■大野山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 大野山 更新日:2011年09月25日

◆日付・天気

2002年05月25日(土曜日) 天気:晴れ

◆コース(所要時間:5時間20分)

【起点】谷峨駅09:45…(25分)…10:10嵐登山口…(35分トイレあり)…10:45大野山林道…(25分)…11:10休憩所お弁当ポイント11:20…(5分)…11:25大野山トイレありお弁当ポイント[昼食]12:20…(50分)…13:10地蔵岩…(10分)…13:20共和小学校トイレあり…(55分)…14:15洒水の滝トイレあり14:35…(30分)…15:05山北駅【終点】

◆コメント

草原の大野山はファミリー向けで、展望が良いので人気の山です。天気も良かったのでおにぎりを作って出かけてみました。
山頂からは眼下に丹沢湖、遠く西丹沢の稜線が綺麗でした。

◆アルバム

【移動】辻堂08:42==(JR東海道本線)==09:05国府津[1]09:10==(JR御殿場線:JR計740円)==09:43谷峨
【参考】[1] 御殿場線の本数は少ないので、事前に時刻表を確認しておきましょう。
かわいい駅舎 09:45 かわいい駅舎の谷峨駅
駅のトイレをお借りして、すっきりしたところで出発!
大野山を見る 09:47 駅前を右(丹沢湖方面)に進み、すぐの跨線橋で線路を渡ります。
奥に見えるのは東名高速道路。その一番奥の牧草地のピークが大野山です。
大野山へ向かうのは、私たちの他は3人だけでした。(寂)
田植えの作業中 跨線橋から見える青い吊り橋を渡り、左に進みます。
ちょうど、田植えの作業中でした。
嵐登山口 10:10 つづら折りの車道を道なりに登っていくと、集落の登山口
道標があるので見逃さないでね。
ここから民家脇を入っていきます。
登山道 10:19 畑の中をしばらく進み、やがて登山道らしくなります。
コースはファミリー向けで、なだらかな登り。道はやや細く、展望はありません。
仮設トイレ 町道(共和清水線)に出たら左へ。道標はしっかりしているので、指示通りに進めば大丈夫。

10:27 すぐにトイレ(仮設)。少し怖いけど、助かります。
この先、道標に従って右に登ると・・・

10:45 林道(大野山線)。横断して先へ。
牧草地を登る 10:56 やがて牧草地
有刺鉄線で囲われた(牛が逃げないように?)細い道を登ります。

11:10 ベンチのある休憩所でひと休み。(休憩:10分)
お弁当 11:25 大野山(723.1m)。谷峨駅から1時間40分でした。

ヤマザクラの木陰で昼食
例年4月中旬から下旬頃に満開になるようですが、さすがに全て散っていました。
桜咲く季節に来てみたいですね。
タンポポ 食後の撮影会。
妻は「日帰り登山で自然を写す」を参考に頑張っていましたが・・・イマイチ?
展望を楽しむ 下山前に山頂をひと巡り。
丹沢湖西丹沢の稜線が綺麗です。

山頂は地元子供会(?)のバーベキュー大会で盛り上がっていました。
記念写真 12:20 山頂標で、お約束の一枚! それでは山北方面に下山。
牛たち 山頂部は県営の牧場なので牛がいます。
山北駅ヘ下る 12:30頃 X字路がイヌクビリ。ここは直進。
少し先で道標に従って右へ。草ボウボウの直線階段()を下ります。

12:40 下りきったら右側が谷になった斜面道
地蔵岩 13:10 山頂から50分で「地蔵岩」。何だかあっと言う間でした。
この先は車道歩きになります。
【参考】10分弱進むと共和小学校の手前に5分程先に綺麗なトイレがありました。
共和小学校 13:20 共和小学校のある三叉路はカーブミラー下にある「徒歩 山北駅へ近道」に従いました。
この先、ひたすら舗装道を下ります。
洒水の滝
【参考】東名高速道路の高架の手前に大野山登山口BSがありましたが、これは季節便のようです。
最寄は国道246号の大野山入口BSです。

国道246号を横断して「洒水(しゃすい)の滝→」へ。
足柄橋を渡り、しばらく歩いたら・・・

14:15 洒水の滝
全国名水百選に選ばれたという水を汲みに来る人もたくさん!
自然のクーラー 観瀑台より。落差69mとのこと。涼しい!!

20分ほど休憩して、引き返して終点の山北駅へ。
山北駅 15:05 山北駅。大野山から2時間45分。けっこう歩いたね。

電車の到着まで待合室で休憩。妻はアイスクリームを買ってペロペロ。
【参考】駅前の観光案内所でパンフレットが入手できます。山北町のハイキングコースを紹介しています。
【移動】山北15:40==(JR御殿場線)==16:05国府津16:10==(JR東海道本線:JR計650円)==16:40辻堂
電車の振動が心地よい眠りを誘います。グ〜〜

◆メモ

  • 谷峨から登る人は少なかったようです。多くは山北駅からバスを利用して大野山入口BSで降りて歩き始めるようです。
  • 洒水の滝への遊歩道を整備中でした。良い感じでしたよ。
  • 洒水蕎麦、洒水ラーメンって何なのでしょう?湧水を使っているということなのでしょうか?

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system