■引地川(下流)

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 引地川(下流) 更新日:2017年02月05日

◆日付・天気

2017年01月22日(日曜日) 天気:晴れ・・・昼前から風が強まりました。

◆コース(所要時間:4時間)

【起点】鵠沼海岸駅08:45…(10分)…08:55鵠沼海岸歩道橋09:00…(10分)…09:10鵠沼伏見稲荷神社トイレあり09:20…(15分)…09:35八部公園トイレあり09:40…(10分)…09:50長久保公園トイレありお弁当ポイント10:00…(30分トイレあり[1])…10:30引地橋…(35分)…11:05引地川親水公園トイレありお弁当ポイント左岸南口...大庭鷹匠橋)11:35…(20分)…11:55自性院…(45分)…12:40円行公園トイレあり…(5分)…12:45湘南台駅【終点】 KML
【参考】野鳥を観察・撮影しながら歩いているので、通常より時間がかかっています。 [1] 東海道本線下流側右岸の親水広場にトイレあり。

◆コメント

引地川(ひきじがわ)は大和市の泉の森を水源にして、藤沢市の鵠沼海岸で相模湾に注ぐ、全長約21kmの川です。水源から河口まで、緑道や公園、農地や住宅地、桜並木などを楽しみながら川沿いを歩くことができます。
歩くだけなら1日で全長を歩けますが、野鳥観察していると時間がかかります。今回はおよそ中間点の湘南台で分割しました。本編は下流編。湘南台から泉の森へは上流編をご覧ください。
水源と河口のどちらを起点にしてもかまいません。河口から歩いたのは妻が「顔を日焼けしたくない」と言ったから。理由はそれだけ。
長久保公園や引地川親水公園、円行公園付近はが多く、花咲く頃の花見ウォーキングはおすすめです。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂08:28==(JR東海道本線:190円)==08:31藤沢08:38==(小田急江ノ島線:130円)==08:42鵠沼海岸
引地川河口 08:45 鵠沼海岸駅を出発。商店街を左(江ノ島駅方向)に行き、ファミリーマートがある┼字路を右(南西)へ。

08:55 国道134号を跨ぐ鵠沼海岸歩道橋
知りませんでしたが、たまたまこの日は「湘南藤沢市民マラソン」開催日。国道はランナーで埋め尽くされて、すごい数!
歩道橋を渡ったら引地川河口。その先に江の島

09:00 河口を確認したら引き返して鵠沼橋の上流側へ。それではこれから川沿い歩き。Let's Go !
丹沢・大山を見る 両岸どちらでも歩けます。お好きにどうぞ。私たちは左岸を上流へ。

鵠沼橋の次が龍宮橋。上流側に丹沢・大山の山並み。薄っすら雪があり、きれいでした。
はて?橋端の親柱は竜宮(龍宮)城がモチーフでしょうか?小田急片瀬江ノ島駅?
大鳥居 稲荷神社に寄ってみます。稲荷橋で川から離れて右へ。

09:10 鵠沼伏見稲荷神社赤い大鳥居。参道に進み・・・
鵠沼伏見稲荷神社 拝殿。すでに初詣の頃は過ぎて境内は静か。
妻は御朱印(初穂料:300円)をもらってニコニコ。最近始めた妻の趣味。熱しやすくて冷めやすい。
並ぶ鳥居 拝殿の左に奉納鳥居が並んでいて、くぐって進むと奥に奥宮が祀られています。

09:20 神社をあとにして次へ。

稲荷橋に戻って上流へ。この先、両岸は緑化された遊歩道があり、引地川緑地と呼ばれます。
八部公園 近くなので八部公園にも寄ってみましょう。
親柱にクジャクのような鳥が乗っている作橋で右折(東)して・・・

09:35 八部公園。「はっぺ」と読める人は地元っ子。普通は読めません。
左前方へ温水プールと野球場の間に進み・・・
SL展示 蒸気機関車C11 245号。愛称は「しおかぜ」。

09:40 川沿い歩きを続行。

太平橋で右岸に渡り、長久保公園へ。
長久保公園 09:50 長久保公園南入口
園内は意外と広く、散策路があります。お好きに巡ってみてください。
ルリビタキ 大きさはスズメぐらい。「ルリビタキのメスかな?」と思いましたが、調べたらオスの若鳥のようです。
梅 早咲きの梅でしょうか、紅梅・白梅が咲いて、ほのかな芳香。
芝生広場 広い芝生広場。周囲にが植えられていて、花咲く頃は華やかです。

10:00 正面入口。表札は「長久保都市緑化植物園」。公園を出て川沿い歩きを続行。

10:05 「富士見橋」交差点で箱根駅伝のコースでもある県道30号を横断。
引地川緑地 富士見橋上流右岸の引地川緑地

清水橋の右岸が親水広場。ベンチやトイレ、ちょっとした遊具があり、水辺に下りることもできます。
高山地下道 親水広場の先、「高山地下道」で東海道本線をくぐり抜けます。(カッ飛ぶ自転車に気を付けてね。)
右岸上流 地下道を抜けて上流方向。大きな煙突は石名坂環境事業所(ゴミ焼却場)。

以前は対岸に大きな工場(日本電気硝子 藤沢事業場)がありましたが、更地になってしまいました。
近くにあるふたつの大型ショッピングセンターの湘南モールFILL と Mr MAX は工場閉鎖・縮小の跡地を利用して再開発されました。
これ以上、ショッピングセンターはいらないし・・・跡地はどうなるのでしょう?
藤沢バイパス 10:30 引地橋が架かる左右の道は、かつての江戸東海道[*]。のちに国道1号となるも、陥落して今は県道。
横断して先へ。
【参考】[*] 正確には江戸期の左岸部は枡形になっていて、直線ではない。現在も枡形の道は残っている。

こちらが現在の国道1号藤沢バイパス。(手前で河川工事をしていたので見にくい写真になってしまいました。)
カワセミ やがて田園地帯。探鳥しながら歩いたので時間がかかりました。

青い宝石、カワセミ
カンムリカイツブリ カルガモより小さいカンムリカイツブリ
マガモ アヒルじゃないよマガモだよ。
ユリカモメ ガァガァとうるさいユリカモメ

他に見かけた野鳥は、コガモカルガモキセキレイカイツブリオオバンモズなどいろいろ
引地川親水公園南口 大きな大庭大橋の下をくぐり、小糸川合流点の小さな城下橋で左岸に渡ったら・・・

11:05 引地川親水公園の左岸南端入口。送電鉄塔が連なります。
園路を進むと団地越しに左(西)に富士山が見えます。
芝生広場 遊具や広い芝生広場があるので子供連れの家族に人気。
ベンチもあるのでお弁当を広げて昼食にするにはよいところです。
対岸も公園敷地ですが、洪水時に水没する遊水池で、多目的広場(ただの広場)や球技広場があります。

天神橋(欄干は相撲をするカエル)で対岸に渡っても遊具や四阿があり、公園は上流に続きます。
桜並木 私たちは左岸のまま進んで、桜並木
公園ができて20年ぐらい。当時、植栽されたばかりの桜はまだ小さかったですが、ずいぶん立派に育ちました。
湿生植物園 ちょっと大げさな名前の「湿生植物園」。小さな池に木道が渡されています。
池では「野生メダカの再生研究が行われ、勝手に捕獲したり毒物を遺棄すると罰せられます。」とのこと。
妻はメダカを探しましたが・・・見つけられなかったようです。
親水護岸 両岸に土砂を盛った親水護岸
元々は三面コンクリート護岸でしたが、公園整備時に拡幅して土砂を盛って自然の川に近付けました。

11:35 大庭鷹匠橋で公園は終わり。この先はしばらく緑地がなくなります。
両岸共に歩けますが、このまま左岸を歩いた方がよいでしょう。
横浜水道橋 11:40 新石川橋。少し交通量の多い道路を横断します。横断歩道がないので注意してね。

前方に見えていた横浜水道橋が近くなりました。
畑の先に寺 石川ポンプ場の近くの橋は下川内橋。模様がレンゲソウなのは、付近の田んぼで栽培するから。

秋本橋前方が畑になって道がなくなるので少し悩みます。
右岸に渡れば歩道がありますが、ガードレール内は狭いし、切れ目がないのでイマイチ。
なので畑を右から迂回します。正面に見えるお寺にも寄ってみましょう。
自性院 11:55 自性院(じしょういん)。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

自性院前の道は引地川左岸につながっています。
左岸を上流へ 土の道ですが、草刈りされて歩きやすい。
消防防災訓練センター 12:00 砂利道に変わって石川岡田橋。親柱には大きなカタツムリ
右前方の広い敷地は藤沢市消防防災訓練センター
普段はきびしい訓練をしていますが、正月の出初式のイベントは楽しそうです。
【参考】旧・藤沢北高校の跡地です。
横須賀水道橋 山田橋を過ぎたらアーチの水道橋が見えてきます。
次の細い東岡田橋(歩行者自転車専用)で右岸に渡れば少し近道です。

水管2本のアーチ水路橋が横須賀水道橋。昔は青色でしたが、目立たない灰色系になりました。
高層マンション群を見る 次は馬渡橋(まわたりばし)。欄干模様は「馬」。
前方に高層マンション群(エスタテラ湘南台)が見えてきて、湘南台駅が近くなったことが実感できます。
キタムラ やがて緑道になって、桜並木が始まります。

12:25 赤い看板の「カメラのキタムラ」。10年ぐらい前までは黄色い看板の「カメラのきむら」でした。
車に注意して車道を横断します。
桜の花模様 両岸共に桜並木(左岸は車道)。柵も花模様。花咲く季節は華やかです。
左岸へ 柳橋を渡って対岸へ。
円行公園 12:40 渡った角が円行公園。遊具やトイレがあります。
公園の上部に梅林があるそうですが、確認を忘れました。
湘南台駅 12:45 湘南台駅西口。小田急江ノ島線や横浜市営地下鉄、相鉄いずみ野線と接続しています。
お疲れさまでした。

で・・・まだお昼ご飯を食べてない!駅の近くでお食事処を探して、本日は外食。
【移動】湘南台駅西口BS13:45==(神奈中バス:370円)==14:20辻堂駅北口BS
辻堂まではバスでも電車でも料金は変わりません。バスは時間がかかるけど、寝て行けるから。

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system