■久良岐公園

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 久良岐公園 更新日:2015年12月12日

◆日付・天気

2015年11月13日(金曜日) 天気:曇り・・・穏やかな一日でした。

◆コース(所要時間:3時間15分)

【起点】磯子駅10:15…(20分)…10:35森浅間神社10:45…(15分)…11:00Aコープ11:05…(5分)…11:10久良岐公園トイレありお弁当ポイント南東口...[昼食]...案内板...雑木林...久良岐能舞台...大池...梅林...桜の森...西口)13:10…(5分)…13:15黒船見物の丘…(15分)…13:30上大岡駅【終点】 KML
【参考】今回の磯子駅から久良岐公園へのコースは少し分かりにくいかも知れません。バス(磯子駅、屏風浦駅より横浜市営バス、または上大岡駅より京急バスで久良岐公園前BS下車)利用でもよいでしょう。

◆コメント

久良岐(くらき)公園は横浜市の港南区と磯子区にまたがる広い公園で、自然の景観を残しながらも遊具なども備えていて、ファミリーで楽しめます。紅葉の他にも梅や桜の季節もよいでしょう。
30年数年前、私はこの公園の近くに住んでいて、当時は磯子駅まで歩いていたので、今回はそのコースをたどってみました。懐かしさと同時に、その変化に驚きました。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂09:29==(JR東海道本線)==09:36大船09:45==(JR根岸線:JR計410円)==10:01磯子
磯子駅歩道橋 磯子駅西口
パブ・ローレンスはなくなったけど、スーパー・スズキヤはまだ健在。
「昔、あそこは・・・」って話しても、磯子に縁のない妻が私の懐古を理解できないのは当たり前。

10:15 出発!歩道橋を渡って国道16号へ。
丘上の大規模マンション 磯子駅入口南側」交差点。丘の上でその雄姿を誇示した横浜プリンスホテルはすでになく、今は大規模マンション。形は旧ホテルを彷彿させます。
グランドエレベーターという丘の上まで直行するエレベーター(片道50円)もあるそうです。
森浅間神社へ 国道を左(南)に進み、「森2丁目」交差点付近の┠字路で右へ。
「森浅間神社参道」道標に従います。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
階段へ 丘に向かって坂道を上り、Y字路を左。

そしてゴミ集積所で右上の階段へ。
【参考】ここにたどり着くまでに悩んだ時は立ち止まって観察しましょう。丘の上まで続く道は、けっこう人の往来があるので分かります。
休憩所 途中に展望休憩所(ベンチあり)。
その一段上が「森みはらし公園」。遊具と休憩舎がありますが、草がずいぶん伸びていました。
神社へ 分岐。左は森浅間神社、正面の階段を上れば汐見台2-6団地。
神社経由でも汐見台2-6団地に行けるので左の北参道へ。
庚申塔の先に・・・
神木? 紙垂(しで)を巻いた大きな木。神木でしょうか?
右にはかつて修験者が修行に使ったと言われる「不動滝」。丘陵の団地開発のせいか、現在はほとんど水量はありません。

石段を上って鳥居をくぐり・・・
森浅間神社 10:35 山頂に森浅間神社。園児たちに遭遇。七五三参りのようです。
山頂から南に下る直線的な石段が南参道で、下ると屏風ヶ浦方面。
久良岐公園へは社務所の横から西に向かう道へ。
汐見台団地 すぐに汐見台2-6団地。角に「浅間神社参道」道標あり。
【参考】神社に寄らずに階段を直登した場合は、ここより約50m右(北)側に出ます。同様の道標があり、その向かいは藤棚がある小さな休憩所です。
10:45 継続。

汐見台団地。丘陵地ゆえ、道は少し曲がりながら緩やかな坂道。
公団住宅 昔ながらの公団住宅。かつては企業の社員寮や社宅も立ち並んでいましたが・・・
マンション 多くは売却され、再開発されてオシャレなマンション群
当時の面影は薄くなりました。仲間と暮らした寮生活が懐かしい。
汐見台病院 テニスコートから汐見台病院。左に上れば久良岐公園方向ですが、周辺を少し確認。
スーパー 11:00 Aコープ。以前は「イリクストアー」だったと思いますが、記憶は曖昧。パン屋のミートパイが好きでした。
いつもトルコライスを食べていたレストラン(カナール?)は薬局になり、30数年の時の流れ。

11:05 個人的郷愁を堪能したのち継続。引き返して汐見台病院前の坂道を上り・・・
久良岐公園入口 「汐見台小前」交差点。バスケットコートがあり、当時はテニスをしてました。ビヨン・ボルグやジョン・マッケンローの時代ね。
交差点を横断して下っても公園入口がありますが、今回は右(北東)へ。

11:10 久良岐公園(仮称・南東口)。複数ある入口のうち、最も小さい入口。
階段を下り・・・
外周遊歩道 左右の舗装道が外周遊歩道。ここが区界で、ここまでが磯子区、渡ると港南区。
広い公園です。ご自由に散策されるとよいでしょう。
【参考】道標が少ないので、初めての場合は公園案内図(写真)が役立つかもしれません。
自由広場
円形の自由広場。周囲400m強の外周は陸上トラック練習にちょうどいい。
紅葉 部分的に紅葉
昼食 11:30 本日のお弁当。いただきまーす!
公園案内図 食後は駐車場へ。
11:55 公園詰所の前に公園案内図があります。広い公園なのに、ここだけ。
大きな画像(横2048px)をダウンロードできます。(Googleフォト。画像右上の[Ξ(その他のオプション)][ダウンロード])
雑木林へ 駐車場口から道標「雑木林を経て能舞台」が指す階段へ。
道標がない分岐があり、「はて?」ですが、間違ったら引き返しましょう。
【参考】能舞台に行くのならピクニック広場から仮称・北西口を出て一般道を歩く方が平坦です。雑木林経由は階段があります。
雑木林 色付き始めた雑木林
【抜粋】昔は畑だったこの地。ササがのびほうだいでした。ササをかり、細くてわかい木をうえました。

この先、北端から急な下り階段。下り口に以下の掲示あり。
【雨天時の迂回のお願い】雨天時は、この先久良岐能舞台へ下る階段が大変すべりやすくなるため、門を閉鎖することがあります。迂回ルートでの通行をお願いします。
分岐 門まで行って「閉まっていてがっかり」もあるってことね。濡れてないし、大丈夫。
急階段を下り・・・

分岐。右へ階段を下ると岡村8丁目の仮称・北東口。
山側入口 12:05 久良岐能舞台の山側入口。雨天時は閉まるのね。
左に下れば能舞台。でも、正面(北)の道も立派で気になります。地理院地図に表示はないけど、どこに続くの?
気になりましたが、まずは能舞台へ。
能舞台広場 ぐんぐん下ります。新しくて立派な階段でしたが、これが滑る?はて?
降り立ったのは休憩舎がある広場。園内を散策します。
久良岐能舞台園内 振り返って見た広場。カエデはまだ緑。紅葉するときれいでしょうね。

能舞台の内部は見学できるのかどうか、よく分かりません。練習や発表会があるので無理かも?
小さな庭園を散策し、水琴窟に耳を澄まします。
正面入口 久良岐能舞台の正面入口。門と背景の樹林がよい感じ。

気になっていた北経路を確認するために引き返し。
ランドマークタワー 階段を上って門を出たら左(北)へ。土の歩道はしっかりしていてます。

右(北東)に横浜ランドマークタワー
道は下って住宅地に続いていて、小さな公園が見えました。

引き返して階段を上って再び雑木林。
北西口へ 「池・梅林→」へ階段を下るとピクニック広場。小学校の遠足か、子供がいっぱいだ!

ちょっと南区側の入口(仮称・北西口)も確認しよう!
紅葉 仮称・北西口の紅葉。そして「能舞台まで200m→」の道標。
なるほど。能舞台に行くのなら、山側からではなく、ここから一旦公園を出て道路を歩く方が楽ですね。
池 大池。マナーを守れば釣りOK。
梅の広場 梅林。ベンチあり。
桜の斜面 桜の森。ベンチはないようです。
【参考】一段上の市電側から桜を見下ろすベンチあり。
市電 柵の中に横浜市電の車両が1台。鍵が掛けられて柵内に入れません。中にベンチがあるので、特定の公開日があるのでしょう。
【解説板抜粋】自動車の増加による交通渋滞や、国鉄根岸線の開業などの影響を受け、1972(昭和47)年に全廃された。
市電はなくなりましたが、このカラーは市営バスが守り継いでいます。
西口 公園散策を堪能したら上大岡駅に向かいます。
棚田から遊具広場へ進み・・・

13:10 上大岡小学校がある仮称・西口。ここからは港南区の広報資料の散策ガイドに従いました。
小学校角の少し先の├字路を右へ。坂道を上り、道なりに進みます。
細いぞ! 13:15 「この先道細く車の通り抜け困難」の看板がある細道
「車は無理だね。」と思いましたが、軽自動車がぎりぎり通過。(驚)
ここに「黒船見物の丘」立札があります。
【要旨】1854年、ペリー来航の時、黒船を一目見ようと村人たちが集まったのがこの丘。大変な人だかりができて、お団子やお茶を売る者まで現れた。
ランドマークタワー 手前に小さな空地(転落注意)があり、下は広大な墓地。そしてみなとみらい地区が見えます。
江戸時代は海が見えたのにね。
富士見の丘 細道を通過すると、この先は下り坂。正面(西)が富士山方向。この日は雲の向こう。
目立つのは上大岡駅前の3棟の高層ビル。いつできたの?そもそも何でしょ?

真光寺を右に見て下り、上大岡東保育園で右へ。
上大岡駅へ セブンイレブンで左に下り、京急百貨店は近い。

13:30 京急百貨店。京急と横浜市営地下鉄の上大岡駅入口があります。
お疲れさまでした。

◆おまけ

30数年前の上大岡しか知らない私は、この機会に「駅前探検だ!」と、まず京急百貨店の探検を開始しました。しかし・・・
フロアマップを見たら青の、赤の、緑のエスカレーター。色分けの理由は何? 3階直通エスカレーターというのもあって、乗ってみたらレディスフロア。ザックを背負った歩き衣装の私たちは完全に浮いている。人ごみに人酔いしそう。うちに帰ろう。尻尾を巻いて退散。下って「地下鉄」表示を追って改札に到着。ふー。複雑になったね、上大岡!
【移動】上大岡14:00==(横浜市営地下鉄:240円)==14:11戸塚14:24==(JR東海道本線:240円)==14:37辻堂

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system