■明星ヶ岳・塔ノ峰

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 明星ヶ岳・塔ノ峰 更新日:2008年08月23日

◆日付・天気

2005年07月18日(月曜日;海の日) 天気:晴れ

◆コース(所要時間:5時間5分)

【起点】宮城野橋BS09:25…(15分)…09:40登山口…(40分)…10:20大文字10:25…(10分)…10:35明神ヶ岳分岐10:45…(5分)…10:50明星ヶ岳…(1時間)…11:50仙石線6鉄塔[昼食]12:05…(5分)…12:10林道…(25分)…12:35塔ノ峰…(45分)…13:20林道ゲート13:35…(35分)…14:10サンサンヒルズ小田原…(20分)…14:30風祭駅トイレあり【終点】 KML
【参考】残念ながら「お弁当に最適!」という場所には恵まれません。展望が開ける防火帯のコース脇などでしょうか?

◆コメント

箱根の古期外輪山のうち、まだ歩いたことのなかった明星ヶ岳〜塔ノ峰(とうのみね)を歩いてみました。いずれも山頂からの展望には恵まれませんが、明星ヶ岳に向かう途中の大文字焼の斜面から見る景色は疲れを癒してくれます。
ずいぶん汗をかきました。夏場は塔ノ峰から塔之沢、箱根湯本に下って温泉で汗を流した方が良いかも?
【注記】塔ノ峰から水之尾(みずのお)、風祭駅へと下りましたが、コース中に親切な道標はありません。そして半分以上は林道・農道歩きです。

◆アルバム

【移動】辻堂07:53==(JR東海道本線:480円)==08:28小田原08:37==(箱根登山電車・小田急線:300円)==08:55箱根湯本09:05==(箱根登山バス:520円)==09:22宮城野橋BS
宮城野橋 09:25 宮城野橋BSで下車したのは私だけ。
ザックからカメラと帽子を出して周りを確認。
宮城野橋を渡ったところに「明星ヶ岳方面」の表示を見て、さぁ出発。
【!】トイレがあるとのことですが、確認を忘れました。
【追記】ひとつ先(300mぐらい)の宮城野支所前BSにトイレがあります。宮城野支所前BSで下車して引き返しても良いでしょう。(2008年8月)
明星ヶ岳登山口 要所に道標があるので指示に従います。老人ホーム前のY字路は左上へ。

09:40 舗装道路が砂利道に変わった先に、「明星ヶ岳65分」の登山口。見落とさないでね。
タオルを首に掛け、軍手をしてGo!
展望はない 09:52 登山口から最初はやや荒れた土留め階段。のち自然林のやや急な登りでした。
さらに進むと人の背を越える篠竹のトンネルもあったりします。
大文字焼の斜面 10:20 前方が明るくなって大文字焼の一角に出ました。
【学ぶ】箱根の三大夏祭りの1つに数えられている大文字焼は、毎年8月16日、この明星ヶ岳(大文字山)で行われます。(中略)
夜7時過ぎ花火を合図に一斉に点火されると、「大」の字が夜空に赤く浮かび上がり見事な夏の風物誌(詩?)となります。-説明板より-
パノラマ
富士山は見えなかったけど良い眺め。先月、駒ヶ岳〜神山〜早雲山駅と歩いたコースを思い出しながら休憩。
早雲山駅から強羅駅へと歩きながら見ていた大文字。今はそこに立っている。

10:25 堪能して出発。大文字の上部はシノダケが刈り取られていました。一ヵ月後の準備かな?付近の道はずいぶん掘れていたけど、刈り取り・運搬作業で荒れたのかな?
もう一息 10:30 傾斜も緩やかになり、しだいに植林地
防火帯の尾根道 10:35 分岐。ふぅ。左は「明神ヶ岳95分」。道標は右に「塔ノ峰95分」なので「ここが明星ヶ岳?」と勘違いしそうです。(よく見ると手書きで明星ヶ岳右へ3分と加筆あり。)
尾根は広い防火帯。開放感があって気持ちいい。ザックを下ろして休憩しました。
【!】近くにアンテナ。ここまでケーブルが直線的に伸びていたのが気になっていたのですが、テレビ電波の受信用でしょうか?
明星ヶ岳 10分の休憩後、ザックを背負って先へ。チダケサシウツボグサなどの夏の花を見かけました。

10:50 明星ヶ岳(924m)は見落としそう。
コース脇に鳥居、石像を祭った祠(ほこら)、御嶽大神の石碑があります。ベンチや広場はありません。

この先は基本的に下りです。右に箱根山を見ながらしばらくは快適な防火帯下り。
石像1 11:01 三笠刀利天宮。どう読むのでしょう?

広かった道も少し細くなってきます。
石像2 11:07 地図によると御嶽山八海大頭羅神主。うーん、読めない・・・

先のP768を巻気味に進む辺りは、茂った篠竹で左右を見通すことができません。
団体さんとすれ違う 11:25 さらに下ると植林地。樹間から小田原方面と相模湾を垣間見ることができます。

やっぱり!十数人の団体さんとすれ違いました。
9時過ぎ、箱根湯本を発車したバスからガード下の一団を見かけました。
「おそらく塔ノ峰から明星ヶ岳。途中ですれ違いそうだな。」と思っていました。
汗をかきながら頑張って登る若い女の子たち。私は心の中で応援。
保全地域の看板 11:33 コースは「自然環境保全地域」の看板で右(南)に曲がります。
この先は短いけれど急な下り。滑りやすいので気を付けながら。
鉄塔 11:50 「仙石線6」の鉄塔基部。車の音が聞こえるので林道はすぐ下なのでしょう。
ここで昼食。伐採木に腰掛けてコンビニおにぎり2個を頬張りました。
今ごろ妻はお台場。おいしいランチを食べているのかな?
あらまぁ! 12:05 ザックの肩紐は塩のアート。2匹の白い猫?一反木綿?
まだ背中も汗で濡れているし・・・背負いたくないけど・・・エイ!

12:10 鉄塔からわずかに下ると舗装林道。道標「塔ノ峰30分」が指示する左へ林道歩き。
塔ノ峰へ 林道は小田原(南足柄も?)から宮城野への抜け道(近道?)なのかな?けっこう交通量が多かったですね。

12:22 林道から「塔ノ峰15分」へ。
いい感じ 12:25 塔ノ峰へはなだらかな登り。こんな道は大好き。
塔ノ峰 12:35 塔ノ峰(566m)の山頂は狭く、展望はありません。分岐点となっていて、塔之沢、箱根湯本に下ることもできます。
三等三角点を確認した後、「水之尾(みずのお)60分」へ直進しました。

見出し標の杭に誘われるように植林帯の下り。でも尾根道なので歩きやすい。
廃車が! ヒグラシが多かったですね。ブンブン飛び立つのでビックリします。

12:53 こんなところに廃車。なぜ?

13:08 下草の育った箇所や、クモの糸に注意して下ると林道に出ました。
右にしばし林道歩きです。
水場で休憩 13:20 日陰のない林道歩き10数分で車止めゲート。脇を抜けた左に塩ビパイプの取水口。水場かな?
冷たい水で汗だくの顔と腕を洗い、PETボトルに補給。ここでゆっくり休憩しました。

ゲート先は林道T字路。右に下るとすぐに上水之尾用水溜池
説明板を一読後、道なりに舗装林道(一部砂利あり)を進みました。
現在地を確認 道標がないので不安。いくつも農道が枝分かれするので心配になりますが、地図を確認しながら道なりに進みました。

13:58 右に開け、ターンパイクが見えます。送電線で現在地を確認しました。
見覚えのある「鈴廣かまぼこ」の看板・・・風祭駅です。ちょっと安心。
何の施設でしょ? 14:10 立派な建物は何でしょ?行ってみると「サンサンヒルズ小田原」とあります。帰宅後調べたら競輪関連の施設のようです。
その先は小田原厚木道路に続くように見えたので、引き返して手前の右に下る農道(?)へ進みました。
風祭駅 農道脇で汗だくのTシャツを着替えてさっぱり。
さらに下ると一般道に出て、角には妙覚寺。ビンゴ!風祭駅はもうすぐ!

14:30 風祭駅。お疲れさまでした。
でも、ここまで来たら近くの箱根ビール蔵で・・・たまらん!

◆おまけ

心はワクワク。もうすぐビール!冷たいビール!クーラーで冷えたお店でビール!ルンルン・・・
国道1号を横断してビール蔵にたどり着き、ドアを開けようとしたら「ん?」何か書いてある。「ただいま30分待ちです。」ガーン!
膝カックンで腰砕け。危うく倒れるところでした。どうする?朦朧とした意識で考えて・・・今日は帰ろう。
風祭駅に引き返し、車両1両分しかない短いホームで電車を待ちました。PETボトルに補給した湧き水を飲んでみたとです・・・ぬるくなっていたとです。

【移動】風祭14:45==(箱根登山電車・小田急線:180円)==14:52小田原15:02==(JR東海道本線:480円)==15:32辻堂

◆メモ

  • ヤブで厳しいと聞く白銀山と、その先に続く大観山〜鞍掛山は歩けるのかどうかも私は知りません。これらの区間を除けば、今回で箱根古期外輪山のほとんどを歩いたことになります。
  • 今回は塔ノ峰から小田原市水之尾に下りましたが、夏場は塔之沢あるいは箱根湯本に下って日帰り温泉で汗を流す方が良いでしょう。同じコースで歩いていたご夫婦ハイカーは「湯本に下って温泉」と言っていましたが、これが正解ですね。
  • この季節は熱中症にも気を付けなければいけませんね。蚊が苦手な方は虫除けスプレーも。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

  • 今のところ関連するページはありません。
トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system