■河村城址公園・21世紀の森

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 河村城址公園・21世紀の森 更新日:2017年07月16日

◆日付・天気

2007年02月11日(日曜日) 天気:晴れ・・・日差しが暖かい一日でした。

◆コース(所要時間:6時間10分)

【起点】山北駅09:30…09:35鉄道公園トイレあり…(30分トイレあり[1])…10:05河村城址トイレありお弁当ポイント本城郭)10:25…(35分)…11:00 21世紀の森分岐トイレあり[2]…(5分トイレあり[3])…11:05洒水の滝11:15…(35分)…11:50T字分岐…(25分)…12:15 21世紀の森テレビ塔入口...野鳥の森入口...展望台トイレあり...セントラル広場お弁当ポイント[昼食]...テレビ塔...テレビ塔入口)14:20…(45分)…15:05洒水の滝駐車場トイレあり…(10分)…15:15足柄橋…(35分[4])…15:50健康福祉センター【終点】 KML
【参考】[1] 城址公園入口、[2] 洒水の滝駐車場、[3] 最勝寺、にトイレあり。 [4] 寄り道しています。しなければ20分ぐらいでしょう。

◆コメント

山北駅から河村城址公園洒水(しゃすい)の滝を巡るハイキングコース(徒歩約1時間45分:山北町HP)は、気軽に歩けるコースです。山北駅沿線の桜が咲く頃に訪れて、「さくらの湯」でくつろぐのも良いかも知れません。(混雑するかな?)
少し物足りないので、今回は洒水の滝から足を伸ばして県立21世紀の森まで往復してみました。冬晴れの太陽は暖かく、景色は綺麗でした。
【!】本レポートの公開当初はエリア区分を「丹沢」としましたが、登山地図「箱根」の「矢倉岳・足柄峠」図にコースが記載されたのを機にエリア区分を「箱根」に変更しました。

◆アルバム

【移動】辻堂08:05==(JR東海道本線)==08:26国府津08:40==(JR御殿場線:JR計650円)==09:03山北
車窓から見た富士山はくっきり!出だしは上々。
ボンネットバスとふるさと交流センター 09:10 山北駅前には町内循環バス。可愛いね。
バスの後方、茶色い建物がふるさと交流センター。パンフレットが入手できるので、寄ってみると良いでしょう。
センターで緑茶をいただき、展示写真などを見学してマッタリ。

09:30 では出発!まずは鉄道公園へ。センター横の跨線橋を渡ったら右(西)へ。
鉄道公園 09:35 D5270号蒸気機関車
【学ぶ】昭和19年に生まれ、昭和26年に国府津機関区に配属後、昭和43年まで御殿場線で活躍。走行距離は862,275km。・・・これからは皆様と一緒に昔なつかしい思い出ばなしをいたしましょう。どうか皆様、お子様方も可愛がって下さい。-案内を要約&抜粋-

道標は?・・・ちょっと探して発見。指示に従って「河村城址」へ。
河村城址公園入口 国道246号の下をくぐり、盛翁寺を過ぎて・・・

09:45 公園入口。トイレと公園案内図があります。元気を出して上り坂へ。
上り坂 09:50 S字のカーブ。直登する階段が近道ですが、軟弱な私たちは緩やかコースへ。

茶臼郭に寄ったり、お姫井戸畝堀と見て進みました。
開けた広場
10:05 円形の方位石のある広場が河村城址・本城郭。一角に(やしろ)と石碑が立っています。
富士山は・・・かろうじて山頂部の傾斜が部分的に確認できます。こんな富士山もめずらしいね。
整備工事中かな? 10:08 東の郭跡へはロープで立ち入り禁止。整備工事中でしょうか?
トイレから先に続く細道を探検してみましたが、途中で引き返しました。
日向に下る木漏れ日の道 10:25 広場に戻って「洒水の滝」へ。

10:30 日向地区に下る道は「木漏れ日の道」。
樹間から左手に相模湾、右手に牧草地の大野山が見えます。
箱根の山と菜の花文字 10:37 やがて日向の集落。どっしりとした明神ヶ岳と、少し隠れた金時山
耕地には菜の花の植栽で「来て見て住んで 山北町章向 山北」の文字。ふふ・・・いいね!
高瀬橋 車道に出たら酒匂川(さかわがわ)寄りの遊歩道(?)を歩いてみました。

10:50 再び車道に合流して高瀬橋。空は真っ青!
洒水の滝遊歩道 10:55 県道に出たところが洒水の滝入口。「みっちゃん食堂」が目印。

10:56 川沿いの散策道へ。前回、訪れた時は造成中でした。
21世紀の森分岐 11:00 駐車場の近くに「←21世紀の森洒水の滝↑」分岐。
まずは滝を見物して、引き返してここから21世紀の森に向かうことにしました。
洒水の滝 11:05 「日本の滝百選」に選ばれた洒水の滝

見えるのは一の滝。落差69mとのこと。そんなにあるのかな?(失礼な!)
残念なことに2004年に落石があり、現在は先端の観瀑台で見ることはできません。
取水場で水を補給し、しばし休憩。

引き返して・・・
植樹林、竹林の農道 11:20 再び分岐。いざ「21世紀の森」へ。

11:24 コンクリート舗装の農道(林道?)は葛折りで、少しずつ高度を上げていきます。
山はヒノキの植林。そして竹林も混じります。
北のパノラマ
11:32 時に北に開けます。足を止め、眺めてみてはいかがでしょうか?
水色アーチの足柄橋、246号の樋口橋は緑色、奥の東名高速道は赤い橋。こんもり小山が河村城址公園
そして遠く西丹沢の山々まで。よい眺め。

11:45 「分岐を見落としたかな?」と心配になった頃、「山火事用心」の看板で舗装道は終わり、小尾根の山道になりました。
T字分岐 11:50 林道に合流。「21世紀の森30分→」の道標を見て一安心。
右の道は山腹の斜面道で、穏やかな上り坂です。
【!】復路、この分岐にハンターの車が2台止まっていて、道標とコースを隠していました。危うく見落とすところでした。ハンターに限らず、道標を隠して駐車しないで!
テレビ塔経由入口 12:15 やがて「←テレビ塔15分/セントラル広場30分↑」の分岐。看板「21世紀の森」が目印です。
この道は下山で歩くことにして先へ。
「腹減った!」と妻。柿ピーの小袋ひとつを与えたら、おとなしくなりました。
野鳥の森経由入口 12:20 次の分岐は「←森林館/セントラル広場↑」。
「森林館」とはアバウトな表示ですが、ここが野鳥の森経由の入口です。

谷あいの登り道で、多くは植林。野鳥に出会うことはありませんでした。
野鳥は? 12:35 上部で雑木林になり、登りきると四阿(あずまや)があります。

昼食はセントラル広場で。もう少し歩こうね。妻をなだめて舗装道を進みました。
展望台から富士山を見る 12:40 時計の展望台から見た富士山。ちょっと窮屈?いえいえ十分です。
【注】休憩舎には「クマ注意情報」の掲示。12月12日矢倉岳方面の白山神社裏でクマの足跡が目撃されたとのことです。
セントラル広場 12:55 明るく開けた芝の広場セントラル広場
四阿とベンチが2台。
お腹ペコペコ 13:00 お待たせしました、やっと昼食。いただきまーす!
標高560mほどですが、吹く風は少し冷たかった。

あっと言う間に食べ終えて、食後は付近を散策!
防災無線塔 13:35 気になった防災無線塔。展望はありません。(登りの途中で北に開け、大野山、大室山、檜洞丸を望むことができます。)
【???】 ここに「↑矢倉岳・足柄万葉公園/21世紀の森・洒水の滝↓」の道標。浜居場城跡に続くはず。でも、林道にはロープが張られていました。単なる車止め?両脇は歩けるけど立入り禁止?よく分かりません。追記:単なる車止めのようです。(2008年3月)
この無線塔を通るコースの他に北に巻くコースもあるようです。
足柄平野・相模湾を望む 13:45 引き返して「山菜の森」手前の展望所。ベンチがひとつ。
足柄平野の先に相模湾江の島がかすかに見えました。松田の白亜のハーブ館も確認できます。

「森林館へ往復してみる?」「うーん・・・」されば別の機会に。堪能したら、そろそろ下山。
四阿のある野鳥の森分岐に戻り、ひとつ先の「←洒水の滝」分岐からテレビ塔へ。
テレビ塔からの展望
14:10 NHKと民放の2塔のテレビ中継塔が立っていました。北から東に開けてよい眺めです。

14:20 往路で見た「21世紀の森」の看板がある分岐(テレビ塔入口)。その先は往路と同じ道を下りました。

舗装農道(林道?)でエナガなどの野鳥を見ながら下り・・・

15:05 テレビ塔から1時間弱で洒水の滝駐車場。あとは山北駅に向かうだけ。
足柄橋を渡って山北駅へ 15:15 水色の足柄橋。右側(下流側)の歩道から国道246号の下を抜けて山北駅に向かいました。
足柄橋から山北駅までは25分ぐらいでしょう。

JR御殿場線沿線には桜並木が続きます。でも今はまだ固いつぼみ。ウソの小群を見かけました。

◆おまけ

15:50 健康福祉センターさくらの湯に立ち寄りました。本数の少ない御殿場線を利用する場合は、時間調整ができてとても便利です。ありがたいですね。
【湯】北海道長万部の二股ラジウム温泉の石灰華原石を使用した人工温泉。
【料金】2時間まで400円、6時間まで700円。水着着用の温水プールの利用も可。
【備品】ボディソープ、シャンプー、ドライヤー
【休憩室】食べ物・飲み物の持ち込み可。1階の喫茶コーナーから出前も可。
健康福祉センター 17:30 健康福祉センターを出たら、そろそろ夕闇の頃。
跨線橋を渡れば山北駅。近くて便利だね。
お疲れさまでした。
【移動】山北17:41==(JR御殿場線)==18:06国府津18:13==(JR東海道本線:JR計650円)==18:36辻堂
御殿場線の車窓から見えた富士山、矢倉岳、明神ヶ岳は、夕闇の中でシルエット。そして国府津に近づく頃は・・・闇にまぎれて見えなくなっていました。

◆メモ

  • 河村城址公園の整備工事(発掘作業?)はいつまで続くのでしょう?少し調べてみましたが、よく分かりませんでした。
  • 21世紀の森について
    • 道標表示の「セントラル広場」、「森林館」、「洒水の滝」は間違いではないのですが、「○○経由」のように書いてくれたらうれしいな。園内マップを持参しないと悩むかも知れません。
    • 今回は一部しか歩いていないので、いつの日かゆっくり巡ってみようと思いました。
    • 火気の使用はできません。公園ですからね。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system