■推定平安鎌倉古道

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 推定平安鎌倉古道 更新日:2015年10月22日

◆日付・天気

2007年10月06日(土曜日) 天気:曇り・・・ところどころで富士山が見えるようですが、今回は残念。

◆コース(所要時間:4時間25分)

【起点】箱根エコパーキングトイレあり09:20…(5分)…09:25箱根旧街道入口…(30分)…09:55鎌倉古道入口…(30分)…10:25支線林道10:30…(40分)…11:10北箱根山林道[E]…(10分)…11:20扇平[F]11:30…(40分)…12:10諏訪神社…(30分[1])…12:40元山中関所跡…(45分)…13:25韮山辻…(20分[2])…13:45富士見台南BS【終点】 KML
【参考】[1] 関所跡への分岐で悩みました。 [2] 小沢分岐への道を見落としてコースを外れてしまいました。

◆コメント

「うなぎ食べたいね。」と妻。「されば箱根峠から推定平安鎌倉古道で三島に下ってみる?」と私。返事は「諾」。
8月に歩いた湯坂路と合わせれば、ほぼ「鎌倉古道で箱根越え」です。(芦之湯〜箱根峠が抜け)
気軽に歩き始めたものの、途中で何度も悩みました。道標がなくなった個所もあるので注意が必要です。登山地図に加えて以下の資料もプリントアウトして持参する方が良いでしょう。

◆アルバム

日の出 05:43 東の空はに染まり、日の出。綺麗だね。
月曜日の体育の日と共に3連休の土曜日。晴れるかな?富士山は見えるかな?
【移動】辻堂07:01==(JR東海道本線・熱海乗換え:1,110円)==08:18三島08:30==(沼津登山東海バス:820円)==09:06芦ノ湖カントリー入口BS
三島駅を発車したバスは三嶋大社を過ぎ、松並木の錦田一里塚、富士見平ドライブイン、山中城跡・・・と坂を上っていきます。
4年前に歩いた箱根旧街道・西坂(三島夢街道)を思い出して、懐かしい。
芦ノ湖カントリー入口BS 09:06 最寄の芦ノ湖カントリー入口BSで下車。左に峠茶屋
バス進行方向の大きな「←芦ノ湖カントリークラブ芦ノ湖高原別荘地入口」が指示する字路を左でOKですが・・・
ハコPを出発 私たちは先に隣接する箱根エコパーキングへ。トイレと東屋、短いけど遊歩道もあります。

09:20 では、出発
道標「箱根旧街道入口」に従って、舗装道はゆるやかな上り坂。
箱根旧街道(西坂)入口 09:25 やがて「箱根旧街道入口」。
「←是より京都百里/是より江戸二十五里↓」の石碑が立ちます。
入れば旧街道西坂(三島夢街道)ですが、分けて先へ。
芦ノ湖CC 路傍にはマツムシソウなどの秋の花。

09:38 さらに上ると、正面にゴルフ場のクラブハウス(浴場かな?)。
先の台風の影響か、斜面は崩壊してブルーシートで覆われていました。
【参考】観光協会紹介マップでは左のようにも見えますが、案内標「鎌倉古道↑」に従って直進です。
鎌倉古道入口 すぐに「←高原別荘地/カントリークラブ→」のY字路
左に進み、高原別荘地の管理事務所を過ぎて下り坂。

09:55 「推定平安鎌倉古道」の石碑が立つ、控え目な「鎌倉古道入口」。見落とさないでね。
どっち? 送電鉄塔の脇を通過し、植林を下ると・・・

10:00 ん?どっち?
道標は「↑元山中/箱根海の平↓」。下の道を指しているようですが、荒れて倒木に躊躇。
上にもしっかりした踏跡。白い荷造りテープに誘われて上の道へ。
【注】山と高原地図2006年版では直進赤破線と南の赤実線に分かれています。「ここかな?」と判断しましたが、よく分かりません。
また、赤実線は支線林道を示しているようにも見えますが、これも不明です。
強引に枯れ沢渡り 小尾根を15分ほど下ったところで踏跡が消えて・・・ハテ?
下を見ると林道っぽい。思案。

10:18 右の枯れ沢に強引に下り、沢を下るも倒木多く無理。

こんな時は・・・沢の対岸に登り返すと、Good!コースに戻りました。ふぅ。
支線林道 10:25 砂利林道交差点。少し休憩。
林道?観光協会紹介マップにも、山と高原地図にも記載なし。
林道を少し歩いて見通しの利く場所を探しましたが・・・ここはどこ?

10:30 コースに戻ったことだし、詮索は帰宅後。されば向かいの階段へ。
【参考】この林道は北箱根山林道の支線のようです。扇平の上部を起点に別荘地の下まで、ハイキングコースと離れず続きます。
すごいファッションセンス! 植林の先で林道沿いの道、そしてまた植林地。

コース脇に咲くホトトギス。派手だね。

10:42 進むと再び林道交差点。 横断して先へ。
PointZ 10:47 傷んだ標識「平安鎌倉古道コース・Z」。
観光協会紹介マップに記載の[Z]ポイントですね。
ほとんどが植樹林 10:48 植林の下り。このあたりは歩きやすいけど・・・
大きく掘れている 11:55 掘れて歩きにくい個所もあります。
不思議なのが導水管。埋設された直径10cmほどのパイプがところどころでむき出しになっていました。何?

11:05 この深さと幅は何でしょう?流出だけでこんなに掘れるのかな?
北箱根山林道に合流 11:10 朽ち倒れた木製ゲートを抜けると舗装林道に合流。
名は北箱根山林道。三島市・山中城跡付近から御殿場市まで芦ノ湖西側外輪山の中腹をつないでいます。

横断すると「復元された平安・鎌倉古道」の解説板と、「扇平コース・E」の標識。
桜の名所・扇平 11:20 桜の林の明るいこの一帯が扇平
ここに「扇平コース・F」の標識と「↑元山中/箱根↓」の道標。
左にも道。進んでみましたが、この季節はまだ下草深く、クモの巣だらけ。
引き返して休憩。柿ピーをポリポリ。

11:30 引き続き「元山中」へ。
厄介な個所もある 11:35 笹が茂り、ところどころヤブ状態。そしてクモの巣。

やがて左下に舗装道を垣間見るようになり・・・
グランフィールズCC外周道 12:00 ゴルフ場、グランフィールズCCの外周道に合流。
マップでは場内に入るようですが、入口には車止めの鎖と木製ゲート、そして電気柵も。道標も微妙な角度。
電気柵をまたいで入り、中をうかがうと右に土留め階段。これですね。
でも、クモの巣攻撃にあいそうなので・・・手抜きで舗装道下り。
石段を登ると諏訪神社 右に石段。台風の影響か、枝葉が積もっていたので慎重に。

12:10 ひと登りで諏訪神社。往時も旅の安全を祈ったのでしょうか?

引き返して舗装道。ゴルフ場内の山道もあるようですが、電気柵を見てパス。
山神社 12:18 舗装道を下ると山神社(やまじんじゃ)。
【学ぶ】「御祭神・大山祇命(おおやまずみのみこと)は山を司る神と仰がれ山林農耕殖産の御神徳がある」とのこと。
富士山は見えなかった
12:21 下ると右に開けて愛鷹(あしたか)連山。富士山は雲の中。
次に元山中関所跡を目指しましたが、迷いました。
すぐに「ここかな?」の┤字路。でも、手前に「指導標」がなかったので、そのまま下ってしまいました。
沼津アルプスと駿河湾
12:23 農地が広がり、正面(南)の山並みは沼津アルプスのようです。
やがて送電線直下。「変・・・おかしい・・・」 残念!引き返し
【参考】観光協会紹介マップ内「元山中詳細図」の「指導標」はありませんでした。現在は、その位置にNTT無線局の鉄塔が立っています。
石碑だけの関所跡 12:40 石碑だけの元山中関所跡
登山地図だけでたどり着つくのは困難かな?
ビニールハウス資材と並ぶ姿は哀れ。
十字路を西へ 12:45 観光協会紹介マップで「指導標(柱のみ)」の┼字路
コースを示すものは何もありませんでしたが、右(西)へ。
【参考】登山地図だけでは悩むかも?

この先は少し寂しい農道下り
北駿線・送電鉄塔を右に見て過ぎ(12:53)、時に竹林
左に青少年小沢の里への道を分けたら(13:03)、畑ではソバの花。
大きな陸橋 13:10 送電線の下を通過して・・・

13:25 やがて大きな陸橋。下の道路は未開通のようでした。
渡った先が韮山辻で、左に下れば小沢(こざわ)分岐のようですが、気付かず直進してしまいました。
ちょうどバスが来た! 「おかしい・・・」一旦は引き返したものの、コース復帰を断念

13:45 道なりに下り、配水場の先がバス通りでした。
富士見台南BSの時刻表を確認していたらバスが到着!
お腹も減ったし・・・乗っちゃえ!(軟弱?) お疲れさまでした。
【移動】富士見台南BS13:46==(伊豆箱根バス:220円)==13:58三島駅 バス便は1時間に2〜3本でした。

◆おまけ

情報収集のため、三島駅前の観光案内所でリーフレットを入手。遅くなったけど、これから昼食。お目当てのうなぎ屋へ。
おいしそう!!! 14:25 駅から10分ほどで三島広小路駅近くの桜家。この時間でも客は多いね。

腹ヘリコプター、いただきまーす!
【料金】うな重(2枚):2,310円、ビール:680円、うなぎ焼売:840円(老舗ゆえか、料金はお高め。)
【移動】三島15:37==(JR東海道本線・熱海と平塚で乗換え:1,110円)==16:49辻堂
ゴトンゴトン・・・この揺れが気持ちいいんだなぁ・・・

◆メモ

  • 他のハイカーには出会いませんでした。少しマイナーなようです。
  • 古道・別荘地口から下ったところで見た白い荷造りテープは何だったのでしょう?誘われて小尾根を下ってしまいましたが・・・

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

  • 今のところ関連するページはありません。
トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system