■陣馬山から南高尾山稜

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 陣馬山から南高尾山稜 更新日:2008年09月27日

◆日付・天気

2007年11月03日(土曜日) 天気:曇りのち晴れ・・・残念ながら遠望かないませんでした。

◆コース(所要時間:8時間15分)

【起点】和田BSトイレあり08:40…(1時間)…09:40和田峠トイレあり…(20分)…10:00陣馬山トイレありお弁当ポイント10:10…(30分)…10:40明王峠トイレありお弁当ポイント…(25分)…11:05堂所山お弁当ポイント[昼食]11:25…(45分)…12:10景信山トイレありお弁当ポイント12:25…(25分)…12:50小仏峠…(20分)…13:10小仏城山トイレありお弁当ポイント13:20…(35分)…13:55大垂水峠…(25分)…14:20大洞山お弁当ポイント14:30…(1時間)…15:30泰光寺山お弁当ポイント…(15分)…15:45三沢峠…(20分)…16:05峯ノ薬師トイレあり16:15…(40分)…16:55城山高校前BS【終点】 KML
【注記】日の短い時期は日没時刻を考慮してね。

◆コメント

テーマは県境尾根を歩くこと。神奈川県北端の生藤山(しょうとうざん)から南東に続く東京都との県境のうち、和田峠から三沢峠までを歩いてみました。
しっかりしたコースですが、距離が長めなので時間がかかります。健脚向けかな?
随所に巻き道もありましたが、テーマに従って全てのピークを越えて歩いたので「アップダウンてんこ盛り」でした。
行楽シーズンゆえ、展望のよい場所や便利な茶屋がある陣馬山〜小仏城山は特に賑わっていました。

◆アルバム

【移動】辻堂05:52==(JR東海道本線)==05:56茅ヶ崎06:03==(JR相模線・横浜線直通)==07:20八王子07:24==(JR中央線・高尾乗換え:JR計1,110円)==08:04藤野08:11==(津久井神奈交バス:240円)==08:30和田BS
高尾駅はハイカーであふれ、藤野駅発のバスも満員で発車。終点の和田BSに到着した時は、移動だけで疲労感。
自然公園センターのある和田BS 和田BSに隣接する県立陣馬自然公園センター。(トイレあり)

08:40 休憩後、身支度をして出発
沢井川を縫うように車道を上って行きます。

08:45 陣馬山登山口(下)と、08:53 同(上)を共に右に分けて進むと、歩いているのは私だけ。ちょっと寂しい。
和田峠まで歩かずとも、この登山口から陣馬山へ登っても良いのですが、今回はこだわって県境の峠へ。
展望地から富士山方向 やがて道はターンしながら高度を上げます。

09:25 ベンチのある「富士山眺望地点」。ひと汗かくので、休憩に便利。
残念ながら富士山は雲の向こう。

すぐ先には「鍋こわしの滝」。下降する道がありましたが、今回はパス。
上から見えた姿は渓流瀑のようでした。
和田峠から陣馬山へ 09:40 ゲート(開放)の先が茶屋のある和田峠
左(北)にも県境の道、「関東ふれあいの道 醍醐丸1.6km・生藤山5.0km」が続きます。

階段の「陣馬山0.7km・明王峠2.6km」と、「陣馬高原山の家(現在は撤去)」経由(キャタピラ車の道)のふたつがあります。
私は県境の階段へ。
陣馬山 土留め階段は長めが3箇所、短めが3箇所ぐらい。よいしょ!

10:00 ひと汗かいて陣馬山(じんばさん。857m)。数店の茶屋があります。
シンボルは富士山に向かっていななく白馬像。ヒヒ〜ン!
ところで、三角点はどこ?気付きませんでした。
陣馬山からの展望(南〜西)
南から西への展望。あいにくの曇り空なれど、かすかに富士山。丹沢方面で見えたのは丹沢三峰ぐらい。
10:10 道標「明王峠1.9km・景信山5.7km」に従って先へ。
明るい道 階段を下り、栃谷尾根経由の「陣馬登山口バス停5.5km→」を分けて直進。

植林もあるけど、広葉樹林もあるので明るいコース。
木々は少し色付き始めたようです。

「←陣馬高原山の家」も通過して、「景信山」へ。
奈良子峠を景信山へ 10:33 十字分岐の奈良子峠
道標は「←陣馬高原キャンプ場1.4km/景信山4.2km↑/陣馬山1.5km↓/陣馬登山口バス停7.3km→」

そして鞍部から少し登り返すと・・・
明王峠 10:40 明王峠(みょうおうとうげ。738.9m)。
の木と茶屋があり、展望が良いようです。
さらに進むと・・・
10:48 「←陣馬高原下バス停2.8km」の分岐点が底沢峠(721m)。少し先が「底沢2.8km・相模湖駅5.8km→」の分岐でした。
【参考】山と高原地図(2007年版)では十字路に読めますが、少し離れていました。付け替えたのかな?
底沢峠から奥多摩を見る
底沢峠から北に奥多摩方向が開けますが、遠望利かず、はっきりしませんでした。
堂所山分岐 11:04 巻き道(関東ふれあいの道)を分けて尾根を登ると、ベンチのある分岐
道標は「←八王子城趾8.0km/景信山2.6km→」
「ここが堂所山?」と思いましたが、よく見ると手書きで「←堂所山60m・関場峠」の加筆あり。まだなのね。少し進むと・・・
堂所山から連行峰方向
11:05 堂所山(どうどこやま? 731m。山頂標は733m)。
三角点と山頂標のある山頂はやや狭く、ベンチが2つ。そして西に開けます。
なだらかなピークが陣馬山。写真中央が連行峰方向ですが、雲の中。見えているのは東峰P837のようです。
山座同定の後、紅葉を見て昼食。今日はひとりなので、コンビニおにぎり。

11:25 しばらくすると数人のハイカー。席を譲って、出発
分岐に引き返して「景信山」へ。急坂を下って、分けた巻き道を合わせて進みます。

11:38 白沢峠。(巻き道分岐の道標に手書き)
境界見出しに従う 11:40 巻き道は楽なんだけどね・・・
ふぅ。P673かな? 境界見出標を見ながら登ったり、下ったり。
色付き始め 11:45 送電鉄塔の横を通過し、

ところどころ色付き始めの木々を見て進むと・・・
景信山 12:10 景信山(かげのぶやま、かげのぶさん。727m)。三角点と山頂標があります。
茶屋があるのでハイカーで賑わっていました。
景信山から南を見る
は八王子市街。大山はうっすら。南西に石老山。澄んでいたら綺麗だろうね。
そして電波塔が目立つ小仏城山。次のピークです。でも、その先も、まだまだ長い。

12:25 休憩終了、出発!
滑りやすい下り 12:32 滑りやすい下り坂。ジグザグをひと下りするまでは気が抜けない。
【?】茶屋の荷運びキャタピラ車はこの道を通るのかな?
小仏峠 中央自動車道・小仏トンネルのはるか上を通過して・・・

12:50 地蔵が祭られた小仏峠
旧甲州街道(江戸日本橋から下諏訪宿で中山道に合流)の峠です。
現在は真下をJR中央本線がトンネルで貫いています。
小仏茶屋 12:53  廃屋の先には茶屋があり、多くのハイカーが休憩中。
眼下に中央自動車道相模湖。江戸時代の旅人が見たら腰を抜かすよ!
小仏城山の電波塔 13:10 大きな電波塔の立つ城山(670.3m)。
近隣の城山と区別するため、小仏城山と呼ばれるようです。
賑わう山頂 茶屋は賑わい、山の上とは思えません。すごいね!
まるで「じゃま物」扱いの三角点が哀れ。

ここから高尾山に進めば普通でしょうが、今日のテーマは県境歩き。

13:20 次は「大垂水峠1.7km」へ。「高尾山口」を分けると、一気に静かになりました。
通行止エリアあり 13:32 滑りやすい急坂を慎重に下ると分岐
「←林道を経て大垂水峠2.4km」には「きけん立入禁止」の表示。
【参考】帰宅後、確認。正確には『林道に進んでも、その先で高尾山方面は通行止』のようです。⇒高尾山遊歩道の通行規制(通行止)のお知らせ(PDFファイル)

直進「大垂水峠1.2km↑」は大丈夫。Go!
【参考】山と高原地図(2007年版)では「2006年12月現在通行止」となっていますが、解除されたようです。
大垂水峠 やがて尾根から離れてに下り・・・

13:55 国道20号(現甲州街道)の大垂水峠(おおたるみとうげ)。
コースは左(東)の歩道橋へと続きます。
峠から登り返し 14:05 しばらく山腹を巻いた後、尾根に上がってひと登り。ふぅ。

ベンチを見て「大洞山か?」と思ったけれど、もう少し先でした。
大洞山 14:20 大洞山(536m)。ベンチと「関東ふれあいの道」案内板があります。
ザックを下ろして休憩。ここでおじさんとお話し。
一帯のハイキングコースに詳しく、いろいろ教えていただきました。

14:30 もっと聞きたかったけど、まだ先があるので・・・
「ありがとうございました。」と、お礼を言ってお別れ。
三角点? 境界標? 山と高原地図では次のピークがコンピラ山(514.7m)。でも、山頂標がなく、不明。三角点は見落としました。
先に進んで・・・

14:45 巻き道を分けて急坂を登ったら標石(三角点? それとも単なる境界標?)のある狭いピーク。(こちらがコンピラ山?)
北に小仏城山が見えます。
そして予想通りの下り坂。慎重にね。
中沢山分岐 14:52 送電線の下を通過したらベンチの分岐
「←中沢山492.4m(地形図はP494)」に進めば聖観音菩薩像のピークでしたが・・・
「↑梅の木平5.9km」、手作り道標「三沢峠へ」に進んでしまいました。(弱)
見晴台から西の石老山 「三井(みい)水源林→」(何でしょ?)を通過した少し先に・・・

15:05 ベンチのある「見晴台」。
南に仙洞寺山、西に石老山(富士山方向)。津久井湖は薄鈍色(うすにびいろ)で、太陽を反射してまぶしかった。
泰光寺山 「←山下/梅の木平4.2km↑」の西山峠を通過し、巻き道を分けて登ると・・・

15:30 泰光寺山(474.9m)。三角点とベンチがあります。
ピークの下りは急階段。涙が出そう・・・

日没まで1時間ちょっとかな?山では日没前に暗くなる。少し急ごう。
三沢峠 15:45 三沢峠。道標いろいろです。
関東ふれあいの道「←梅の木平(湖のみち)」を分けて「↑峰の薬師へのみち」へ。
電波塔が並ぶ 15:50 城山湖からの道を合わせたら電波塔。全部で4本が並びます。

15:55 「峯ノ薬師守護金毘羅様」の祠に立ち寄って下り、
16:00 コンクリート建物の峯ノ薬師奥の院
峯ノ薬師から城山方向 16:05 津久井湖と城山が開けたら峯ノ薬師
檜垣兄弟(実際は兄の鉄心)との死闘を記念した「姿三四郎決闘の場」の石碑があります。
疲れました。でも、ここまでくれば大丈夫。しばし休憩。

16:15 さて。表参道ではなく、「東参道・中沢口」から下りました。
城山高校前BS 16:35 県道合流点には「関東ふれあいの道」案内板と上中沢BS
バス便は少ないので、もうひと歩き。城山高校前BSまで、20分ぐらいです。

16:55 城山高校前BS。バス便は豊富です。
薄暗くなったね。お疲れさまでした。(←自分に)
【移動】城山高校前BS16:56==(神奈中バス:260円)==17:40橋本17:59==(JR相模線)==18:58茅ヶ崎19:04==(JR東海道本線:JR計650円)==19:08辻堂
橋本駅に向かうバスは渋滞でノロノロ。遅くなって、妻は心配しているかな?

◆メモ

  • 平成19年(2007年)8月〜平成20年2月の間、間伐作業により高尾山遊歩道の一部に通行止個所があります。
    【参考】関東森林管理局・東京神奈川森林管理所 >> 高尾山遊歩道の通行規制(通行止)のお知らせ(PDFファイル)
  • 茶屋では
    • 名物は「なめこ汁」かな?でも、はためく幟と人の多さに違和感を感じる・・・
    • テーブルでガスバーナー禁止の表示も見かけました。
    • 「茶屋利用の優先席」では、何も買わずに使ってはいけないようです。
  • 走っている人を多く見かけました。トレイルランニングと言うようで、早い人は高尾山〜陣馬山を3時間弱で往復するそうです。すごいね!

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system