■最明寺史跡公園

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 最明寺史跡公園 更新日:2014年11月11日

◆日付・天気

2014年11月03日(月曜日;文化の日) 天気:晴れ・・・ハイキング日和でした。

◆コース(所要時間:5時間)

【起点】田代向BS08:45…(5分)…08:50田代橋トイレトイレあり08:55…(10分)…09:05駐車場トイレあり10:00…(15分)…09:25高松分岐…(30分)…09:55送電鉄塔10:20…(45分)…11:05東屋お弁当ポイント…(15分)…11:20最明寺史跡公園トイレありお弁当ポイント公園上部...展望地[昼食]...高松分岐...)12:40…(30分)…13:10東屋…(5分)…13:15中央農道…(30分)…13:45松田駅【終点】 KML

◆コメント

「松田山みどりの風自然遊歩道」(長い名前だね)の順路は松田駅・新松田駅から西平畑公園〜最明寺史跡公園〜田代向で紹介されていますが、田代向のバス便は1本/1時間程度なので、逆コースで歩きます。
西平畑公園の早咲き桜が咲く頃、そして最明寺史跡公園の桜が咲く春は特におすすめです。今回は。西平畑公園をパスしたので、出会う人はほとんどなく、静かな山歩きを楽しむことができました。
きびしい急坂はありませんが、山腹の斜面道は一部細く、特にすれ違いには注意を要する個所があります。
最明寺史跡公園を訪れたのは5年ぶりでしたが、上部の展望デッキやベンチは傷んで使えなくなっていたのが残念でした。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂07:17==(JR東海道本線)==07:39国府津07:47==(JR御殿場線:JR計580円)==08:03松田・新松田08:25==(富士急湘南バス:460円)==08:43田代向BS
この日は湘南国際マラソンの開催日。東海道の車内はランナーで一杯。大磯駅、二宮駅で皆降りて、車内はいつもの様子に戻りました。
【注意】JR御殿場線はJR東海(TOICA)です。JR東日本(Suica)ではありません。SuicaエリアとTOICAエリアをまたぐICカードの利用はできません。さらに未だに国府津駅〜足柄駅はTOICAでさえエリア外です。(2014年11月)
田代橋 08:45 田代向BSを出発。BS付近にスペースがないので身支度は先で。
わずかに引き返した┠字路で「松田町みどりの風遊歩道・高松山・はなじょろ道→」へ。

田代橋。渡った右にトイレがあり、少しスペースがあるので身支度はそこで。

08:55 準備完了。Let's Go ! 道標や案内板を確認して下流方向へ。コースは車道歩きですが、川の土手を歩くこともできます。
振り返って 虫沢川を渡り、ドッグラン、養魚組合、旧・やまびこ館と過ぎて・・・

09:05 駐車場(トイレあり)。振り返ると鍋割山から表尾根、手前に栗ノ木洞と櫟山が見えます(振り返って撮影)。
養魚池でアオサギが魚を狙っていたので観察。動かないね。「ずっと見ていてもいい?」 「ダメよ、ダメダメ!」(東京エレキテル連合)
山道へ 09:10 駐車場の奥が遊歩道入口
「虫沢古道を守る会」(以下、単に「守る会」)の道標と「42 最明寺史跡公園3.2km2時間→」の道標があり、ここから山道。
緩やかに登る 幅広凹形の緩やかな登り坂を進みます。

丸い尾根の背を越えたら斜面道。左側が谷になった斜面道は送電鉄塔まで続きます。
一之沢 09:20 一之沢。以前はなかった沢名表示は筆跡から「守る会」作製と思われます。
丸太橋は滑りやすいので気を付けてね。
高松分岐 09:25 ベンチがある高松分岐。道標は「↑最明寺史跡公園2.6km1時間50分/山北町高松→/寄自然休養村0.6km10分↓」。
この先、斜面道は所どころ狭い個所があるので慎重に。

二之沢を渡り・・・
くるみ平からの展望 09:30 小広く刈られた場所が「くるみ平」。左(北)側が開けてよい眺め。大きな画像で山並みを見る(1200x380ピクセル)
集落に目を移すと中津川に架かる田代橋が見えます。あそこから歩き始めたんだよ。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
四之沢 三ノ沢を渡って・・・

四ノ沢を渡ります。道標番号は「35」。
送電鉄塔 09:55 送電鉄塔。「松田町自然遊歩道」道標と「守る会」の道標あり。
「守る会」の道標には「高松集落・尺里峠(第六天)→」表示があり、土留め階段とその先にプラスチック階段が見えます。以前から気になっていたので・・・確認しよう!
登って左に構造物(何でしょ?)があるところで階段は終わり、林道終点のような場所に出ます。道は左(西)に続き、高松集落に続くようです。
私は山北町/松田町境界尾根(地理院地図に徒歩道表示あり)の方が気になり、少し調査。防鹿柵(?)の支柱(金網なし)に沿って登ってみたものの、明瞭な踏跡なし。歩きやすいところを探してみましたが・・・妻がいるので無理は禁物。引き返し。

10:20 継続。最明寺史跡公園へ。一旦下って・・・
開ける 少し登り返した小ピーク(P364)が「みどりの風展望台」。北側が開けて鍋割山から大山までが見えます。
【参考】支柱に「標高375米」の手書きがありましたが、地理院地図の右クリック値は360m程度。

ここからジグザグ下り。
五之沢 下ること数分で五之沢
丸太橋を渡ったら登り返し。最初はジグザグ登り。本コースの頑張りどころ。
登る ふ〜。5年前はもっと楽に登れたのに、体力落ちたね。

尾根に乗った標高400m地点(道標番号30)にベンチひとつ。
登る コツコツ尾根登り
疲れたら振り返る 標高480mにベンチひとつ。富士山ビューポイントですが、この時は雲の中。
北方向は高松山〜檜岳・シダンゴ山。
東屋 しだいに傾斜が緩んできて・・・

11:05 小さめで4人掛けの東屋
【参考】テープに「標高550m」と書かれていましたが、地理院地図では530m地点です。
東屋からの展望
振り返ると高松山方向が開けます。展望を楽しみながらひと休みするのもよいでしょう。大きな画像で山並みを見る(1200x300ピクセル)
近道へ 東屋からは緩やかな道。ルンルン~♪ 進むと・・・

あれ?こんなところに「守る会」道標の「最明寺史跡公園→」分岐。以前はありませんでしたが、550m圏ピークを右に巻く近道のようです。
本来のコースへ少し直進してみましたが、特に通行止でもなさそうです。引き返して、歩いたことがない近道へ。
最明寺史跡公園上部 大きな桜の木の先で本来のコース(広くて直線的な道)に合流。ここに出るのね。
この下が最明寺史跡公園の敷地。公園上部なのでここまで登る人は少ないのか、散策道は以前に比べて荒れ気味でした。
箱根の山々 11:20 公園上部から見た箱根の山々
付近に案内図がないので初めての場合は悩むかもしれませんが、基本的に「下方向」に道標「最明寺史跡公園」に従えば管理事務所があるメインエリアです。
私たちは散策道を確認。展望デッキは傷んで立ち入り禁止。ベンチも傷んで使用不能が残念。
メインエリアに下る前に展望地に寄ってみることにしました。
展望地 11:35 「最明寺史跡公園案内図」がある展望地
案内図に描かれた東屋はなく(10年前にはあったが崩れ落ちた)、展望地は山頂にあるわけではありません。
やや木が邪魔をしますが、足柄平野、相模湾、真鶴半島、初島を見ることができます。
昼食 お腹減ったね。ここで昼食。いただきまーす!

食後は高松分岐へ。確認のためにもう少し進んでみよう!
高松分岐 轍(わだち)がある水平道を進み、コースが西に向きを変えると、やや細くなって徒歩道。

松田町から山北町に入って高松分岐。展望地ベンチから10分弱でした。
「守る会」の道標は「↓最明寺史跡公園/第六天(尺里峠)・高松山→」。表示はありませんが、左に下る道が「杉林の中の散策道」で、最明寺鐘突堂跡や管理棟に続きます。
【参考】テープに「標高530m」と書かれていましたが、ここは地理院地図で500m(右クリック506m)地点です。

左に下った方がメインエリアに近道ですが、引き返して散策しました。
メインエリアの池 園内の散策道を確認しながら進み・・・

メインエリアに到着。春はの周辺で桜やハナモモ、レンギョウで華やぎます。
広場のベンチ 広場にはベンチ。桜の名所で、平地より1週間遅れても見頃とのこと。
さすがに秋はしみじみ。
【注】公園内は火気禁止です。バーナーやカセットコンロの使用も不可。公園ですから。

12:40 トイレを拝借したのち下山。中尾農道で高松山入口BSに下ることもできますが、今回は「西平畑公園方面、自然館」方面へ。
東屋 淡々と最明寺林道(舗装)を下ります。そこそこ傾斜があり、逆コースでは少し疲れます。
野鳥に興味がある人はバードウォッチングしながら歩いてみるのもよいでしょう。

13:10 東屋がある分岐。「松田山みどりの風自然遊歩道」は「←自然館」方向。
自然館に向かうとすぐに防獣柵があるので開けて入って、ちゃんと閉めます。
中央農道 13:15 滑り止めコンクリートの坂道を下ると中央農道に合流。
道標は「←自然館1.3km20分/最明寺史跡公園2.5km40分↓/新松田・松田駅→」。
当初は西平畑公園を経由する「松田山みどりの風自然遊歩道」を通して歩くことを考えていましたが、変更。まだ歩いたことがない中央農道を下って駅へ。
足柄平野⇔みかん コンクリート農道を淡々と下り・・・

13:25 足柄平野相模湾方面が開けます。ミカンも色付き、おいしそう。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

道なりに下り・・・
東名高速下 13:35 東名高速道路直前の┼字路。角には「←松田山ハーブ館/中央農道↓」の道標と、青い「松田山観光案内」があります。(振り返って撮影)
東名高速道路と国道246号の下をくぐり抜けて下ります。

県道72号に出たらJR松田駅までは5分ぐらい。
JR松田駅 13:45 JR松田駅。小田急・新松田駅は左(東)に迂回する必要があります。
あれ?隣接した「ひかりストアー」は閉店したのね。がらんとしちゃったね。
御殿場線の便は1〜2本/1時間。発車まで35分待ち。駅のベンチで少しウトウト。
お疲れさまでした。
【移動】松田14:20==(JR御殿場線)==14:35国府津14:37==(JR東海道本線:JR計580円)==14:58辻堂

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system