■舞岡ふるさとの森・舞岡公園

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 舞岡ふるさとの森・舞岡公園 更新日:2011年12月11日

◆日付・天気

2011年12月04日(日曜日) 天気:快晴・・・雲ひとつない、真っ青な空でした。

◆コース(所要時間:3時間35分)

【起点】道岐橋BS09:55…(15分)…10:10ふるさとの森・四阿お弁当ポイント…(20分)…10:30舞岡公園トイレありお弁当ポイント[1]くぬぎ休憩所...瓜久保の池...瓜久保の家...みずき休憩所...狐久保...中丸の丘[昼食]...松原越休憩所...小谷戸の里古民家)...ねむのき休憩所...さくら休憩所...おおなばの丘)12:55…(10分)…13:05赤坂公園前交差点…(25分)…13:30本郷台駅【終点】 KML
【参考】[1] 舞岡公園内のトイレは4箇所。お弁当場所は豊富です。

◆コメント

舞岡ふるさと村は農業の振興を図るとともに、自然・農業・農村文化に親しむ場として整備・保存されています。
舞岡駅(道岐橋BS)を起点にふるさとの森から舞岡公園へ。舞岡公園は田んぼや雑木林、古民家があり、自然豊かな谷戸の姿を残しています。
小川アメニティを歩いて舞岡駅に戻ってもよいのですが、今回は本郷台駅に向かいました。

◆アルバム

【移動】辻堂09:23==(JR東海道本線:230円)==09:37戸塚09:45==(江ノ電バス:210円)==09:52道岐橋BS
【参考】ふるさとの森コースの最寄はひとつ手前の熊の堂BSですが、横浜市営地下鉄・舞岡駅にある道岐橋BSを起点にしました。どちらでも大差はありません。
道岐橋交差点 09:55 道岐橋BSを出発。戸塚駅方向にわずかに引き返すと・・・

道岐橋交差点
左(南)は舞岡公園に続く散策道・小川アメニティですが、ふるさとの森へはもう少し戸塚駅方向へ。
ふるさとの森へ 数分で「←舞岡ふるさとの森/舞岡駅↓」の道標。ここから入ります。
四阿 要所にある道標に従って進むと、やがて階段。そして雑木林のふるさとの森散策路
散策やバードウォッチングを楽しむ人たちに出会いながら進むと・・・

10:10 立派な四阿(あずまや)。楽ちんコースですが、一息入れて水分補給。
富士山を見る 10:15 四阿の先で右(西)が開けて冠雪の富士山。そして左に金時山と右に大山。
畑ではサツマイモの収穫中でした。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

いくつか分岐がありますが道標に従います。
舞岡公園 10:25 「←ふれあい広場」の分岐。下ればトイレと休憩舎がある広場ですが、今回はパスして「舞岡公園↑」へ。

10:30 標柱と案内図。ここからが舞岡公園。左の「くぬぎ休憩所・前田の丘」に下りました。
【参考】「瓜久保」へはもう一つ先で左に下ります。
くぬぎ休憩所 落ち葉が積もったくぬぎ休憩所。下ると前田の丘です。
公園内はご自由に散策されるとよいでしょう。
公園散策 私たちは「瓜久保・カッパ池→」へ。
カッパ池 10:40 瓜久保の池。通称、カッパ池
2匹のカッパが相撲の勝負。大相撲なら水入りでしょうが、この2匹はもう何年間も延々とこの姿勢のまま。
瓜久保の家 古き日本家屋が懐かしい瓜久保の家。現在は休憩舎として使われます。
【参考】公園マップが入手できるのですが、この時は空っぽ。はて?
関連サイト」のリンク「舞岡公園 小谷戸の里」内に印刷用PDFマップがあります。
みずき休憩所 明るい広場のみずき休憩所。ベンチがあります。
空は抜けるように真っ青。太陽の光はとても暖かい。気持ちいいね。
狐久保 狐久保。奥まで進むと2匹のキツネが迎えてくれます。
人馴れしているので逃げたりしません。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
中丸の丘 11:05 小高く開けた中丸の丘
ベンチで居眠りしている青年がいましたが、気持ちは分かるね。
昼食 11:15 ここのベンチで昼食
保温ボトルで持ってきたお湯で味噌汁完成。いただきまーす!
おにぎりと適当に作ったおかずだけだけど、外で食べるとおいしいね。
そして陽の光は暖かい。太陽ってすごいね。

11:45 のんびりくつろいだのち、出発!
松原越休憩所 落葉して明るくなった松原越休憩所
下ったところが公園のメインストリート。
田んぼ さくらなみ池の付近は田んぼ。こちらは収穫を終え、わらが残されている田。
田打ち(田起こし)をしている田んぼもありました。
きざはし池 池と言うより湿地のきざはし池
三脚と大きなズームレンズを付けたバーダー(野鳥観察者)が何人もいます。対象は何でしょ?
以前、アオシギを見かけましたが、双眼鏡で探すも・・・何もいませんでした。

ちなみに、さくらなみ池でカメラを構えるバーダーの対象はカワセミです。
紅葉 水車小屋のカエデ。日の光を浴びて輝いていました。
手作りぞうり 12:00 炭焼き小屋や古民家がある小谷戸(こやと)の里
事務所があり、季節の行事や農業文化の体験などの催しを行っています。

手作り品を無人販売している「舞・小谷戸屋」。写真は「特製ぞうり500円」。
古民家 カヤ葺き屋根の古民家。明治後期の旧金子家住宅主屋が移築復元されたもの、とのこと。
中に入ると、まさにタイムスリップ!したようです。

昔の遊び道具も人気で、子供たちはうれしそう。
妻は竹馬に挑戦。でも、腰が引けて立つこと能わず。
私もやりたかったけど「身長160cm以下」の制限ゆえ断念。
マユミ 園内でよく見かけるマユミ
果実は熟すと淡紅色の果皮が割れ、赤い種子がかわいらしい。
ねむのき休憩所 小広いねむのき休憩所
「ねぇ、どれがネムノキ?」と妻。
確かに。夏、田んぼの脇で咲いていましたが・・・
ガマズミ 赤く熟したガマズミの果実。
「甘酸っぱい」と言われますが、甘みはほとんどなく、小さい実のほとんどが種です。
さくら休憩所 南の丘(旧・谷戸見の丘)は「移植したスダジイの養生のため当面の間立ち入り禁止」でした。
スダジイは見事な大木。都市計画道路の建設工事で引越しとなりましたが、シンボルツリーは健在でした。

12:35 南門を出たところがさくら休憩所。落ち葉のベンチで15分ほど休憩。
おおなばの丘 12:50 道路を横断しておおなばの丘。写真はえのき休憩所
この先、けやき広場〜もみじ休憩所〜ばらまるの丘〜小川アメニティ〜舞岡駅でもよかったのですが・・・

12:55 歩いたことがない本郷台駅へ!出発!
道標「本郷台方面」に階段を下り、車道へ。向かいの上り階段はこぶし広場への道。
車道は歩道がないので右に下る階段の細道へ。
Y字路 13:00 下りきったところがY字路。バスの転回所あり。
さて?どちらでもよさそうでしたが、駅に近道と思われた左(地球市民かながわプラザ方面)へ。

13:05 「赤坂公園前」交差点。ここで悩みました。持ってきたのは地形図のコピー。でも実際と違う!
しばらく考えて合点。新しく接続した都市計画道路が地形図に反映されていないのが原因。
地球市民かながわプラザ 「飛石」交差点の先で環状3号の高架橋をくぐって進み・・・

13:27 根岸線をくぐった先の円形の妙な建物が「神奈川県立地球市民かながわプラザ(アースプラザ)」。何でしょ?

13:30 本郷台駅。お疲れさまでした。
【移動】本郷台13:40==(JR根岸線)==13:44大船13:48==(JR東海道本線:230円)==13:56辻堂

◆メモ

  • 桜咲く頃に訪れてみるのも良いでしょう。ふるさとの森や舞岡公園内には立派な桜が数多くあります。
  • 今回はバードウォッチングを副目的に出かけましたが、残念ながら見かけたのはヒヨドリぐらいでした。残念。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system