■引地川(中流)

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 引地川(中流) 更新日:2017年01月29日

◆日付・天気

2003年11月02日(日曜日) 天気:晴れ

◆コース(所要時間:3時間35分)

【起点】ジャスコ藤沢店トイレあり11:15…(10分)…11:25大庭城址公園トイレありお弁当ポイント[散策]…12:20舟地蔵トイレあり[1]…12:35引地川親水公園トイレありお弁当ポイント[昼食]…13:30大庭鷹匠橋…(1時間10分)…14:35円行公園トイレあり…(10分)…14:45湘南台駅【終点】
【補足】[1] 近くにある舟地蔵公園内にトイレがあります。

◆コメント

今回は大庭城址(おおばじょうし)公園から引地川親水(ひきじがわしんすい)公園への公園巡りと、その上流へ川沿いを湘南台駅まで歩いてみました。
両公園共に良く整備された広い公園なので、お子様と一緒に出かけてみてはいかがでしょうか?
川沿いのウォーキングでは水辺の鳥を見かけることができるでしょう。冬場であればカモたちがやってきます。

◆アルバム

【移動】辻堂北口10:50==(神奈中バス:170円)==11:00南センター前BS[2]
【参考】[2] 昼食用の弁当を購入するのに便利なスーパー前で下車しました。最寄りは次の大庭小学校BSとのことですが、歩く時間に大差はありません。バス便は豊富です。
藤沢西部団地東側 11:15 ジャスコで昼食用の弁当を購入して出発。
スーパーを出た「藤沢西部団地東側」交差点を右(東)に車道を下ります。
正面に小高い山が見えてきますが、その山頂部が大庭城址公園です。

少し詳しく・・・学校前を下り、セブンイレブン先で引地川支流(小糸川)を見て左。
すぐに右に橋を渡って道なりに進みます。
大庭城址公園 正面入口 11:25 大庭城址公園入口。
正面の階段で管理棟へと続きますが、左からのスロープもあります。ベビーカーなどある方は左から。
チビッコ冒険広場 11:35 落葉の上をカサカサ歩くのも心地良いものです。
フィールドアスレチック(チビッコ冒険広場)もあります。子供より大人が夢中?
芝生の広場
広い芝生の公園(休憩広場、大芝生広場)。レジャーシートを広げてお弁当を食べている家族連れも多く、バドミントンやフリスビーなどを楽しんでいました。
大庭城址の碑 11:55 大庭城址の碑。裏には昭和60年4月11日開園とありました。
【学ぶ】室町時代中頃(15世紀後半)、太田道灌(どうかん)による本格的な築城と言われる。
のち、北条早雲に攻められて落城(1512年)し、北条氏の支配下になる。
更にのち、北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされ(1587年)て廃城となったそうな。(説明板を要約)
薔薇園で 小さいけど薔薇園(花の広場)もあります。その一輪をアップで。
気の早いソメイヨシノ よく見ると季節外れのの花
公園内はソメイヨシノも多く、桜咲く季節は賑わいます。
空壕(からぼり)から館址(やかたあと)広場へと進むと、奥の石碑の先から南入口に下る道があります。
唯一ハイキングコースっぽいのですが、わずか数分でおしまいです。
南入口に下りると東に丸いタンクが見えます。あの丘陵部の麓が引地川親水公園です。
まず藤沢・厚木線(43号)に出て、すぐ右の舟地蔵交差点へ。
舟地蔵 12:20 交差点の近くに舟地蔵(ふなじぞう)があります。
【学ぶ】北条早雲が大庭城を攻めた時、付近一帯は沼地であったのでとても苦労した。北条方は地元の老婆から「堤を切れば干上がる」ことを知るが、老婆の言が大庭方に漏れるのを恐れて殺してしまった。
結果、大庭城は落城するが、哀れな老婆の供養に地元の民が建てたと言われる。台座が舟型になっているので舟地蔵。
詳しくは藤沢市教育文化センター内のページ
舟地蔵交差点 交差点を丸いタンク方向に渡り、左に多目的広場、球技広場、遊水地を見ながら支流(小糸川)沿いに進みます。
【参考】 田園風景の残る両岸は緑に広がる夏や、黄金に実った稲穂の時期も良いものです。
この時期はさすがに刈り入れが終わっていましたが・・・
親水公園 南端 12:35 引地川を渡ると引地川親水公園の南端。
ここから上流に1.5kmほど整備された公園が続きます。
綺麗な公園 ところどころ遊具もあるので、子供たちはエンジン全開!
この先、天神橋を越えると公園は両岸に広がります。
カワセミの止まり木 湿性植物の池にはカワセミのための止まり木があります。運が良ければ出会えるかも?
池の中をそっと探すとメダカもいます。
昼食 13:00 ここらで昼食。ジャスコで買った巻寿司セットとシュウマイです。

食後は水鳥などを撮影しながら上流へ。
親水公園 北端 13:30 大庭鷹匠橋まで来ると親水公園の北端です。
上流に横浜水道の水路橋[3]が見えています。
【参考】[3] 以前は青色でしたが、近年、薄い茶系色になりました。
横須賀水道 14:10 正面に横須賀水道の水路橋。少し寂しい道ですが、このまま右岸を進みます。
少し進むと遊歩道があり、歩きやすくなります。
カメラのきむら 14:20 黄色い看板の「カメラのきむら」。右手に見て道路を横断して上流へ。
両岸は桜並木 両岸は桜や柳の並木が続きます。花咲く季節に歩いてみるのも良いでしょう。
円行公園 14:35 対岸に円行(えんぎょう)公園がある交差点を右折(東)して引地川を渡ります。
湘南台駅前 ビル街になって湘南台駅が見えてきます。

14:45 小田急江ノ島線・湘南台駅
20年前は少し歩けば畑ばかりでした。今では横浜市営地下鉄も相鉄線も接続しました。
【移動】湘南台15:00==(神奈中バス:360円)==15:30辻堂 バス便は豊富です。

◆メモ

  • 引地川は河口の鵠沼海岸から遊歩道があり、今回はその一部です。ウォーキングに良いところですが、都市部の川なので清流・・・とはいきません。
  • 「ひきじがわ」or「ひきぢがわ」?正しくはどちら?藤沢市のHPには「ひきじがわ」とあるのでこれに準じました。まぁ、それはともかく・・・発音しにくいですね。
  • カワセミは藤沢市の「市の鳥」です。引地川でも見かけます。引地川源流の大和市泉の森公園ではよく見かけます。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system