■明神ヶ岳

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 明神ヶ岳 更新日:2008年08月23日

◆日付・天気

2000年09月22日(金曜日) 天気:晴れ

◆コース(所要時間:5時間5分)

【起点】最乗寺登山口10:40…(30分)…11:10見晴小屋11:15…(45分)…12:00水場(下)12:05…(40分)…12:45水場(上)12:50…(20分)…13:10明神ヶ岳お弁当ポイント[昼食]14:00…(1時間25分)…15:25宮城野登山口…(20分)…15:45宮城野BS【終点】
【注記】コース中にトイレはありません。出発前に最乗寺のトイレをお借りしましょう。

◆コメント

初めての明神ヶ岳でした。いきなりコースの入口が分からずウロウロしました。
ややハードなところもありますが、コースはしっかりしているので安心です。
山頂から富士山や箱根の山々を望むことができました。何度も登りたくなる山ですね。

◆アルバム

【移動】辻堂07:34==(JR東海道本線:480円)==08:06小田原08:24==(伊豆箱根鉄道・大雄山線:270円)==08:45大雄山
平日だったので通勤・通学の時間帯と重なり、大雄山線終点の小田原駅は列車到着で混雑していました。
小田原から大雄山へは方向が逆なので車内は空いていて助かりました。
大雄山駅 08:50 終点の大雄山駅
バスの発車まで時間があったので駅前を探検。
【参考】大雄山駅で以下のパンフレットが入手できました。とても役に立ちます。
南足柄ガイドマップ、南足柄(観光案内)、おだわら・大雄山線沿線案内
マサカリ担いで金太郎 駅の右横に「マサカリ担いだ金太郎。熊にまたがりお馬の稽古。」の歌詞通りの像があります。
妻は金太郎の真似をしているつもり。写真を写す方もけっこう恥ずかしい・・・(^_^*)
【移動】関本BS09:15==(伊豆箱根バス:260円)==09:25道了尊BSトイレあり
道了尊行きのバス便は2〜3本/1時間です。
静寂の参道 09:24 終点の道了尊BSから参道を進みます。
参道両脇は樹齢500年を越えるといわれる杉並木で、神奈川県の天然記念物に指定されているそうです。
ほの暗い静寂の中を進んでいきます。
最乗寺書院 09:32 最乗寺書院。静かなところですね。

休憩後、パンフレットの「大下駄の横から入る。」の場所を探して・・・
登山口はどいこ? 09:44 「大下駄はこちら」の看板に進むと確かに赤い大下駄が・・・でも、ハイキングコース入口がありません。
取り敢えず先に登ってみました。
奥の院まで行きましたが・・・ コース入口を探しながら、とうとう奥の院まで来てしまいました。
傷んだ「明神ヶ岳」の道標を見て、取り敢えず進んでみました。
そこそこの踏跡があったのですが、そのうち藪になり、道が分からず引き返しました。

10:24 残念、せっかく登った階段を下りました。
【反省】この頃は登山地図を持っていませんでした。ハイキングをナメていました。ごめんなさい。
【追記】2006年に奥の院から明神ヶ岳へ歩いてみました。明神ヶ岳
こんなところにコース入口が! 注意しながら引き返して、大下駄(下)を発見!
何のことはありません、本堂前の門を出たところにありました。
「明神ヶ岳ハイキングコース入口」の標識もあり、ホッ。
他にハイカーがいたら気付いたのでしょうが、平日ゆえ私たちだけ。Unlucky
初心者なので気を付けなければいけませんね。

10:40 1時間のタイムロスでしたが、気を取り直してスタート
疲れました 11:10頃 見晴小屋。5分ほど休憩。

見晴小屋を後にして、しばらく登ると妻は座り込んでしまいました。汗ダクです。
タイムロスを挽回しようと私が少しあせっていたようです。休みながら進みましょう。
気持ちの良い萱の道 11:50 (振り返って)気持ちの良いススキの道を進みます。
この辺り、錆びたリフトの支柱があります。昔、リゾート開発でもしようとしたのでしょうか?
水場(下) 12:00 水場(下)。ここが神明水。起点から1時間20分でした。
冷たい水で顔と手を洗い、喉を潤します。
水場(上) 12:45 さらに45分で水場(上)。ここが明神水かな?
冷たい水でタオルを濡らし、首に巻くと随分涼しくなります。
【注記】水が枯れることもあるようです。
明神ヶ岳 13:10 明神ヶ岳(1169m)に到着。コース入口から2時間30分でした。
西に富士山金時山が望めます。
今日のお弁当 やっとお弁当

食後に妻は原因不明のジンマシン
大したことはありませんでしたが、妻は萎えてしまいました。
φ(._.)memo 食後、几帳面(?)な私はメモ帳に記録。φ(._.)memo
ポケットサイズのメモ帳に時刻、料金、気付いたこと、感想などを記録します。後々とても役立ちます。
南に箱根の山 大涌谷神山駒ヶ岳方面。少し霞んできました。
山頂にある方位盤を見ると藤沢まで40kmとのこと。意外と近いね。

14:00 それでは下山
宮城野に下山 14:45 「↑明星ヶ岳/宮城野→」分岐付近。
当初は明星ヶ岳を回ろうと考えていたのですが、スタートでタイムロスし、ジンマシンも出てしまったので宮城野へ。
この先、急坂の下りでした。
宮城野側のコース案内図 15:25 宮城野側のコース入口にある案内図
この先は別荘の脇(少し暗い)を下り、やがて民家の舗装道になります。


15:45 宮城野BS。お疲れさまでした。

◆おまけ

9月も後半だというのに、とても暑い一日でした。汗をかいたので、日帰り温泉へ。
近くには宮城野温泉会館勘太郎の湯。ちょっと悩みましたが、今回は町営の温泉会館としました。
お風呂上りは・・・ビールでしょ! 16:40 お風呂上り。休憩所でビール。
入浴だけなら安いのですが、休憩所を使うと計1,000円でした。
入浴料:600円、休憩料:400円、ビール:@320円*2、ジュース:100円、足裏マッサージ:100円
【移動】温泉会館前BS17:20==(箱根登山バス:770円)==18:00小田原18:19==(JR東海道本線:480円)==18:55辻堂

◆メモ

  • 初めての明神ヶ岳。コース入口が分からず悩んでしまいました。事前の調査不足を反省しました。
  • 宮城野温泉会館は町営なので基本的には町民のための施設なのでしょう。共同浴場の雰囲気です。石鹸はありますが、シャンプーはありません。男湯の洗い場は内湯4箇所、外に1箇所でした。私たちが訪れた時は平日だったので空いていましたが、行楽シーズンの週末は大変かも?

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system