■桜まつり・菜の花まつり

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 桜まつり・菜の花まつり 更新日:2008年09月21日

◆日付・天気

2008年03月22日(土曜日) 天気:晴れ・・・暖かい一日でした。

◆コース(所要時間:3時間55分)

【起点】和田河原駅09:45…(5分)…09:50神崎橋春木径幸せ道 桜まつりトイレありお弁当ポイント[1]:1時間)10:50…(5分)…10:55和田河原駅…(40分)…11:35酒匂川…(25分)…12:00開成水辺スポーツ公園トイレありお弁当ポイント[昼食]・足柄大橋12:40…(20分)…13:00ひょうたん池・菜の花まつりトイレあり13:20…(20分)…13:40相模金子駅【終点】 KML
【参考】[1] 桜まつりでは仮設トイレとお店(店名未確認)のトイレあり。お弁当を食べるなら狩川の河原でしょうか?

◆コメント

酒匂川(さかわがわ)の支流、狩川。その富士フイルム工場付近の両岸は、ソメイヨシノよりも一週間早く咲くと言われる「春めき」の桜並木です。
両岸で1.5kmぐらい。大雄山線の駅から近いのも便利です。ピンク色の桜と、黄色の菜の花は春爛漫。
でも、これだけだと散歩級。ついでに大井町・酒匂川左岸の菜の花まつりまで足を伸ばしてみました。

◆アルバム

【移動】辻堂08:33==(JR東海道本線:480円)==09:06小田原09:24==(伊豆箱根鉄道・大雄山線:270円)==09:42和田河原
和田河原駅 09:42 狩川への最寄は富士フイルム前駅ですが、私たちはひとつ手前の和田河原駅で下車。
単線の大雄山線では、すれ違い待ちの停車で、こんな感じ。

09:45 では、出発
駅前のバス通りを右(南西)へ。歩道がないので車に注意してね。
神崎橋を見る やがて見えてくる緑色のアーチ橋が狩川に架かる神埼橋。
正面のどっしりした山が明神ヶ岳です。
狩川両岸の桜並木
09:50 駅から5分ほどで狩川神崎橋から上流の大泉河原橋までは約700m。
この両岸が桜並木の遊歩道で、右岸が「春木径」、左岸が「幸せ道」です。
冠雪の富士山は、矢倉岳に隠れるように・・・少し恥ずかし気だね。
春木径を歩く まずは「春木径(はるきみち)」。早咲きの桜、「春めき」を愛でながらのんびり歩き。
土手の菜の花は甘い香り。
春めき(青空と) 春めき(花) 河原には菜の花
水神様と春木径いわれ 水神様。かつて氾濫して被害をもたらした狩川に、平安息災・二世安楽を祈って祭られたとのこと。
その横には「春木径」のいわれの解説板。
【学ぶ】富士フイルムの創始者、春木榮(はるきさかえ)氏が2000年10月に101歳で亡くなった。南足柄市勢の発展にも寄与した氏の偉業を偲び、この創業の地に101本の春めき(旧・足柄桜)を植栽し、「春木径」と名づけた。 -要旨-
草もちで休憩 水神様の裏の空地も催事場でした。

10時だしね、おやつだよ。草もち(2本で200円)。「いただきまーす!」
幸せ道を歩く 散策続行!
10:20頃 大泉河原橋(富士フイルム前駅のほど近く)で対岸へ。

左岸は70本の春めきが咲く「幸せ道」。良い名だね。
振り返ると青空、富士山、桜、菜の花。良い景色だね。
花粉症は大変 でもね、この季節はスギ花粉の飛散最盛期!
妻:「マスクを取るから写真は待って」
私:「否」カシャ!
妻:「鬼!」(怒)
祭り会場 10:35 やがて桜まつりの会場、辻下グランド
いくつか模擬店もあり、イベントが行われていました。

地元野菜の販売店。新鮮直売は安全安価。
地元の方々による「手作り感」のあるお祭り。いいね!

会場をあとにして・・・
神崎橋から開成へ 10:50 ひと回りして再び神埼橋。次は開成水辺スポーツ公園へ。

10:55 和田河原駅に戻ってトイレを拝借。
駅前のバス通り(便は少ない)を、そのまま一直線に進むと・・・

左に富士ゼロックスの工場。過ぎると南足柄市はここまで。この先は開成町。
富士フイルム先進研究所 11:06 続く大きな建物は富士フイルム先進研究所。できたてホヤホヤ。
一帯は農耕地。足柄平野が広がり、タネツケバナなどの春の野花を見ます。
西に明神ヶ岳、金時山、矢倉岳。北西に草原の大野山。に高松山から松田山。北東にやや遠く大山。
しばし立ち止まって・・・歩いた記憶を思い出す。
小田急線を渡る 11:30 引き続き直進すると小田急線の踏み切り。(ロマンスカー7000形!)
左に向かえば開成駅ですが、このまま直進!

やがて酒匂川。正面から土手に上がれないので左へ。土手への道があります。
【参考】直進で大井町につなぐ橋を建設中(この時は橋脚部)でした。つながれば「菜の花畑」も近くなるね。
酒匂川に出る
11:35 土手に上がると開けます。酒匂川右岸は舗装された青少年サイクリングコース
人々はジョギングやウォーキングを楽しみます。
この辺りは二宮尊徳が植えたのが始まりと伝えられる松並木で、栢山(かやま)頭首工では多くのアオサギを見かけました。
「水辺グランド→」へ 11:53 足柄大橋手前に「↑開成水辺スポーツ公園/開成駅↓/水辺グランド→」と「←開成町役場・福祉会館」の道標。
でも水辺スポーツ公園の南端です。
【参考】橋の先の建物が酒匂川ふれあい館(トイレあり)。開館は日曜日10:00〜15:00のみ。機能してるの?
おにぎり弁当だよ 12:00 開成水辺スポーツ公園の南端。
適当なところに腰を下ろして昼食。いただきまーす。

食後は近くをぶらり。土手の芝にはツクシ。そしてヒバリも見かけました。
次は酒匂川を渡って大井町の菜の花まつりへ。
足柄大橋の金太郎 12:40 足柄大橋への上り坂に少し戸惑いました。
車両専用のように見えるんですよね。

12:45 橋には金太郎。視線の先は第一生命大井事業所!
「行かないで!」と訴えているようにも見えます。
(ページ下部の「◆メモ」に補足)
菜の花まつり会場
13:00 足柄大橋から酒匂川左岸に下り、土手沿いを下流に進むとやがて東屋。ここから会場へ。
ひょうたん形の小さな池が「ひょうたん池」だね。
名物のひょうたん 大井町と言えば、なぜかひょうたん
いくつかの模擬店や農産物の直売もありました。
フラダンスを演じていましたが、若い女性は見当たらず・・・(コラ!)
菜の花越しに松田山を見る 「広大な」とは言えないけれど(見頃を過ぎたから?)、辺りは菜の花の良い香り。

13:20 20分ほど巡ったら、今日はここまで。
最寄の相模金子駅に向かいました。
駅までの経路は、リーフレットの略図では少し悩みました。指示板を頼りに大井小学校に出て、北上したら・・・

13:40 ビンゴ!相模金子駅。小さな無人駅でした。
国府津方面は・・・40分待ち。こんな時は先着の御殿場方面に乗って松田駅で乗り換えればOKさ。
お疲れさまでした。
【移動】相模金子13:48==(JR御殿場線:140円)==13:51松田・新松田13:58==(小田急小田原線:210円)==14:14小田原14:22==(JR東海道本線:480円)==14:55辻堂

◆メモ

  • 同時期にふくざわ公園(南足柄市千津島)でも菜の花・春めきまつりが行われます。今回は大井町の菜の花畑に向かいましたが、ふくざわ公園に向かうのも良いでしょう。(大雄山駅から4km弱の距離です。)
  • 「富士フイルム」と「富士フィルム」どちらが正しい?・・・ ピンポーン!「富士フイルム」です。
  • 2008年1月、第一生命が大井町に連絡した1枚のレターで町に激震が走った。「2011年までに大井事業所の本社機構を再編・移転する」 これが意味することは・・・将来、徴税収入約35億円の2割、7億円の減収!

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

  • 今のところ関連するページはありません。
トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system