進むと、ベンチのある広場。ここが評議原(ひょうぎばら)。
標石には「むかし小松城の武将たちが評議を開いたところと伝えられている。」とありました。
晩秋、紅葉がとても綺麗だそうです。
ヤマザクラ コース脇に咲いていたヤマザクラ。白い花が清楚。
今年はソメイヨシノの開花はやや遅く、満開は来週末かな?
コミュニティ広場は左 途中、「イノシシ有害駆除実施中(ワナあり注意)」、「イノシシに注意」の表示あり。ご注意ください。

10:41 左は管理棟のあるコミュニティ広場(トイレあり)ですが、寄らずに舗装道路を横切って直進。
金刀比羅宮 右に巻き道もあったけど、元気を出して階段へ。

10:45 上りきったところに金刀比羅宮
右かな?左かな?取り敢えず舗装道を右へ。
ゲートを通って 「あれ?柵が・・・」よく見るとちゃんとゲートは開いていました。
【注記】「町民の森開放時間以外は柵内に入らないでください。」「開設時間 4〜9月:09:00〜17:00、10〜3月:09:00〜16:00」とありました。ご注意ください。

進むと右下に町民の森・野球場、さらに進むと大きな本沢ダム堰堤が見えてきます。
城山湖
10:50 堰堤から見た城山湖をパノラマ合成してみました。
津久井湖の水を夜間の電力で揚水し、昼間に発電する日調整式揚水発電所(城山発電所)があります。ゆえに、この人工湖に流入・流出する「川」はありません。でも・・・ここまでして本当に役立っているのかな?
湖の西岸(写真方向)の尾根は神奈川県と東京都の県境で、ハイキングコース(町民の森散策路)となっています。これから行くから待っててね。
町民の森散策路へ 堰堤の先にゲート。注意書きがありました。
開場時間◎4〜9月:09:00〜17:00、◎10〜3月:09:00〜16:00、休場日月曜日(休日の場合は翌日)、◎12月28日から翌年1月4日まで

休場日?金刀比羅宮側のゲートに表示はなかったけど・・・見落としたかな?
逆方向で歩いてきて、ここで施設内を通れないと知ったらガックリですね。分かるように手前でもちゃんと表示してあるのかな?
はなさき休憩所 11:00 はなさき休憩所。休まず先へ。

この先、急階段を上ったら分岐。右は「青少年センター」。左に「松見平休憩所」へ。
コースは広く、しっかりしているので家族連れでも大丈夫。でも、短いけど急な階段もあるのでゆっくりどうぞ。
松見平休憩所 11:10 草戸山(364m)山頂の松見平休憩所山の神の祠も。
案内図があったのでチェック。草戸峠から高尾山口駅、高尾駅に続くコースもあるようです。でも・・・東京都側の情報だけ。東京都が設置した案内図だからしかたない?

楽しそうに昼食中のハイカーを横目に先へ。
ふれあい休憩所 11:25 ふれあい休憩所。ピークのたびにある立派な四阿(あずまや)に感心。
誰もいなかったのでここで昼食。城山湖を眺めながらコンビニおにぎりを胃袋に詰め込んで、誰も来ないうちに一服。

11:45 昼食・休憩で20分。腰を上げて先へ。この先は穏やかな下りです。
野鳥観察休憩所も気になるけど 11:46 すぐ先に分岐
「野鳥観察休憩所 800m」が気になり、「往復してみるかな?」とも考えましたが、今回はパス。
直進で「峯の薬師 1km」へ。
電波塔が4本 11:48 関東ふれあいの道「三沢峠 0.2km、梅ノ木平 3.0km」の分岐付近に電波塔
ダム堰堤から見えていたのはこれですね。4本が並んでいました。
この先、樹間から津久井湖が見えるようになります。

11:58 コンクリートの建物が現われました。イメージとずいぶん違いましたが、峯ノ薬師奥の院でした。
津久井湖を望む 12:03 展望が開け、津久井湖城山が間近に見えます。
正午ちょうどに10発ほどの花火の音。そういえば本日、さくらまつり開催のはず。賑わっているのかな?
峯の薬師 12:05 峯ノ薬師(振り返って撮影)。
広場になっていて、端にはベンチもあります。
三四郎と檜垣兄弟 姿三四郎決闘の場の石碑。
雪の朝、ここで檜垣兄弟(実際は兄の鉄心)との死闘が繰り広げられました。もちろん、小説の一幕です。
石碑の背面には檜垣兄弟が送り付けた「果状」が記されていました。

幼い頃、白黒テレビで見ていた記憶があります。
表参道口から引き返し 12:20 峯ノ薬師からつづら折の表参道を下ったら津久井湖畔の県道。
あれ?途中、左に林道があるはずでは?」地図を確認すると林道は峯ノ薬師から。ガーン!
うーん・・・県道に歩道はないし、車はカッ飛んでいるし・・・引き返そう!
再び峯の薬師 12:35 峯ノ薬師に戻り、林道(東参道・中沢口方面ゲート)を確認。ハァハァ。
そう言えば、下る途中で見えていました。自動販売機もあるのだし、林道は薬師につながっていて当然ですね。
上中沢BS 林道下りは楽チン。途中、タチツボスミレ?やアカネスミレ?などを撮影しながら。

13:05 県道に合流。「関東ふれあいの道」案内板があります。
ここに上中沢BSがありますが、便は非常に少ないので国道413号まで歩きます。城山高校前BSまで、歩いても20分ほどです。
さくらまつり(水の苑地) 13:20 津久井湖城山公園・水の苑地。ちょうど津久井湖さくらまつりが開催されていました。
観光品・特産品の屋台やフリーマーケットなども。

桜はほとんど咲いていないけど・・・お祭りだもの。
山歩きも終わったし、お祭りだから・・・私もビール!300円
ビール片手にブラブラ。
対岸の花の苑地にも行って見ようかな?以前、城山から雨乞山へと歩いたのは5年前。同じくさくらまつりの日でした。
でも、風邪で留守番の妻を残してきたので、今日は早めに帰りましょ。

13:50 城山高校前BS。橋本駅方面へのバス便は豊富です。
【移動】城山高校前BS13:57==(神奈中バス:260円)==14:25橋本駅14:33==(JR相模線)==15:27茅ヶ崎15:36==(JR東海道本線:JR計650円)==15:40辻堂
1時間近くの相模線。長く感じます。

◆メモ

  • かたくりの里。早めに到着しましたが、想像した以上に賑わっていました。10時過ぎには駐車場も満車で、道路は駐車待ちの行列。できれば平日がお薦めですね。
  • カタクリ激写のカメラマンが大勢。いったい何枚撮影しているのでしょう?帰宅後、保存/削除で悩まないのかな?大きなお世話ですが・・・

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system