■菜の花台

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 菜の花台 更新日:2017年11月01日

◆日付・天気

2017年10月26日(木曜日) 天気:晴れ・・・展望に恵まれました。

◆コース(所要時間:3時間25分)

【起点】羽根入口BS09:25…(20分)…09:45里山ふれあいセンター[1]…(50分)…10:35送電鉄塔…(15分)…10:50菜の花台トイレあり[2]お弁当ポイント[昼食]11:40…(10分)…11:50送電鉄塔…(P439経由45分)…12:35里山ふれあいセンター[1]…(15分)…12:50羽根入口BS【終点】 KML地理院地図
【参考】[1] トイレを利用できるかどうか確認しませんでした。 [2] チップトイレ50円
【注意】一般ハイキングコースではないので道標はありません。

◆コメント

菜の花台は秦野駅からバスでヤビツ峠に向かう途中にある展望地です。展望台からは360度を見渡すことができ、特に三浦半島〜相模湾〜箱根の山々〜富士山〜丹沢の山々の展望はすばらしいです。また、夜景スポットとしても有名です。
通常は車やバイクの休憩地とされますが、今回は歩いて登ります。ベンチも豊富でトイレもあるのでちょっとした遠足にもよいかもしれません。(実際、30人級の地元の保育園児が登ってきました。)
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト
【注意】夏季はヤマビルに注意が必要です。

◆アルバム

【移動】辻堂07:25==(JR東海道本線)==07:29茅ヶ崎07:38==(JR相模線:JR計320円)==08:18海老名…小田急海老名08:26==(小田急小田原線:280円)==08:51秦野09:00==(神奈中バス:200円)==09:16羽根入口BS
最寄りのバス停は羽根BSですが、便が豊富な羽根入口BSを起点にしました。羽根入口BSへは秦野駅発の他、渋沢駅北口発もあります。
バス停 羽根入口BSは不二家工場の前。手前は大きなスタンレー電気の工場。大きな工場がたくさん!

09:25 出発!まずは里山ふれあいセンターに向かいます。
進行方向に見える[羽根入口]交差点を右へ。
展望台の頭 正面に岳ノ台・三角山・大山。岳ノ台の左に展望台の頭が見えました。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

ちなみに、展望台の左下に見える送電鉄塔を経由します。
葛葉川 09:30 葛葉川を渡ります(中村橋)。上流方向は丹沢の山並み。Googleフォトで大きな画像を見る
富士山 西に富士山。(関野商店前)
庚申塔 09:35 老人いこいの家「くずは荘」の一角に大きな庚申塔

「あれ?GPSロギングをオンにしたっけ?」
チェックしたら・・・がーん、オフでした。この間の軌跡が記録できませんでした。気付いてよかった!
オンにして衛星捕捉を確認後、続行。
里山ふれあいセンター 09:45 「里山ふれあいセンター」。
黄色い「一般車両の通行を制限」注意標識と、「羽根林道改築記念碑」石碑あり。

この時、何かのイベントでしょうか、園児たちが集合していて、出発間近の様子。
どこに行くのでしょう?
林道 今回のコースは登りは林道、下山は山道。

山林は整備され、明るい羽根林道(舗装)。
ゲート 09:50 ゲート。車は進入禁止。歩行者は脇を通り抜けます。
この先は車を気にせずに歩くことができます。
ヤマビル注意 山ビル 発生!入山禁止」
落ち葉 3日前(2017年10月23日)に関東地方を通過した「超大型」台風21号。
江の島では高潮によって多くのヨットが被害を受けました。
そのせいか、林道上も落ち葉折れ枝が散乱していました。

何度か大きくヘアピンカーブしながら高度を上げていきます。
ゲート 10:25 左にゲートがある分岐。
このまま直進すると羽根林道は県道70号に接続するので、ここで左折。
コンクリート舗装の坂道は、送電鉄塔まで続きます。(鉄塔建設用道路か?)
トラテープ 大きく右にカーブして80mぐらい先、ガードレールの手前に左後方から山道が合流します。
道標はなく、トラテープのみ。下山はこの分岐から山道(P439経由)に下山します。

この時、山道方向から小さな子供たちの声が聞こえてきました。
里山ふれあいセンターに集合していた園児たちかな?
もしそうであれば、つづら折りの林道よりも近道ってことね。
送電鉄塔 10:35 送電鉄塔。舗装道はここまで。終点は転回場になっています。
展望のない林道歩きでしたが、鉄塔基部で少しだけ開けて秦野市街や相模湾が見えます。

基部を通過したら左の巻き道に進まないように注意
右側にある尾根道へ。道形は明瞭で尾根をジグザグに登っていきます。
斜面道 10:40 地理院地図では標高520m地点で直登と斜登に分岐しています。
しかし実際は490m付近で尾根を離れて右に巻く斜面道になります。
直登する踏跡を探してみましたが不明でした。
階段 最後にススキの細道を進んだら・・・

水色の手すりの階段。上ると県道70号に出て、菜の花台の駐車場です。
石碑 10:50 菜の花台(なのはなだい。550m圏)。初めて訪れました。
ヘアピンカーブの端に大きな「丹沢大山国定公園」石碑バス停
写真の山はピークが重なった三ノ塔とニノ塔。
駐車場 西側が整備されて駐車場
赤い消防車両が止まっていて、消防隊員がいました。何かあったの?
トイレ 立派なトイレ(チップ制50円)。
相模湾
南側は秦野市街とキラキラまぶしい相模湾。好天に恵まれてすばらしい。
でも・・・最近、パノラマモードで撮影するとキラキラ効果(クロスフィルター効果)になってしまいます。なぜ?何かした?
展望台 立派な展望台。さっそく上ってみます。
富士山 雪化粧をした富士山。富士山には雪が似合いますね。
南側にももう少し積もったら「よい感じ」です。
西側展望
西側は箱根の山々〜富士山〜丹沢の山々。雲ひとつないのは日ごろの行い?Googleフォトで大きな画像を見る
南側展望
南側は大山南尾根〜相模湾〜秦野市街〜曽我丘陵〜渋沢丘陵Googleフォトで大きな画像を見る
もう!どうしてキラキラ効果になるの!
ベンチ 11:05 転落防止を兼ねたようなベンチ
腰掛けて昼食。今日はコンビニおにぎり2個。
下から子供たちの声が聞こえてきました。頑張って登ってきたようです。
園児 11:15 やはり「里山ふれあいセンター」に集合していた園児と引率の先生(?)たち。
お揃いの「防火」はっぴを羽織って「火の用心」看板を立てていました。
だから事前に消防隊員が来ていたのね。

時間があるので周辺を確認してみました。
地理院地図には北西下の送電鉄塔に続く徒歩道表示があります。踏跡を追って防鹿柵扉を開けて進んでみたものの、やがてススキのヤブ。踏跡は明瞭でしたが、ダニが怖いので退却。
階段 次に県道に戻って三角山(P600.2)への経路の確認。ヤビツ峠側に見える階段へ。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

階段はすぐにヤブになっているので、左の踏跡へ。
電波反射板 11:30 電波反射板が現れて、経路は不明瞭になります。
気合を入れてヤブに突入する?あなたなーらどうする~♪
少し考えた末、戦意を喪失して敗退。引き返して・・・
休憩舎 ヘアピンカーブの内側にコンクリート製の休憩舎。旧展望台でしょうか?(まったくの想像です)
木が育って展望は今ひとつ。屋根があるので雨よけにはよさそうです。

11:40 駐車場横の階段から下山
送電鉄塔まで来た道を下ります。
分岐 11:50 送電鉄塔を通過。

舗装道になって、ヘアピンカーブの手前で右の山道へ
道標はありませんがトラテープが付いていました。
P439付近 すぐにP439(付近)。道形があり、経路は明瞭。トラテープも見かけます。

P439を越えると左に下る斜面道。(ちなみに西側の尾根を確認してみたら、すぐに防鹿柵。扉がありますが、その先の踏跡は不明瞭でした。)
南に下る小尾根に移り、左(東)の防鹿柵に沿って下ります。
分岐 12:10 大きな木がある分岐。水源林杭は「No133」。他に青テープとトラテープ。
ちなみに左に進むと防鹿柵ネット。その先は北東に向かう斜面道で羽根林道に続くらしい。
なので右に下る道へ。

すぐに土や葉で覆われながらもコンクリート舗装に変わります。
分岐 トラテープがある分岐
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
このままコンクリート道を下れば迷うことなく里に下りられるでしょう。でも、トラテープが気になる。
このトラテープは里山ふれあいセンター〜菜の花台コースの目印かも知れません。
されば園児たちが歩いたと思われるコース、つまり左(南東)へ。
広い道 踏跡ははっきりしていますが、いくつか分岐して、管理用経路のような感じ。
ついでに少しだけ付近を確認。(GPS軌跡はウロウロ状態)
トラテープも確認していたら・・・

車が入れる広い道。これなら里に続くはず。
やがてコンクリート舗装になってミカン畑。
防獣ネット 先日の台風のせいか、ミカンの木が倒れて農道をふさいでいました。
畑に上がって巻こうとしたら、「あれ?足跡が少ない!」
つまり、園児たちはこの道ではなく、別経路を歩いている。どうする?引き返して確認する?

まぁ、いいや。(弱!) そのまま下ったら防獣ネット
めくってくぐり抜けたら細い道(一般車道の北側)。左に行くと・・・
里山ふれあいセンター 12:35 「里山ふれあいセンター」。ここに出るのね。
センターに寄って「正規のコース」を聞きたかったけど・・・小心者ゆえ、できませんでした。

羽根入口BSまでは今朝歩いた道を戻りました。(出だしにGPSロギングを欠測したので)
くずは荘 12:40 「くずは荘」。角に庚申塔。
バス停 12:50 羽根入口BS。すぐにバスが到着。お疲れさまでした。
【移動】羽根入口BS12:50==(神奈中バス:200円)==13:06秦野13:19==(小田急小田原線[遅延]:280円)==13:40海老名…JR海老名13:49==(JR相模線)==14:17茅ヶ崎14:34==(JR東海道本線:320円)==14:37辻堂
秦野駅の観光案内所に寄ってみようと思っていましたが、完全に忘却していました。

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system