■茅ヶ崎里山公園

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 茅ヶ崎里山公園 更新日:2012年10月06日

◆日付・天気

2005年11月19日(土曜日) 天気:晴れ

◆コース(所要時間:3時間20分)

【起点】芹沢入口BS11:10…(5分)…11:15里山公園トイレありお弁当ポイント…(昼食・散策:1時間30分)…芹沢の池12:45…(20分)…13:05腰掛神社トイレあり…(45分)…13:50小出川…(20分)…14:10越の山入口BS…(20分)…14:30寒川駅【終点】 KML

◆コメント

茅ヶ崎市の北部にある県立茅ヶ崎里山公園は、2001年の秋に部分開園し、2008年度の全面開園を目指しています。
遊具や広場のあるエリアだけでなく、現在も谷戸(やと。谷と書いて「やつ」、「やと」とも。)の姿を残した田や雑木林の里山の雰囲気も楽しめる公園です。お弁当を持ってピクニックなどいかがでしょうか?
また、小出川(こいでがわ)に沿う茅ヶ崎市北部あたりには田園地帯も残っています。大山を望みながら田園歩きで寒川へと歩いてみました。

◆アルバム

【移動】辻堂10:11==(JR東海道本線:180円)==11:14茅ヶ崎[1]11:45==(神奈中バス:260円)==11:10芹沢入口BS
【参考】[1] 茅ヶ崎ルミネ(現LUSCA)3階入口前に観光案内所があります。「ちがさきガイドマップ」は地図が付属するので便利かも?
里山公園へは茅ヶ崎駅北口から50系統・文教大学行きに乗ります。バス便は2〜3本/1時間(土休日)です。
里山公園入口 11:15 バス停から右(北)に信号を渡って5分ほどで茅ヶ崎里山公園のメインエントランス。
普段は自転車で訪れます。でも丘陵部なので・・・とてもきついです。今日はバスで楽チン。
口の中に案内図 メインエントランスにはカエルの置物。「公園案内図が、この中に入っています。」とあります。
ない時は、東駐車場にある公園管理事務所へに行けば入手できます。
【参考】現在はパークセンターで公園案内図が入手できます。
風のすべり台 公園に入ってすぐに目に付くのがローラー滑り台(風のすべり台)。
大人も楽しい?
管理事務所 11:25 「何か有益な情報はあるかな?」と管理事務所へ。ついでにトイレ。

それでは本格的に散策開始!
広くて気持ちいい
広々とした芝生の多目的広場。災害時はヘリポートとして使用されるとのこと。意味もなく、久し振りに分身の術です。失礼しました。
昼食 11:40 お腹が減ったね。駅で買ったお弁当、食べちゃえ!私は海苔弁当(左)、妻は梅じゃこ弁当(右)。
妻はデザートと称してかぼちゃプリンも。だから太るんだ・・・

食後は引き続き園内巡り。
ボーン、ボーン 雲のトランポリンでは子供たちが跳ねて遊びます。
奥には風のとりで。ジャングルジムですね。
水遊びの池 水深30cmの中ノ谷池(なかのやといけ)。
夏場はパシャバシャ水遊びの子供たちで大賑わいです。
ひっつき虫 平成の森で見つけたオナモミの種。ちょっと虫っぽい。
懐かしいなぁ。さっそく服に投げ付けて遊びました。
平成の森から芹沢の池へ 12:39 芹沢の池へ進みました。
車止めが置いてあるので「入ってもいいの?」と心配になりますが大丈夫。
でも、私有地もあるので勝手に田畑に入り込んだりしないでね。
この先、里山っぽくなってきます。
芹沢の池 12:45 大きくはないけど芹沢の池
池のまわりの草が刈り取られてスッキリしていました。夏場はボウボウ。
トンボと遊ぶ 池の柵にはトンボが日向ぼっこ。
前からそーっと指を近づけると指に乗ってきたりします。
谷戸の田 12:56 谷間に開かれた田んぼ。谷戸の雰囲気ですね。
畦にはイヌタデが群生し、気の早いナズナホトケノザの花もチラホラ。
春にはフキノトウもたくさん見かけます。(私有地なので勝手に採らないでね。)
ギャラリー木の実 13:02 舗装農道を進むと十字路
「ギャラリー木の実」というお店があります。(こんなところに店??)
すぐ近くに腰掛(こしかけ)神社があるので、一旦、右へ。
腰掛神社 13:05 ほの暗い杜のなかに腰掛神社
訪れる人もほとんどいない静かな神社です。
玉石 腰掛けの玉石が祭られています。
【学ぶ】社伝によると、「日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際にこの石に腰を掛けて休憩し、西方の大山を見て大いに喜んだ。」とのことです。

参拝後、神社前の道を右(北)に下ります。
寒川方向へ 13:15 T字路を左(西)に進み、寒川方向へ。
こんなところを歩いている人はほとんどいませんけど・・・
【追記】小出川に出て土手歩きもできます。夏場は下草が茂りがちですが、秋の彼岸の頃はヒガンバナが華やかです。
田園地帯の向こうに大山
13:28 小出川沿いに田園地帯が広がります。奥にはどっしりとした大山。
夏場には、このあたりでアマサギの群れを見かけることがあります。
一直線 「初雪とうふ」と書かれたコンテナ(何でしょ?)のあるY字路は右へ。

13:34 南に一直線に伸びる農道です。(Y字路を左で一般道を歩いても、この先で合流します。)
小出川 13:50 追出橋(おんだしばし)から小出川の右岸の土手を歩いてみました。
先に見えるのは水路橋かな?その右手が青少年広場
【注記】土手は夏場は草が生い茂り、歩くのは困難になります。一般道(細いので車に注意)を歩いた方が良いでしょう。
「土手を歩いてバス通り(主要地方道47号・藤沢平塚線)まで。」と考えたのですが、途中でブルーシートで覆われていて・・・ダメみたい。
右の住宅地の道に出て南下し、バス通りへ。

14:10 越の山入口BS。でも、この時間帯はバス便が少ないのでJR寒川駅まで歩きます。

14:30 バス通りを歩くこと20分で寒川駅。お疲れさまでした。
【移動】寒川14:39==(JR相模線)==14:47茅ヶ崎14:50==(JR東海道本線:JR計190円)==14:53辻堂
近場なので移動は楽チンでした。

◆メモ

  • 里山公園には私有地も隣接します。地権者の好意で公開されています。勝手に立ち入ったり、持ち帰ったりしないでね。
  • 私たちは寒川方面に歩いてみましたが、公園から南へ下って浄見寺(大岡越前守忠相の菩提寺)と隣接する民族資料館(古民家)へと歩いてみるのも良いかも知れません。ただ、”楽しい道”ではないのが残念ですが・・・

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system