■駒ヶ岳

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 駒ヶ岳 更新日:2015年04月05日

◆日付・天気

2013年05月18日(土曜日) 天気:曇り 時々晴れ・・・雲やガスで展望には恵まれませんでした。

◆コース(所要時間:7時間)

【起点】湖尻トイレあり08:55…(15分)…09:10登山口(芦ノ湖)…(20分)…09:30登山口(県道)…(1時間30分)…11:00姥子分岐11:05…(20分)…11:25防ヶ沢分岐お弁当ポイント[1]…(25分)…11:50駒ヶ岳トイレありお弁当ポイント[昼食]12:40…(15分)…12:55防ヶ沢分岐[1]…(1時間20分)…14:15早雲山駅分岐14:40[2]…(1時間15分)…15:55早雲山駅トイレあり【終点】 KML
【参考】[1] 防ヶ沢分岐の駒ヶ岳寄りに小さな広場あり。 [2] 早雲山駅に下る前にアカバナヒメイワカガミの群生地まで往復しました。

◆コメント

今年1月に計画しましたが、芦ノ湖側の登山口付近が間伐作業による通行止めで登れず、湖岸歩きに変更しました。今回はリトライです。
人気のコースは「ロープウェーで駒ヶ岳…神山…大涌谷(あるいはその逆)」でしょう。でも、今回、このコースを選んだのは
ロープウェーを使わず芦ノ湖から自力で登りたかったから。防ヶ沢コースは人気は劣るものの、静かな山歩きが楽しめます。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂07:01==(JR東海道本線:480円)==07:35小田原07:45==(伊豆箱根バス:1,150円)==08:35湖尻BS
小田原駅からバス。箱根湯本の先は山岳道路ゆえカーブが多く、乗っているだけでもけっこう疲れます。今回は事故渋滞もなく定刻に到着。よかった!
湖尻から西側外輪山を見る
湖尻ターミナル(西武グループ)から見た西側外輪山。三国山は雲の中。三国山より標高が高い駒ヶ岳は大丈夫かな?
トイレ後、ベンチで身支度。標高720mを超える芦ノ湖畔は、ずいぶん涼しい。
湖岸歩き 08:55 出発!湖岸を「箱根園3.0km・樹木園1.5km」方向(南)へ。

新緑の「神山通り」(舗装)を進みます。
登山口(芦ノ湖) やがて植林地。間伐して明るくなりました。
09:10 登山口。道標は「←神山・駒ヶ岳登山口 防ヶ沢コース 」。近くに弔魂碑
白いプラスチック杭があり、番号は[防24]。防ヶ沢歩道の終点で、起点は防ヶ沢分岐で[防1]。
小さなプレート「歩道管理No.起点 50mごとに設置」もあるので迷うことはないでしょう。(カウントアップ)
涸れ沢を渡る ササが生えた植林の、右側が谷になった斜面道を進みます。

09:15 涸れ沢(これが防ヶ沢?)。雨後は流れがあるかもしれません。
この先、右下に沢音を聞きながら、斜面道をゆるく登ります。あまり歩かれていないので、少しササが厄介な個所もありました。
登る 丸太階段。そしてジグザグ登り。標高800mを越えたこの辺りからヒメシャラを見るようになります。

ひと登りでバス通り(県道75号)。手作り道標は傷んで判読できませんでしたが、[防20]地点。
30mほど右(南)に登山口が見えます。車に気を付けてね。
登山口(県道) 09:30 [防19]地点が「ハイキングコース登り口」。「駒ヶ岳国有林 ヒメシャラ群落保護林」の看板あり。
道標は「←駒ヶ岳90分・神山110分」ですが、このコースタイムで登るのは・・・困難?
「↓湖尻 約2km/元箱根 約5km↑」もありますが、道標の案内図には芦ノ湖に下る表示がないので、知らずに下ってきた人は車がカッ飛ぶ県道を歩いてしまうかもね。

ウインドブレーカーを脱いでザックへ。水分補給して虫除けスプレー。注意表示(下記)を確認したら先へ。
【登山者のみなさんへ】大涌谷分岐から大涌谷園地までのコースでは、火山ガスが発生しています。危険なガス濃度になると警報装置でお知らせします。十分注意してください。箱根町
【最終時刻のご案内】駒ヶ岳ロープウェー 16時50分 強風等により運休することがありますのでご注意ください。
おっとっと 数分で涸れ沢(こっちが防ヶ沢?)を渡ります。おっとっと。
地形図の徒歩道表示は実際のコースと異なっています。(2013年05月)
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
ヒメシャラ 樹皮が淡赤褐色でツルツルなのがヒメシャラ。高木ゆえ、見上げると新緑がキラキラ。
「キョッキョ キョキョキョ」と鳴くのは夏鳥のホトトギス。
「ガビチョーガビチョー」と大声で鳴くのは特定外来生物のガビチョウ
傷んだ階段 少し荒れた植林を通過し・・・

丸太階段のジグザグ登り。傷んだ階段もあるので気を付けてね。
登るとやがて尾根に乗ります。
【参考】コース中、「水切」や「階段」と書かれたピンクテープを随所で見ました。補修箇所の目印と思われます。整備作業は大変なのに・・・感謝。
トウゴクミツバツツジ ササが茂って展望には恵まれませんが、新緑の尾根道は気持ちいい。
コツコツ登ると・・・

10:55 標高1100mを越えるとトウゴクミツバツツジを見るようになります。
紅紫色が鮮やかだね。
姥子分岐 11:00 道標は「↓防ヶ沢/神山・駒ヶ岳→」だけですが、左に明瞭な経路あり。表示はありませんが姥子(うばこ)に下る「駒ヶ岳第一歩道」(2010年版登山地図では赤破線)とのこと。ここを仮に「姥子分岐」とします。
トウゴクミツバツツジが咲いていました。撮影しながら休憩。
しかし・・・県道の登山口からここまでのコースタイムは50分。実績は90分。ふふ。

11:05 では、先へ。
巻き道 なだらかな巻き道。あぁ〜楽チン!
白いツボスミレ(ニョイスミレ)。清楚だね。
駒ヶ岳を見る 11:20 笹地を進むと駒ヶ岳が見えてきます。
ササと落葉樹の道を進み・・・
防ヶ沢分岐 11:25 ┼字路の防ヶ沢分岐。道標は「←神山45分・大涌谷95分/↓防ヶ沢55分/大涌谷75分・早雲山駅100分↑/駒ヶ岳25分→」。そして白杭[防1]。
ここまで誰にも出会いませんでしたが、さすがにハイカーに出会います。神山〜駒ヶ岳は人気のコースですからね。
駒ヶ岳方向にわずかに進むと小さな広場。山頂が悪天候の場合は、少しはしのげるでしょう。
傷んでいる 駒ヶ岳への最後の登り。傾斜はたいしたことありません。もうひと頑張り!
コキクザキイチゲミヤマハコベが応援してくれます。

沢状の地形は土砂が流出し、ひどいえぐれよう。土留めも落ちていました。
駒ヶ岳ロープウェー 「←箱根神社元宮/ロープウェー駅↑」の分岐はどちらに進んでもよいでしょう。直進して・・・

11:50 駒ヶ岳(1357m。三角点は1327m)のロープウェー山頂駅
右の「富士山展望広場」からは芦ノ湖、外輪山、富士山、神山が望めますが・・・ガスが出て残念。
それにしても風が強く、寒い。ロープウェー駅に退避。駅内にはテーブルが3台あり、飲食できるようです。寒い冬や悪天候の場合は助かります。
テーブルがひとつ空いていたので昼食。スープジャーで保温調理したリゾット風ケチャップ味の雑炊。温かくておいしい。
山頂広場 ロープウェー駅から見た山頂広場
元宮は流れるガスで薄っすら。山の天気は急変します。まるで乙女心。
かつてのケーブルカー駅はすでに撤去され、現在は展望台になっていました。
安全を祈願 箱根元宮(もとつみや。もとみや)。

12:40 では、下山
流出して掘れている 山頂部は笹地の細道。
ササが育って伸びたのかと思いきや・・・道の土砂が流出して掘れたのね!
8年前と比べると、とても歩きにくくなりました。
防ヶ沢分岐に引き返します。
防ヶ沢分岐の手前 小広場。正面は神山。このすぐ先が・・・

12:55 再び防ヶ沢分岐。お中道で早雲山駅に向かいます。

ササと落葉樹の道を進み・・・
花は6〜7月 バイケイソウ。あちこちで見かけましたが、ここは群生。

右側が谷になった斜面をゆるく下ります。
地形図と違う 13:20 右(東)に下る谷筋
地形図(2013年05月現在)ではここから北側に登る表示ですが、現在の経路は右に巻いています。
旧経路が残っているのか、少し探してみましたが・・・よく分かりませんでした。
足元注意 お中道は神山の巻き道です。きびしいアップダウンはありません。
でも、茂るササ、露出した根、ゴロゴロ石など歩きにくいところもあります。気を付けてね。
残念ながら展望にも恵まれません。
明神ヶ岳を見る 植林が終わる頃、イワカガミ(正しくはアカバナヒメイワカガミのようです)が数株咲いていました。可愛いね。
自然林になってからは明るい歩きやすい道。旧経路に戻ったのかな?

14:10 なだらかなピークは明神ヶ岳。明星ヶ岳や小田原市街、相模湾も見えます。
ちょうど早雲地獄の上部のようで、けっこう臭います。
火山ガスの影響か、鉄製の手すりや支柱は錆びてボロボロ。オーマイガッ!
早雲山駅分岐 14:15 「↑大涌谷30分/早雲山駅45分→」の分岐
「この先にイワカガミの群生地がありますので、歩道外に立ち入るのはやめましょう 箱根町」とのことなので、少し大涌谷方向へ進んでみました。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
ヒメイワカガミ 10分近く下った大涌谷分岐の手前で・・・
アカバナヒメイワカガミ。歩道脇なら見つけやすいけど、歩道から離れた群生は気付きにくい。
あまり目立たないので、ほとんどのハイカーは気付かず通過。
堪能したら分岐まで引き返して・・・

14:40 今度は「←早雲山駅45分」へ。
長いジグザグ下り 14:47 P1244を越えると石祠。その先の北東尾根はずーっとジグザグ坂

15:10 展望もなく、20分で飽きました(失礼な!)が、まだまだ続くジグザグ下り。

15:50 「何ターンしただろう?」と頭がうつろになった頃、やっと下り終えて報恩院(たぶん)の裏。
早雲山駅 塀沿いに下ると「ハイキングコース登り口」。道標は「↓大涌谷80分・神山105分」。

15:55 目の前が早雲山駅。ロープウェイとケーブルカーの乗換駅です。
強羅まで歩こうかな?とも考えましたが、妻は拒否。
帰り支度をしながら休憩。お疲れさまでした。
【移動】早雲山駅16:16==(箱根登山ケーブルカー:410円)==16:33強羅16:38==(箱根登山電車)==17:20箱根湯本17:36==(箱根登山電車・小田急線:計650円)==17:53小田原18:00==(JR東海道本線:480円)==18:27辻堂
久し振りに乗ったケーブルカーと登山電車。でも、早雲山から箱根湯本まで1時間もかかります。渋滞がないと分かっているなら・・・バスなんですけど。

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system