■諏訪の原・西部丘陵

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 諏訪の原・西部丘陵 更新日:2015年03月14日

◆日付・天気

2015年03月05日(木曜日) 天気:晴れ・・・梅見日和でした。

◆コース(所要時間:5時間50分)

【起点】飯田岡駅09:30…(25分)…09:55諏訪神社…(5分)…10:00諏訪の原公園パークセンタートイレありお弁当ポイント10:15…(5分)…10:20フラワーガーデントイレありお弁当ポイント10:50…(15分)…11:05久野15号古墳…(10分)…11:15龍泉寺観音堂…(50分)…12:05いこいの森トイレありお弁当ポイント[昼食]12:55…(5分)…13:00わんぱくらんどトイレありお弁当ポイント13:50辻村植物公園トイレありお弁当ポイント14:00…(10分)…14:10水之尾毘沙門天…(25分)…14:35白秋童謡の散歩道…(20分)…14:55城山公園トイレありお弁当ポイント15:00…(20分)…15:20小田原駅【終点】 KML

◆コメント

小田原市の丘陵地にある公園やレジャー施設、植物園を巡るコースです。コース中、展望のよい場所もあります。温室や乗り物などを利用せず、入園だけならどこも無料なのがうれしいです。
この時はちょうどウメが見頃で楽しめました。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト
【参考】公称距離は13kmですが、公園内の散策などを含めるともう少し長くなります。

◆アルバム

【移動】辻堂08:26==(東海道本線:500円)==09:02小田原09:12==(伊豆箱根鉄道・大雄山線:170円)==09:22飯田岡
小田原駅の観光案内所(09:00〜17:00。無料Wi-Fiあり)でマップを入手しておけば安心です。今回のコースでは「ウォーキングタウンおだわら散策マップ[中央版]」を使います。(事前に入手もできます)
丹沢・大山を見る
駅を出て目の前の狩川の土手から見える丹沢・大山の山並み。よい眺め。Googleフォトで拡大画像を見る
09:30 展望を楽しんだら、出発!
本来のコースは「駅の小田原側の踏切を渡り、歩道橋で横断して遠回りする。」ですが、これは「大雄山側の踏切の道路が狭く、車も多いので危ないから。」と思われます。
道標 私たちは近道して歩道橋も使わず「飯田岡」交差点を横断。(勝手な!)
適所に道標があるので迷うことはないでしょうが、見落しやすい設置もあるので注意してね。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

坂道を上りながら、不思議なのはゴミ収集車が多いこと。はて?
滑り台へ 諏訪の原公園は北側の一部はまだ整備中でした。現在、部分開園しているこのエリアは「親しむゾーン(17.2ha)」で、まだ未整備ながらも今後「体験するゾーン(22.3ha)」と「知るゾーン(25.5ha)」も予定しているとのこと。

道標No.6で左折して園内に入り、階段を登ってローラー滑り台へ。全長169mとのこと。長いね!
それにしても平日ゆえか、大人も子供も誰一人見かけませんでした。
展望
階段を登りきって振り返ると足柄平野。白亜の建物がハーブ館。その付近がピンク色なのは西平畑公園のカワヅザクラが見頃だから。Googleフォトで拡大画像を見る
多目的広場へ進み・・・
諏訪神社 09:55 諏訪神社
現在は屋根の飾り物「千木(ちぎ)」と「堅魚木(かつおぎ)」が欠落しています。
御神木は小さくて頼りない。隣に大きな切株があるので、こちらが先代だったようです。
パークセンター 10:00 丘の上のパークセンター
クラフトコーナーがあり、工作体験ができるようです。うーん、誰もいない。(平日だからね)

パークセンターの前が遊具がある展望広場。ここで子供連れの数組と出会いました。
180度開ける
展望台から見た西〜北〜東のパノラマ。好展望!Googleフォトで拡大画像を見る
詳しい「展望方位盤」があるのですが、日の光が反射して見にくいのが残念。
次はフラワーガーデンへ。何気なく進んだら、あれ?駐車場。道路に出てフラワーガーデンの前を通るのが本来のコースなのでこれが正解ですが、連絡通路を確認したかったので引き返し。
パークセンターまで戻ってよーく見たら、あーるじゃありませんか「←フラワーガーデン」。見落としていました。
10:15 継続。土管のようなトンネルの上を進み・・・
フラワーガーデン
10:20 隣接するフラワーガーデン。池と小川の周辺が「渓流の梅林」で、約200種480本とのこと。でも、「渓流」の名はちょっと大げさですね。(失礼な!)
早咲きは見頃を過ぎたものの中咲き・遅咲きはちょうど見頃。ほのかに香りが漂って、すばらしい!しかし、よくこんなにいろいろ集めたものです。
梅林 青空とウメ。平日でしたが、賑わっていました。
ウメの他にも6月頃にはハナショウブやバラも楽しめるようです。
温室 トロピカルドーム温室(おとな200円)。興味がないのでパス。(失礼な!)

10:50 正面ゲートから出たら「ウォーキングコース」案内図(道標No.9)あり。桜並木の道を右へ。
【参考】1本/1時間ですが、小田原駅行きのバスがあります。

進むと煙突2本の「環境事業センター(ゴミ処理場)」。だからゴミ収集車が多いのね。
行き過ぎ 道標に従って進み、道標No.11で「龍泉寺観音堂475m→」に右折ですが、近くに古墳があるので寄ってみることに。
100mほど先で「久野15号古墳50m→」に従って暗い細道へ。

はて?経路は明瞭ですが、すでに100m以上は進んでいる。引き返そう!
久野15号 11:05 発見!「久野15号古墳」。道から少し引っ込んでいるので見落としました。
「石室のみを復元して石組み構造が見られるようにした。」とのこと。
観音堂 引き返してコースに戻って久野川に下ると・・・

11:15 龍泉寺観音堂。道祖神や馬頭観音、さらにいくつも寒念仏供養塔が立っていました。
山聖会館 緩やかにバス通りを上り、山聖会館で左折します。道標N0.13は見落としやすいので気を付けてね。

下って久野川を渡り・・・
見晴らしスポットへ 茶畑のジグザグ農道(簡易舗装)を登り返したら広い道(道標No.18)。
この先がコースマップの「見晴らしスポット」のようです。
農道 道路が右に曲がる最高地点が「見晴らしスポット」。特にベンチなどはないようです。
茶畑、菜の花畑があり、曽我丘陵や相模湾が望めました。

ウメ畑やミカン畑の農道を下ります。
畑道 石碑がある分岐の先は、しばし畑道。道端にはオオイヌノフグリホトケノザ
鶏小屋で黒いニワトリが飼われていました。コーコー。

土留め階段を下って小さな川を渡り・・・
いこいの森へ 道標No.29で防所川に沿った道に出たら右へ。

╋字路の手前で左下の道へ。
北入口 12:05 橋を渡ったところに「いこいの森マップ」案内板(北入口)。「現在地」表示がないのね。
ウォーキングコースは道なりに直進ですが、園内を散策するのなら撮影しておけば悩んだ時に役立ちます。(初めてだった私は少し悩みました)
防所川 飛び石で川を渡ります。妻は、おっとっと…セーフ!

いこいの森はキャンプ場、バーベキュー場(持ち込み不可)、バードゴルフ(ミニゴルフの一種らしい)などができる林間施設で、遊具がある広場もあります。
あそびの広場でお弁当 「ふれあいの丘」(遊具・四阿あり)から「キャンプファイヤー場」へと進み・・・

12:25 「体験交流センター(木工体験や研修会などができるらしい)」やトイレがある「あそびの広場」。
お腹減ったね。ここで昼食。日陰は寒いけど、日なたは暖かい。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
管理棟 食後、「どんぐりころころ~♪」で遊んだのち、続行。

12:55 管理棟。今さらですけど、マップをもらって(北入口にも置いてあればいいのにね)先へ。
そう言えばキャーキャー声は聞こえたのに、誰にも出会いませんでした。
正面の道路を横断すれば「わんぱくランド」ですが、よい子は連絡歩道橋へ。
遊具 13:00 「小田原こどもの森公園 わんぱくらんど」(長い名前だね)の西管理棟でマップを入手。
小田原駅までまだ5kmぐらいあるので、隅々まで巡るのは別の機会に。
マップを見ながらおよそのコースを決めたら、Go !

小田原城アドベンチャー」。立派な遊具ですこと!
吊り橋 少し揺れる吊り橋が「わんぱく大橋」。
遊具 冒険の丘」。遊びに興じる園児たち。遠足?元気だね。
いこいの森で聞こえていたキャーキャー声はこの子たちだったようです。
ヤギ ヤギやヒツジがいる「ふれあい広場」。ヤギを触ると温かい。

13:50 次は隣接する辻村植物公園へ。
エントランス広場から公園を出て右(南)へ。(こもれびの橋)の下を通過したら・・・
辻村植物公園 13:50 すぐに辻村植物公園
梅林 いろいろな植物が栽培されていますが、有名なのは約560本と言われる梅林。ちょうど見頃。いいね!
ロープ越え 14:00 公園の南端(近くにトイレ)からウォーキングコースが継続します。
次は「水之尾毘沙門天670m」へ。
ウォーキングマップや道標には「ロープをくぐる」の表示ですが、正しくは「越える」ですね。ちなみにフック掛けなので外せばたやすく越えられます。
ウメ畑 公園を出たらウメ畑。収穫しやすいように枝は低く広がっていました。
斜面道(砂利)を緩やかに下っていくと・・・

14:10 水之尾毘沙門天鳥居。かつて石切出しの地として有名だったとのこと。
石段を上れば本堂ですが、ひるんで回れ右。(軟弱)
散歩道へ 広い道を道標に従って進み、「サンサンヒルズ小田原」を通過。

14:35 道標No.53で「←白秋童謡の散歩道」へ。特にここから相洋中高の角までを「からたちの花の小径」と言うようです。
展望
北側が開けてよい眺め。少し雲がかかりましたが丹沢・大山〜曽我丘陵〜相模湾。
解説板があり、「白秋はこの眺めを絶賛し、丘窪の様子から野外劇場の観客席と例えた。」とのこと。

下っていくと次は「からたちの花」の歌詞板。

コース分岐B」地点(道標No.55)では「↑城址公園コース」を分けて「←小田原駅西口コース」へ。けっこう歩いたし、ウメもいっぱい見たので近道コースへ。

道標No.56で「揺籠のうた」の歌詞板を見ながらふたりで歌い、「小田原駅西口1290m→」へ。
【参考】直進(北)すれば「白秋童謡の散歩道」の継続です。
城山公園 14:55 城山公園のベンチで休憩。
ここに来たのは2回目。前回はおそらく25年ぐらい前。妻は全く覚えていませんでした。

15:00 小田原駅までもう少し。続行!
百段坂 小田原高校を過ぎたら階段。百段坂と言うらしい。生徒は足腰関節、鍛えられるね。

新幹線高架に出たら横断して線路に沿って行くと・・・

15:20 小田原駅(西口)。お疲れさまでした。
【移動】小田原15:30==(東海道本線:500円)==15:59辻堂 お菓子を食べて、うたた寝・・・zzz

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system