■経ヶ岳

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 経ヶ岳 更新日:2013年12月15日

◆日付・天気

2013年01月27日(日曜日) 天気:快晴・・・空は真っ青でした。

◆コース(所要時間:5時間10分)

【起点】土山峠BS08:40…(15分)…08:55坂尻分岐09:00…(50分)…09:50仏果山/半原越分岐…(30分)…10:20半原越10:25…(15分)…10:40展望所お弁当ポイント10:45…(20分)…11:05経ヶ岳お弁当ポイント[昼食]11:45…(40分)…12:25法華峰林道…(55分)…13:20国道412号…(10分)…13:30勝楽寺トイレあり13:45…(5分)…13:50半僧坊前BS【終点】 KML

◆コメント

経ヶ岳は宮ヶ瀬湖の南東に位置し、清川村/愛川町/厚木市のほぼ境界点となっています。標高630mほどの山ですが展望が楽しめます。
関東ふれあいの道」では坂尻BSを起点とし、法論堂(おろんど)林道を半原越(はんばらごえ)へと歩きますが、やや単調そうなので、今回は土山峠を起点にしました。
「ふれあいの道」の名は「楽ちん歩き」をイメージしがちですが、山頂近くにはロープが付いた急階段もあります。侮らないでね。
【注意】今回は一部に圧雪・凍結が残り、少し緊張しました。コースタイムのようには歩くことができないので余裕のある計画が必要です。また、夏場にはヤマビルが出ることもあるので注意が必要です。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂07:01==(JR東海道本線)==07:04茅ヶ崎07:08==(JR相模線:JR計320円)==07:31厚木07:34==(小田急小田原線:120円)==07:36本厚木07:50==(神奈中バス:540円)==08:32土山峠BS
バスは県道64号を上るにつれ、路肩や山肌に残雪。乗り合わせたパーティーに「アイゼンいるかな?」を何度も繰り返すハイカーあり。 ってことは持ってこなかったのかな?
登山口(土山峠) 土山峠BSで下車したのは私たちの他に1組2名。鍋嵐にでも登るのでしょうか?
風はないけどずいぶん冷えます。

08:40 身支度したら出発。バス通りを引き返して下り・・・

「←仏果山3.1km」の登山口。「山火事予防」の通報番号は[9-1]。
細い階段を登り、小ピークでコースは右(東)に向きを変えます。
小ピーク(ベンチ) 08:55 やがてベンチ。右(南東)に派生する尾根にあった踏跡(おそらく坂尻へ)は雪のため不明瞭。
妻はストックを準備。雪はバリバリだけど、軽アイゼンは・・・まだいらないでしょう。

09:00 出発
すぐ先で右から軽自動車が通れる幅の林道(?)を合わせます。地形図にはないけど・・・はて?
道標が追加された さらに少し進むと前回少し悩んだ分岐。「仏果山は右に登る→」の道標が追加され、悩むことはなくなりました。
左は林道(?)の延長でしょう。(ハイキングコースは林道(?)と交点が少しずれたX字路)
コツコツ登り 丸太階段。よいしょ!

地形図では尾根道のままですが、実際の経路は、やがて左斜面(西側)へ巻き気味に変わります。
丹沢山を見る 登山地図に「林相が美しい」と記されたあたり・・・かな?
なだらかな山頂の丹沢山、そして丹沢三峰も見えますが・・・葉が茂る季節は難しそう。
P524手前のベンチ 「↑仏果山2.0km/土山峠1.1km↓」地点にベンチ冬枯れの自然林がいい感じ。

この少し先がP524。なだらかな尾根を進み、左に見えるのは採石場。右は湘南の海がキラキラでした。
関東ふれあいの道に合流 09:50 やがて分岐。「←仏果山1.6q/半原越0.9km・坂尻バス停5.7km→」が「関東ふれあいの道」。
「土山峠1.6km↓」なので仏果山までならば、ちょうど半分。ここは右へ。
大山〜丹沢三峰を見る
樹間から大山〜塔ノ岳〜丹沢山〜丹沢三峰の展望。大山の電波塔もはっきり見えます。冬枯れゆえよい眺めですが、葉が茂ると見えなくなりそうです。
P591 左は植林、右は自然林。防鹿柵に沿ってなだらかに進み・・・

10:00 コブのようなP591を越します。
リッチランド分岐 10:08 次の小ピークが「リッチランド→」の分岐
リッチランドに下る経路はあまり歩かれていないようで、細く滑りやすそうでした。
経ヶ岳と華厳山 正面に経ヶ岳(左)と華厳山(右)。待っててね。

コースは左に向きを変え、丸太階段をグングン下ります。
妻は「もったいない!」とプンプン。ふふ。
怖かった 防鹿柵を抜けると尾根を離れて斜面の丸太階段。
北斜面ゆえ、バリバリに凍結して緊張しました。一歩ずつ慎重に。
鋲付きの簡易滑り止めも持ってくればよかったかな?
半原越 10:20 林道三叉路(←南山林道/↑法華峰林道・ゲートあり/法論堂林道→)の半原越(はんばらごえ。488m)。
吹き溜まった雪が凍ってツルンツルン。まるでアイススケート場。ここに車を置いてハイキング起点にするようですが、車は1台もなし。
道標は「←愛川町・半原/↓仏果山2.5km/経ヶ岳0.7km↑/坂尻バス停4.8km→」。
「法論堂(おろんど)と半原越」の解説板や「愛川町イラストマップ」を見ながら休憩。
コツコツ登り 「アイゼン付ける?」と妻。「登りだし、もう少し様子をみましょ。」と私。
10:25 出発!

峠に近い下の階段は凍結していましたが、上部に雪はなし。大丈夫。
丸太の急階段をコツコツ登ると、やがて傾斜はゆるんで・・・
570m圏展望所 10:40 570m圏ピークがベンチのある展望所。よい眺め。ひと息つきましょう。
横には「丹沢の山並み」の展望図大きな画像で見る(1200x564ピクセル)
で、撮影したパノラマ画像。紺碧の空。大きな画像で見る(1600x300ピクセル)
新多摩線16鉄塔も見えます。大山北尾根を歩いた時、お弁当を食べたところだね。

10:45 ここはすでに清川村/愛川町の境界尾根。山頂は近い。「進むぞ!」 「ラジャ!」
急坂 トラロープが付いた急坂階段。何の、これしき!
経石 急坂を過ぎたら道を遮るように。「昔、弘法大師がこの岩(南側にある穴)に経文を納めたことから経石」とのこと。
左(北)に巻けば楽そうでしたが圧雪でツルツル。右から段差を下りて巻きました。
通過時に経石を見上げたら、窪みに小さな仏像が祀られていました。
経ヶ岳(ベンチ⇔三角点) 11:05 やがて経ヶ岳(633.1m)。ベンチが2台、三角点、「丹沢の三角点」の地図板あり。
「西山を守る会」作成の掲示と、ポストに「荻野西山登山マップ」もありました。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
大山〜仏果山の展望
好展望。疲れたけど、この景色に出会えるから山歩きが楽しい。大きな画像で見る(1600x456ピクセル)
深呼吸をしながら、この景色を記憶する。
昼食 11:15 ベンチで昼食。今日はおにぎり。温かい味噌汁があればゴージャス!

しばらくして半原越から男性一人が到着。彼も昼食。食後に少しお話。「関東ふれあいの道の踏破が目標。最終的には高尾山まで。」とのこと。
「では」と男性は先に発ち、半僧坊方向へ下山。「お気を付けて!」
11:35 私たちも出発。華厳山から登ってきたというペアハイカーとすれ違い、聞くと雪はなかったとのこと。
下るとすぐに「↓経ヶ岳/田代↑」道標。そして「相州アルプス(西山)方面・華厳山1.0km・高取山1.8km→」も付いていました。ここが愛川町/厚木市/清川村の境界点
華厳山まで下り約15分、登り約30分。往復すると1時間半。「どんなコースか見てみよう。」と華厳山方向へ。
100mほど下ると防鹿柵に「←上荻野/華厳山・高取山・発句石↑」の手作り道標(詳しい!)。直進してみましたが、けっこう急坂。往復は疲れそうだし・・・下山コースの経ヶ岳北尾根の残雪の具合もよく分からないし・・・
往復は諦めよう!このコースはまた別の機会に。引き返し。
田代に下る 11:45 分岐に戻り、「田代」に下山。(下山開始をこの時刻としました)

最初はやや急坂。北斜面なので雪が残り、踏跡は圧雪となり、ツルツル。雪のない地面も凍ってゴリゴリ。
慎重に!時間がかかってもいいからね。

11:55 傾斜は緩み、雪もなくなりました。もう大丈夫。
法華峰を巻く ベンチがある小ピークを越え・・・

12:10 「山火事予防 6-7」の鞍部(ベンチあり)。コースは右へ防鹿柵を抜けて植林内へ。
【参考】このまま愛川町/厚木市の境界(P536寄り)を歩いてみたかったのですが、巻いているには理由があるのでしょう。地形図を確認すると、ピークからの下りは急坂のようです。
法華峰林道に下りる 巻き終わって再び境界尾根。防鹿柵を抜けてジグザグに下ると・・・

12:25 法華峰林道
林道を100mほど進むとカーブミラー。そこから尾根を離れて植林内を下ります。
【参考】地形図では境界尾根が「関東ふれあいの道」になっていますが、実際は異なっています。
北東の枝尾根を下り・・・
北東が開ける⇔スカイツリー 12:40 「山火事予防 6-5」地点にベンチと「関東ふれあいの道」の里程標
正面(北東)が開けて、遠く新宿高層ビル群、そしてスカイツリーも見えました。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
堰堤(上) トラロープで直進禁止の「←田代/経ヶ岳↓」で尾根を離れると・・・

12:55 土砂が溜まった堰堤上流。コースは向かいに続きます。
2号堰堤 次(下流)は「道ノ入二号えん堤」。(写真は振り返って撮影)
高捲き階段で越えます。
平坦
その先は車が通れるほどの砂利道。堰堤工事用の道だったと思われます。

コンクリート橋で右岸に渡り・・・
登山口(田代) 13:20 国道412号との合流点が登山口
「関東ふれあいの道」道標と「西山を守る会」のポスト(中に登山マップ)があります。

国道に沿う左下の道を進み、Y字路の「平山坂下」交差点は県道54号を分けて左の国道へ。
【参考】半僧坊前BSは国道(野外センター前経由)と県道(田代経由)にあります。土休日は各1本/1時間ですが、厚木BC行きのバス停は近いので2本/1時間と思ってもよいでしょう。(国道側の歩行者階段で県道側とつながっています)
勝楽寺へ 半僧坊前BSを過ぎ、「←三増3.0km・志田峠5.5km/経ヶ岳3.2q・坂尻8.7km↓」で階段を下り・・・

13:30 重厚な山門勝楽寺。仁王像が迎えてくれます。
境内には本堂や鐘楼、半僧坊大権現があり、地元では「平山の勝楽寺」というより、「田代の半僧坊」という方が一般的とのこと。
バス待ち調整を兼ねて、しばし休憩。
13:45 帰路へ。「関東ふれあいの道」はこの先、三増(みませ)合戦の碑〜志田峠〜韮尾根BSと続きますが、今回はここまで。
バス停へは国道側、県道側の待ち時間の少ない方へどうぞ。

13:50 半僧坊前BS(県道側)。お疲れさまでした。
【移動】半僧坊前BS13:59==(神奈中バス:460円)==14:50本厚木14:56==(小田急小田原線:120円)==14:58厚木15:08==(JR相模線)==15:35茅ヶ崎15:37==(JR東海道本線:JR計320円)==15:40辻堂

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system