■丸岳・芦ノ湖展望公園

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 丸岳・芦ノ湖展望公園 更新日:2011年01月17日

◆日付・天気

2011年01月09日(日曜日) 天気:晴れ・・・風が強かったものの、好天に恵まれました。

◆コース(所要時間:6時間5分)

【起点】仙石BS08:35…(5分)…08:40金時登山口BSトイレあり08:50…(20分)…09:10乙女口…(55分)…10:05乙女峠10:10…(45分)…10:55丸岳お弁当ポイント[昼食]11:35…(35分)…12:10長尾峠…(1時間)…13:10富士見ヶ丘公園お弁当ポイント13:20…(15分)…13:35芦ノ湖展望公園お弁当ポイント13:50…(25分)…14:15湖尻水門14:25…(15分トイレあり[1])…14:40桃源台トイレあり【終点】 KML
【参考】[1] 芦ノ湖キャンプ村にトイレがあります。

◆コメント

箱根外輪山の金時山は人気の山ですが、休日は人が多く、混雑するのが難点。丸岳(まるだけ)は静かなので、お勧めです。
山頂からは神山・芦ノ湖・外輪山のパノラマが絶景です。同時に富士山が望めないのは残念ですが、手前(北側)から無線中継所に下れば雄大な富士山が望めます。
このコースは展望の良いポイントが多いので、澄んだ日に訪れると良いでしょう。但し、積雪時は滑りやすく、思ったより時間がかかるのでご注意を。

◆アルバム

【移動】辻堂07:09==(JR東海道本線:480円)==07:42小田原07:50==(箱根登山バス:970円)==08:32仙石BS
最寄は乙女口BSですが、バス便が極少なので仙石BSを起点にしました。めずらしく渋滞はなく(失礼な!)、スイスイ。出だしは上々!
金時登山口BS 08:35 身支度は後ほど。仙石BS出発!国道138号を進行方向(北西)へ。

08:40 やがてラーメン店・蔵一がある金時登山口BS
トイレがあるので、ここで身支度してストレッチ。

08:50 右に金時山登山口(矢倉沢口)を分けて、続行!
乙女口の案内図 08:58 公時神社入口(バス停あり)。今回は神社には立ち寄らず、先へ。
【注記】この先、歩道がない箇所があるので車に注意が必要です。

09:10 乙女口BSの少し先が登山口。地蔵と「ハイキングコース案内図」が目印。
「乙女峠40分→」に従って、階段へ。
植林地を登る やがてコースは左に折れて・・・

09:20 植林地の登りに変わります。
ロープが付いているので、沿って登れば迷うことはありません。
ガレ 09:30 国道の脇に出て、乙女トンネル付近からは涸れ沢のようなガレた道。
足元に気を付けてね。
石積みがある 09:40 やがてジグザグ登り。
石積で補強された古道。かつては箱根〜御殿場の生活道として機能していたのでしょう。
今じゃ車でブロロ〜ン。トンネルを抜ければ、アッと言う間に静岡県。

樹間から後方に大涌谷、神山を見ながらコツコツ登ると・・・
乙女峠 10:05 県境の峠、乙女峠(1005m)。茶屋がありますが、冬期は休業のようです。
交差点になっていて「←長尾峠60分・丸岳35分/↑御殿場方面バス停30分/仙石原方面バス停30分↓/金時山5?分→」。
【学ぶ】昔、仙石原の娘が父親の病気を治そうと、峠の先の地蔵堂に日参し、満願の日に父親の病気は治りましたが、彼女は雪に埋もれて死んでしまった、と伝えられています。 -箱根町-
青空に富士山 富士山の展望で有名で、この日は最高の眺め!
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
大きな画像で見る山頂拡大画像を見る

10:10 いつもは賑わう峠ですが、誰にも出会いませんでした。はて?
展望を楽しんだら県境尾根を「丸岳35分」へ。
気持ちよい尾根 掘れて窪んだコースには一部、が残ってバリバリでした。

10:20 やがてなだらかな尾根。気持ちいいね!

冬枯れで葉を落とした木々の枝越しに、後方に長尾山・金時山、右に富士山を見ながら進みます。
凍結箇所は慎重に 小さなピークをひとつふたつ越えます。北斜面は雪が凍っていたので慎重に。

鞍部から登り返した丸岳の手前で・・・
山頂北の広場からの展望
10:50 右に入ると小広く刈られた広場があり、富士山愛鷹山塊が望めます。人数が多い場合は昼食場所に良いでしょう。
無線中継所に続く林道終点に降り立つと、富士山が裾野まで広がります。大きな画像で見る富士山を見る、 富士山(拡大)を見る
展望を楽しんだら、引き返してすぐ先の丸岳へ。
丸岳から箱根・芦ノ湖を見る
10:55 丸岳(まるだけ。1156m)。ベンチがふたつ。東〜南が開けて好展望です。大きな画像で見る
無線中継塔と富士山 ベンチから富士山は見えませんが、無線中継所方向に進めば見えます。

今日は誰もいないね。静かな山頂。途中で私たちを追い越した女性ハイカーひとりと出会っただけ。
昼食 ベンチで昼食。今日はカップ麺だよ。
山頂は強風で寒い!風よけを立ててバーナーを使用。お湯を持ってきたからすぐ沸きます。
寒い時は温かい食事はうれしい。フーフー、ズルルル。

食べ終わった頃、同じく乙女峠方向から登ってきた男性ひとり。
あいさつを交わした後、寒かったからでしょうか、ひと休みしただけで下山していきました。
外輪山を見て下る 11:35 強風ゆえ、じっとしていると体が冷えます。荷をまとめて「長尾峠25分↑」に下山

左に箱根、右に愛鷹山塊を見ながらグングン下り・・・

前方には外輪山のP1044.9芦ノ湖展望公園のあるピーク。これから行くから待っててね。
富士見台 霜柱がとけてぬかるんだ箇所は慎重に。滑って転んだら悲惨です。

やや急坂で、土砂が流出してコンクリート基部が浮いた鉄製の手すりを見ました。
登山道の整備は大変です。大切に歩きましょうね。やがて・・・

11:55 「富士山と芦ノ湖が見えるのはここだけ」と自慢げな「富士見台」展望台。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
潅木帯を下る なだらかな尾根道。振り返ると丸岳の無線中継所。小さくなったね。
葉を落とした潅木と、笹の中を下っていくと・・・
長尾峠 12:10 長尾峠。道標は「←仙石原80分/乙女峠60分・丸岳35分↓/湖尻峠90分↑」
かつて林道からここに復帰したことを思い出します。

樹林帯のなだらかな小ピークで、右に駐車場への分岐を分けて下ると・・・
箱根スカイラインに出た 12:25 箱根スカイライン料金所の近くに出ます。富士山がきれいだね。

展望を楽しんだら先へ。ここからはP1044.9への登り返しです。
県境の尾根道 北斜面はバリバリ
県境の標石には赤い「境界見出標」の目印。標石が雪で埋もれると、つまずいて危険だからね。

樹林帯の中、何度か「ここがP1044.9かな?」と思わせぶりな肩を越えて登ると・・・
P1044.9を越える 12:47 三角点のあるP1044.9

越えて下ると、やがて右が開けて三島・沼津の市街と駿河湾、愛鷹山塊、富士山の展望

12:58 さらに下ると再び箱根スカイライン。
富士見ヶ丘公園 13:03 スカイラインから登り返したところが「富士見ヶ丘公園(北側)」(表示は1015m。地形図では1000m圏)。
小さめの広場で、木や笹がやや展望を妨げます。もう少し進むと・・・

13:10 「富士見ヶ丘公園(南側)」(1022m)。富士山が雄大で、記念撮影には最適!
駐車スペースがあるので、車でも立ち寄ることができます。
富士見ヶ丘公園から箱根を見る
公園から見た箱根外輪山。丸岳が遠くなったね。金時山と明神ヶ岳の間には丹沢・大山も見えます。大きな画像で見る

13:20 十分に展望を楽しんだら、出発!

13:25 P1063。
越えて下ると正面に薄っすら雪化粧(凍ってる)の冠ヶ岳と神山。やや急な坂を下り、登り返したら・・・
湖尻水門分岐 13:34 湖尻水門分岐。道標は「←湖尻水門20分/↓長尾峠60分/深良水門40分・湖尻峠25分↑」
湖尻水門に下る前に、ぜひ展望の良い芦ノ湖展望公園に寄ってみましょう。直進したすぐ先です。
【望み】ここの道標に「芦ノ湖展望公園すぐ先」も示してくれたら、うれしいな・・・
箱根芦ノ湖展望公園 13:35 箱根スカイライン(駐車場有り)に面した園地が「箱根芦ノ湖展望公園(1005m)」。
ベンチがあるので休憩に最適。
パノラマが広がり、西の静岡県側には富士山(右裾が少し隠れる)と愛鷹山塊
箱根側のパノラマ
東の神奈川県側は芦ノ湖神山、さらに箱根外輪山
私:「芦ノ湖も、あの山もその山も・・・歩いた記憶がよみがえるね。」 妻:「あら、そう?」 私:「・・・」
ひと下りして桃源台まで歩けば今回の山歩きは終わり。もうひと頑張りだよ。大きな画像で見る
笹が茂る 13:50 展望を堪能したら下山
分岐まで戻り、「湖尻水門20分→」へ。尾根をジグザグに下ります。

箱根らしい高い笹に遮られて展望は不良。
それでも、ひとつふたつ芦ノ湖を望むポイントがあります。
【参考】水切り整備用の資材が荷揚げされて置かれていました。ご苦労さまです。
湖尻水門から丸岳を見る 14:15 車道(芦ノ湖スカイライン)に降り立ったところが湖尻水門の登山口。ゴルフ場入口の横です。
横断歩道を渡った先のベンチで休憩しながら帰り支度。
丸岳が遠くなったね。あらまぁ、靴底は泥んこだ!
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

14:25 出発!あとは桃源台まで平地歩き。もう安心(たぶん)。
桃源台に向かう 湖尻水門を渡り、芦ノ湖キャンプ村へ。
バンガロー並ぶ砂利道を進んでいたら数羽の鳥。はて?よく見たらガビチョウ。土をほじって餌を探していました。

14:40 桃源台。お疲れさまでした。
【移動】桃源台15:00==(箱根登山バス:1020円)==16:03[2]箱根湯本16:08==(箱根登山電車・小田急線:300円)==16:23小田原16:37==(JR東海道本線:480円)==17:13辻堂
[2] いつものことながら(失礼な!)箱根湯本手前で渋滞し、到着が20分近く遅れました。

◆メモ

  • 前回(2004年)、乙女口の登山口は工事中でしたが、経路を少し付け替えたようです。(記憶違いかも?)
    また、乙女峠〜丸岳間は笹が茂って一部はヤブ状態でしたが、よく整備されていました。感謝。
  • 帰宅後に確認したら、丸岳無線中継所のパラボラアンテナの数が2004年時点よりも少なくなっていました。はて?

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system