■鍋割山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 鍋割山 更新日:2015年12月14日

◆日付・天気

2002年04月29日(月曜日) 天気:晴れ

◆コース(所要時間:7時間30分)

【起点】大倉BSトイレあり08:35…(20分)…08:55国定公園標識…(55分)…09:50二俣…(30分)…10:20後沢乗越ノ沢10:25…(20分?)…10:45?後沢乗越…(1時間?)…11:45鍋割山お弁当ポイント[昼食]13:00…(45分)…13:45後沢乗越…(25分)…14:10栗ノ木洞…(55分)…15:05勘七橋…(1時間)…16:05大倉BSトイレあり【終点】

◆コメント

私は以前、単独で鍋割山に登ったことがあるのですが、妻はまだ登ったことがなかったので新緑を楽しみに出かけてみました。
5月連休中なので人は多めでしたが、好天に恵まれて気持ちの良い汗をかきました。
下山路は栗ノ木洞(くりのきどう)に寄ってみましたが、こちらは出会う人もなく、とても静かでバードウォッチングには最適かも?

◆アルバム

【移動】辻堂07:01==(JR東海道本線)==07:05茅ヶ崎07:08==(JR相模線:JR計320円)==07:32厚木07:43==(小田急小田原線:300円)==08:06渋沢08:08==(神奈中バス:200円)==08:20大倉BS
今回は連絡もよく、1時間20分で大倉に到着しました。
大倉BS 大倉BS。5月連休故、やや混雑しています。特に人気の鍋割方面に向かう人が多いようでした。
トイレを済ませて、身支度をします。
ここを起点にGo! 08:35 大倉BS交差点を西に入れば鍋割山コース。出発!

この先、道なりに進んだところで左に入り、民家と畑の脇を抜けます。
丹沢大山国定公園標識 08:55 農道からヒノキ林を進むと西山林道に合流。
この「丹沢大山国定公園」の標識が目印です。
西山林道を歩く 四十八瀬川沿いに西山林道をひたすら進みます。新緑が綺麗です。

二俣までの林道歩きは1時間と長めですが、おしゃべりしながら歩けばあっと言う間です。
健気なオタマジャクシ 09:20 水溜りにオタマジャクシ。健気に生きていました。道端の水溜りなので、車が入って来るたびに轢かれて幾つかの命が消えていきます。頑張れ!

09:33 「黒竜の滝・芝生の広場」への新しい道標があり、気になりましたが・・・
コースタイムが分からない(書いてなかった)ので先に進みました。
林道分起(県民の森) 09:42 林道交差点。鍋割山は直進。
今回の下山では栗ノ木洞を経由して勘七橋を渡り、左からここに合流しました。
勘七沢 09:50 二俣。(ここまでは車で入ることができます。)
ロープが付いた勘七沢を渡ります。妻はキャーキャー大騒ぎ。
【!】車を停車する場合は、道標の前に停車するのはやめましょうね。他のハイカーがコースを間違える場合があります。
小丸への分岐 09:55 沢を渡ってすぐに小丸への分岐があります。
下山はこのコースを下りてもいいかな?(実際は別コースで下りました)

この先、10分程で四十八瀬川の広い河原に出ます。
休憩するには良さそうなのですが、ここまで全然楽チンなので先に進みました。
水場で休憩 10:20 林道も終わり、板橋や丸太橋で沢を渡って後沢乗越ノ沢(水場)で休憩(5分)。
新緑が綺麗でした。通り過ぎるおばさまハイカーも、「まぁ!綺麗ね!」。
10:45頃? 鍋割山南尾根に乗ったところが後沢乗越(うしろざわ(うしろさわ)のっこし)。乗越は「尾根を乗り越えるところ。多くは鞍部。」です。
後沢乗越からはやや急坂。登りに幾つかのピーク[1]があり、妻は何度も「山頂か?」と期待するも、その度に裏切られてガックリ。
【参考】[1] 一ノ萱(かや)、二ノ萱と言うそうですが、小さなピークも幾つか越えます。
鍋割山 11:45 鍋割山(1272.5m)。大倉BSから3時間10分でした。
妻はバテバテ。(←首に巻いたタオルが物語っています。)

しばらくは山頂からの景色を楽しみましょう。
この頃には遠くは霞み、相模湾も富士山も見ることができませんでしたが、開けているので楽しめます。
今日のお弁当 12:10 さあ昼食!私は赤いウィンナーソーセージが大好きです。(子供か!)
ボクはホオジロ。一筆啓上仕り候…ってさえずります。
13:00 昼食&休憩で1時間15分。そろそろ下山。
小丸先から二俣に下ろうかと思っていたのですが、山頂から見える栗ノ木洞が気になってそちらに下ることにしました。
栗ノ木洞から(くぬぎ)と進めば(やどりき。古くは「やどろぎ」)に下山できるようです。
櫟山には草原(広場?)があるとWebで見た記憶があります。心配は下山後のバス便なのですが・・・
後沢乗越 13:45 後沢乗越まで戻りました。
栗ノ木洞への下り 13:53 最初は防鹿柵沿いをなだらかに下ります。
栗ノ木洞 14:10 最後に細い急登を一気に登って栗ノ木洞(908m)。
ピークに展望は無く、スペースもありませんでした。
櫟山も魅力あるけど、このコースをとるハイカーに出会わないので少し心配・・・
結局、無難に大倉に下ることにしました。
ザレた下り 14:14 足元に気を付けて、ザレた急坂を下ります。

この先、植林内をジグザグに下ります。(この時点で私の膝は瀕死の状態でした。)
人気のコースから外れているので、すれ違う人もいません。
コースの下部は新しく木段で整備されていました。
勘七橋へ 15:00 最後に梯子を下りて水無堀山林道に合流。
道標の「芝生の広場約20分」も気になりましたが、「西山林道を経て大倉」へ。

15:05 勘七橋を渡り・・・
進むと西山林道が交差。大倉までは来た道と同じ道で戻りました。
【参考】次回は「芝生の広場・黒竜の滝」を回ってみようかな?表丹沢県民の森として整備されているようです。
大倉BSに帰着 16:05 大倉BS。下山は3時間5分のタイムでした。

妻がアイスクリームを買っている間にバス停はあっという間に長蛇の列。塔ノ岳などからの下山終点でもあるので、夕方は混雑します。
アイスクリーム:105円
【移動】大倉BS16:38==(神奈中バス:200円)==16:55渋沢17:02==(小田急小田原線:300円)==17:27海老名…(歩)…JR海老名17:32==(JR相模線)==18:06茅ヶ崎18:07==(JR東海道本線:JR計320円)==18:11辻堂
たくさん歩きました。でも、なかなか体脂肪が減らないのはなぜ?

◆メモ

  • 5月連休中の人気の鍋割山だったので、山頂はやや混雑していました。鍋割山荘も随分賑わっていました。皆さん「鍋焼うどん」がお目当て?
  • 下りで膝が痛くなるのは歩き方が悪いから。歩き方に気を付けなければ。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system