■檜洞丸(ひのきぼらまる)

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 檜洞丸 更新日:2013年05月20日

◆日付・天気

2002年05月05日(日曜日) 天気:晴れ

◆コース(所要時間:7時間)

【起点】西丹沢自然教室トイレあり09:30…(5分)…09:35檜洞丸登山口…(35分)…10:10ゴーラ沢出合10:20…(40分)…11:00展望台お弁当ポイント11:10…(1時間5分)…12:15石棚コース分岐…(15分)…12:30檜洞丸お弁当ポイント[昼食]13:15…(1時間35分)…14:50犬越峠お弁当ポイント15:00…(45分)…15:45用木沢15:55…(10分)…16:05用木沢出合…(25分)…16:30西丹沢自然教室トイレあり【終点】

◆コメント

今まで西丹沢の山に登ったことがありませんでした(移動に時間がかかるので腰が引けていました)が、気合を入れて出かけてみました。
ちょうどツツジの季節なので楽しみに出かけましたが、時期は少し早かったようです。
山頂は展望がありませんが、マメサクラが満開でとても綺麗でした。コースはややハードで侮れません。

◆アルバム

【移動】辻堂06:40==(JR東海道本線:480円)==07:16小田原07:21==(小田急小田原線:210円)==07:31新松田
国府津から御殿場線乗換えも考えましたが、連絡が良くないので一旦小田原に出て新松田に戻りました。時間的にはこちらの方が短くてすみます。
【参考】新松田駅を出て左にある切符売り場?に丹沢大山パンフレットがあります。とても便利。
新松田駅とバス停 07:33 新松田駅前のバス停。バス発車まで30分待ち。でも既に十数人の行列でした。

向かいはJR松田駅。可愛いですね。
向かいはJR松田駅
この後、更にハイカーは増え、富士急湘南バスは臨時便を出してくれました。ありがとうございます。
【注記】バス便は少ないので要注意。バスは御殿場線の山北駅、谷峨駅前から乗車しても良いのですが、シーズン中は座れないかも?

【移動】新松田08:04==(富士急湘南バス:2,070円[1])==09:10西丹沢自然教室BS 【備考】[1] 往復料金。片道1,150円ですが往復購入は一割お得。
通常1時間10分ほどかかるようです。玄倉を経由するので時間がかかります。座れないと疲れてしまいますね。
ちなみに後発の臨時便は玄倉を経由しなかったので私たちより先着していました。ガクッ!
西丹沢自然教室 09:12 西丹沢自然教室でトイレを拝借。
みなさんも出発準備 09:16 ここを起点の畦ヶ丸(あぜがまる)コースの入口もあります。
新緑が綺麗。ハイカーは皆、身支度して出発の準備。

09:30 一応、帰りのバス便をチェックして、私も出発。
檜洞丸コースの入口 09:35 車道をしばらく進むと右に檜洞丸への道標
ここを入って小さな沢沿いにしばらく進みます。
他のハイカーに出会うことなく、少し不安・・・
多くのハイカーは車で来て、もう少し早めに出発するようです。
架け直された木橋 09:43 最初に少し登り、その後なだらかな道を進みます。
途中、幾度か崩れた道に架けた(桟道)を渡ります。
道は細くザレ(砂、小石の道)ているので、なだらかだけど要注意。
ゴーラ沢出合 10:10 ゴーラ沢出合。今日は暑く、既に汗ダク。
沢で顔を洗い、ペットボトルに水を補給しました。

10分の休憩後、出発。
少し河原を進み、右手にコンクリート階段を上がります。
ここからつつじ新道。この先、急登が続きます。
展望台はこの上 11:00 ひゃ〜疲れた!汗ダク!展望台で休憩。

ここで初めて富士山を見ることができました。(雲の上に冠雪山頂だけですが・・・)
右のピークが箒沢権現山(前権現山)のようです。
富士山
トウゴクミツバツツジ 11:02 展望台付近でトウゴクミツバツツジが咲いていました。でも、この1本だけ。
つつじのトンネルを抜けるイメージだったのに少し残念。
参考ページ:ツツジの特徴
ハシゴ登りが続く 11:49 (@_@)wow!ハシゴ登りが続く・・・
勘弁して!心臓バクバク。腿パンパン。
樹間から富士山 12:02 富士山を垣間見ます。疲れた体も癒されます。
木道とバケイソウ 12:15 石棚山コース分岐を左に進み、檜洞丸へはあと600m。急登は終わったかな?

やがてフキバイケイソウの中を木道歩き
木道はバイケイソウを保護するためなので、下に降りたりしないでね。
最後の急登 12:25 最後に階段をゼイゼイ登って山頂を目指します。
ブナの倒木が多いのは酸性雨のせいでしょうか?
檜洞丸到着 12:30 檜洞丸(1601m)に到着。スタートから約3時間でした。
山頂はハイカーで賑わっていました。

山頂に咲くマメザクラ。綺麗ですね。
マメサクラ
犬越路で下りましょう お腹ペコペコ。山頂で昼食にしました。

13:15 昼食&休憩で45分。復路は犬越路に挑戦します。
シロヤシオ 14:10 初めて見るシロヤシオ。葉が5枚なので別名ゴヨウツツジ。敬宮愛子内親王の御印の花です。
20分ほど先にトウゴクミツバツツジもありましたが、まだつぼみ・・・ってことは、「早過ぎた」ってことね。

しかし、ここまで幾つかのピークを登ったり下りたり大変!
岩場クサリハシゴが続く大笄(おおこうげ)、小笄(ここうげ)はあなどれない。
両手両足をフルに活用し、慎重に下りました。
犬越路 14:50 やっとの事で犬越路。この先、左に用木沢出合に進みます。
その前に、ここで10分間の休憩。
奥には避難小屋があります。残念ながらトイレはありません。
振り返って檜洞丸を探すも、もはや雲の中でした。
【参考】2005年12月に避難小屋は建て替えられ、トイレもできました。
用木沢の河原で休憩 15:45 用木沢に出たところで休憩(10分)。
冷たい沢の水で顔を洗って生き返えります。(水を補給できます。)
【注意】途中、前を歩くおじさんがザレ場を谷に滑落!木に引っ掛かって自力で上がり、事無きを得ましたがビックリしました。
用木沢出合に到着 河原をケルンを目印に下り、沢を幾度か橋で渡って・・・

16:05 用木沢出合

用木沢出合から一帯はキャンプ場で大賑わい。さすが子供の日!

16:30 西丹沢自然教室BS。疲れました。
【移動】西丹沢自然教室BS17:15(最終)==(富士急湘南バス[1])==17:50谷峨18:01==(JR御殿場線)==18:30国府津18:32==(JR東海道本線:JR計740円)==18:52辻堂 【備考】[1] 往復券を使用
最終バスに乗って新松田に向かいましたが、道路渋滞で随分時間がかかりそうなので谷峨駅前で下車してJRで帰りました。恐るべし5月連休!

◆メモ

  • 桧洞丸と記述されている資料もありますが、どちらが正しいのでしょう?あるいはどちらも正しいのでしょうか?
  • 復路の犬越路は思ったよりハードで距離もあるので時間がかかります。今回は単独ハイキングでしたが、妻と出かける場合は下山路も「つつじ新道」の方が良いと思いました。(帰りの最終バスに間に合わないと大変なので・・・)
  • 片斜面のザレた道は慎重に!滑落したおじさんは鼻の頭を擦り剥いて痛々しかったです。補助のロープがある場所は、それなりに危険だからあるわけで、飾りで付けてあるわけではありません。ロープを見たら「気を付けよう」ぐらいの意識が必要ですね。
  • 簡単にミツバツツジやシロヤシオの花を見たいのなら、大船の「フラワーセンター」で見ることもできます。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system