■真鶴半島

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 真鶴半島 更新日:2008年10月04日

◆日付・天気

2008年09月23日(火曜日;秋分の日) 天気:晴れ・・・気温が上がり、汗ばみました。

◆コース(所要時間:4時間30分)

【起点】真鶴駅08:00…(5分)…08:05荒井城址公園トイレありお弁当ポイント08:20…(35分)…08:55お林展望公園トイレありお弁当ポイント09:15…(25分トイレあり[1])…09:40番場浦…(20分お弁当ポイント)…10:00ケープ真鶴トイレあり10:10…(25分)…10:35琴ヶ浜…(10分)…10:45貴船神社トイレあり[2]10:55…(5分)…11:00魚市場・魚座[昼食]トイレあり12:00…(20分)…12:20情報センタートイレあり12:25…(5分)…12:30真鶴駅【終点】 KML
【参考】[1] 石の広場、[2] 神社下の観光協会にトイレあり。

◆コメント

公園でのんびり。豊かな緑の遊歩道を歩いたのち、海岸で磯遊び。さらに、昼食はおいしい魚料理(贅沢!)。おすすめの半島めぐりです。
お食事処はいろいろあります。もちろん、お弁当を持参して海岸で食べても、おいしいでしょう。
今回は「めぐり歩いた後、食べて帰る」でしたが、「食べた後、めぐり歩く」など、バリエーションはいろいろあります。
一般車道を歩く時間は長めですが、交通量は多くはないので、特に緊張する箇所はないと思います。

◆アルバム

【移動】辻堂07:01==(JR東海道本線:740円)==07:48真鶴 私の最寄り駅からは、乗換えがないので楽チンでした。
真鶴駅を出発 真鶴駅の左手に観光協会案内所。でも、この時刻では閉まっていました。
「真鶴散歩」や「真鶴旅手帳」などのリーフレットが入手できれば、便利なのですが・・・

08:00 では出発!(写真は振り返って見た真鶴駅)
正面のバス通りではなく、1本右の道へ。「荒井城址公園↑」の案内に従います。
荒井城址公園へ 3分ほどで公園の入口。階段を上ると・・・
静かな公園 08:05 荒井城址公園
「後三年の役(1083年)に源義家に従って活躍した荒井実継の居城跡」とのこと。
竹林から上に進んだら・・・
岩戸山、城山を見る
あら?公園の外に出てしまいました。ちょうど空き地から東側が開けて、熱海湯河原の山。そして吉浜海岸。
もう、湯河原町との町境なんだね。
左上に細道が続いていましたが・・・よく分からないので・・・こんな時は引き返し!
幕山、南郷山を見る
08:20 公園の東口から出たら開けました。ARSRの丸いレドームや、美化センターの煙突も。
なるほど、幕山や南郷山、星ヶ山公園から真鶴半島がよく見える訳だね。
そのまま下ってバス通りに出たら、この先はしばらくバス通り歩き。歩道はないけれど、カッ飛ぶ大型車はいないので大丈夫。
【参考】公園を出て釈迦堂前BSに下りましたが、尻掛入口BS方向に進む道があったようです。知りませんでした。
旅館・活魚料理まるなか 08:38 魚料理で有名な食事処、まるなか
前回(2002年)は今回と逆コース。ここで昼食にしました。
あの時は・・・行列して待ち、料理が運ばれてくるまで・・・計1時間ぐらいかかったね。(たまたまかも知れません)
お林展望公園 08:55 やがてお林展望公園
かつてのサボテンランドは2004年に撤退し、2005年に新しく公園として開園しました。
芝生のコミュニティー広場から先に進むと・・・
展望小公園の花壇 展望小公園。先端から左に三ツ石が見えます。
引き返して・・・

09:15 公園を出て、引き続きバス通りを進むと・・・
中川一政美術館 すぐに中川一政美術館。右に見て通過したその先が・・・
石の広場 09:17 「お林遊歩道入口」がある┣字路。
左側が「石の広場」で、北方向が開けます。
丹沢・大山が望めるようですが、この日はボンヤリ。はっきりしませんでした。

近くの案内板で遊歩道の確認をしたら、道標に従って Let's go !
お林遊歩道 緩やかな階段登り。

のち、すぐに「←灯明山・琴ヶ浜/↑野鳥観察小屋/番場浦・亀ヶ崎」の十字分岐
前後の遊歩道が「お林遊歩道」、左右が「森林浴遊歩道」のようです。
ここでは右の「番場浦」へ。
森林浴遊歩道 一帯は「魚つき保安林」とのこと。
豊かな森林が、よい漁場になると考えられて、大切に守られています。
番場浦遊歩道 09:30 車道に出たら少し左へ(正面の踏跡は×)。この先が「番場浦遊歩道」です。

林相が少し変わったね。でも、クモの巣に要注意。ウッ!
駐車場から潮騒遊歩道へ 道標はなかったようですが、右下の駐車場へ。

道路端に石の道標。ここからが「潮騒遊歩道」。
階段を下ると・・・
番場浦海岸
09:40 番場浦(ばんばうら)海岸。磯遊びを楽しむ子供たちを見かけました。
この先は海岸沿いの道。足元ではフナムシが逃げ回ります。
三ツ石が近い 三ツ石(正式名は笠島とのこと)が近くなりました。

やがて先端。干潮時は三ツ石まで歩いて行けますが、今は無理。
砂地で咲いていたのはママコノシリヌグイ。強いんだね。
台場跡 階段をひと上りしたら「幕末の台場の遺跡」。NHKドラマ「篤姫」が身近になった・・・かな?
【学ぶ】江戸末期、幕府の「外国船打ち払い令」で小田原藩が築いた砲台5箇所のうちのひとつ。現在は台座の石材がわずかに残るだけ。

10:00 目の前の建物がケープ真鶴。おみやげ売店と食堂あり。
売店を冷やかしながら、休憩。
ケープ真鶴を出発 10:10 ケープ真鶴をあとにして(振り返って撮影) Go ! 再び車道歩き。

10:15 駐車場のY字路(トイレあり)。「お林遊歩道」にも進めますが、今回はパス。
岬入口BS 引き続き車道歩き。
「森林浴遊歩道入口」(2箇所)と小さな神社を左に見て通過したら・・・

10:25 岬入口BSがある┳字路
大きな案内板を確認して、右の「真鶴港(魚座)」へ。
豊かな緑 車道歩きだけど、緑は豊かで森林浴
でも、車には気を付けてね。
琴ヶ浜に下る やがてS字カーブの下り。琴ヶ浜が見えてきます。

10:35 琴ヶ浜の防潮堤の海側には遊歩道があるので、そちらの方が安全です。
海ではスキューバダイビングや磯遊びを楽しむ人たち。
貴船神社 海岸遊歩道の終点で車道に戻ると、右に日産マリーナ。その少し先が・・・

10:45 貴船神社(きぶねじんじゃ)。そばに観光協会(トイレあり)があります。
112段(?)の石段を上ると、左に神輿(みこし)舎。貴船まつりの神輿でしょう。
参詣後、引き返し。
魚座・刺身定食 11:00 バス通りを5分ぐらいで魚市場。2階が町営の食事処・魚座(さかなざ)
11時開店。ぴったりだね。

私たちは刺身定食(1,890円)。待つこと20分。妻の目は異様に輝いて、「いただきまーす!」

12:00 あとはのんびり真鶴駅に向かうだけ。出発!
鵐の窟 魚市場のすぐ先が「鵐の窟(しとどのいわや)」。かつては広い空間だったようです。
【学ぶ】伊豆に流されていた源頼朝は、1180年挙兵するも石橋山の合戦で大敗。落ち延びる途中、この巌窟に逃げ隠れたと言われる。

でも・・・となりの湯河原町の「しとどの窟」の方が有名だね。(失礼な!)
情報センター真鶴 真鶴港を右に見ながら進むと、やがて上り坂

12:20 情報センター真鶴。立ち寄ってみました。
観光案内やウォーキングマップのリーフレットが入手できます。

12:30 真鶴駅。情報センター真鶴から5分ほどでした。お疲れさまでした。
【移動】真鶴12:36==(JR東海道本線:740円)==13:21辻堂 ずいぶん早い帰宅だね。

◆メモ

  • 要所に案内板が設置されています。全体図と現在地詳細図の両方が表示されているので、分かりやすいですね。
  • 魚座は開店後、しばらくして満席。外は行列でした。町営だから?ずいぶん繁盛しているけど、民業圧迫?(失礼な!)

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

  • 今のところ関連するページはありません。
トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system