■聖峰・高取山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 聖峰・高取山 更新日:2017年03月26日

◆日付・天気

2012年11月04日(日曜日) 天気:晴れ・・・秋晴れでした。

◆コース(所要時間:4時間30分)

【起点】比々多神社トイレあり10:00…(30分トイレあり[1])…10:30登山口…(30分)…11:00聖峰トイレあり[2]お弁当ポイント11:10…(35分)…11:45弘法山/高取山分岐…(5分)…11:50高取山お弁当ポイント[昼食]12:30…(5分)…12:35大山/栗原分岐…(55分)…13:30伊勢原カントリークラブ…(40分)…14:10栗原BS…(20分)…14:30神戸BSトイレあり[3]【終点】 KML
【参考】[1] 聖峰1.7km地点の先に仮設トイレあり。 [2] 仮設トイレ。 [3] いせはら農産物直売センターにトイレあり。

◆コメント

聖峰(ひじりみね)は標高380mの低山ながら、東側が開けて開放感があります。ベンチも豊富なのでピクニックにもよいでしょう。
今回は高取山から伊勢原カントリークラブ(CC)経由・栗原(くりばら)に下山しました。初めて歩いたコースでしたが、とても歩きやすい道でした。但し、ほとんど道標がないので分岐では少し悩むかもしれません。逆コースの場合はさらに悩むかも?
【注意】最寄りの比々多神社BSや神戸(ごうど)BSはバス便が少ないので事前チェックが必要です。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂08:10==(JR東海道本線)==08:14茅ヶ崎08:28==(JR相模線:JR計320円)==08:50厚木==(小田急小田原線・本厚木乗換え:180円)==09:10伊勢原[4]09:30==(神奈中バス:230円)==09:47比々多神社BS
【注意】[4] 栗原行きのバス便は少ないので注意願います。土休日の午前中は7時台、8時台、9時台に各1本だけです。
比々多神社へ 比々多神社BSで下車し、少し引き返して案内に従えば三之宮比々多神社
ちょうど七五三の祝いで子供を連れた参拝者で賑わっていました。
【参考】神社に寄らないのであれば、この先から栗原BSまで自由乗降区間なので「聖峰に登る」と運転手に伝えておけば最寄で降ろしてくれるそうです。

10:00 身支度して参拝を済ませたら出発!
高取山を見て進む 恵泉女学園短大(閉校)を過ぎると、正面に高取山。白い電波塔が目印。
手前の開けたピークが聖峰
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
案内板 やがてY字路。「栗原ふれあいの里」案内板があり、道標は「↑高取山1時間30分・聖峰40分」だけ。
実は右は「伊勢原CC経由高取山」で、今回下った経路です(登山地図の経路です)。逆コースで歩く場合は案内板をよく確認しましょう。
直進して栗原川を渡り・・・
右上へ 10:10 保國寺入口の先が「←坪ノ内BS24分/聖峰32分↑」分岐。
道端に咲く秋の花たち(ヤマハッカなど)を撮影しながらのんびり歩き。

10:18 「↓三宮比々多神社1.0km/聖峰1.7km・高取山2.8km→」のY字路は右上へ。
坂を上ると仮設トイレがあります。
みかん 付近はみかん畑。おいしそうだね。
登山口 上り坂の舗装道を進むと、やがて右が最終処分場の緑色のフェンス。

10:30 そして「←聖峰1.2km・高取山2.3km/三之宮比々多神社1.5km↓」が登山口
カエデの道 車止めを抜けて進み、道はまだコンクリートの簡易舗装。

カエデが多いね。紅葉の頃はきれいなのかな?
】左の写真は偶然にも2008年に歩いた時と同じ位置から同じアングル!

防鹿柵(車両用扉あり)を通過したら舗装は終わり。山歩きらしくなります。
山神社 本線(巻き道)を外れて「山の神社(やまのかみしゃ)→」に寄ると、小さなピークに「山神社」の石碑
先に進むと巻き道を合わせ、そのすぐ先が・・・
九十九曲を登る 左:九十九曲(男坂)と右:女坂の分かれ道。どちらでも聖峰で合流します。

九十九曲参道」へ。ジグザグ登りですが、その傾斜は緩やかなので恐れるほどではありません。
桜の斜面を15分ぐらいコツコツ登ると・・・
聖峰からの展望
11:00 東側が開けた聖峰(解説板は「聖峯」375m。)。芝の広場にはベンチが豊富。ふた組のペアが休憩・食事準備中でした。
一角には不動尊がまつられていて、周囲はが植えられています。花見の頃はよさそうです。
ここで休憩。4年前(2008年)・・・ハーモニカ翁に出会い、「千の風になって」を演奏してもらったことを思い出します。
高取山に向かう 11:10 出発。次は「高取山40分↑」へ。P380の小ピーク(聖峯山頂)を越え・・・
【参考】「クマに注意!」の掲示あり。伊勢原市はこの年の9、10月で3頭のツキノワグマを捕獲し、丹沢山中に放獣しましたが、その後もまだ目撃・痕跡情報があります。ページ下部の「関連サイト」の項を参照。
傷んだベンチ ベンチ(下)は傷んで壊れ。

11:30 ベンチ(上)も傷んで壊れていました。
ここを下った鞍部から・・・
気合の登り 急坂の丸太階段。よい・・・しょ!どっこら・・・しょ!
今回のコースで一番の頑張りどころです。
大山南尾根に乗る 11:45 「←弘法山/聖峰25分↓/高取山→」で大山南尾根に合流。ふぅ。
高取山は近い。もうひと頑張り。
おだやかに進んだのち、最後にひと登りすると・・・
高取山 11:50 高取山(556.3m)。道標は「↑寺山/鶴巻6km・弘法山4km・聖峰↓/大山・蓑毛→」。
山頂は小広く、ベンチがふたつと三角点。西に白い電波塔が立っています。
横浜みなとみらいが見える 登山地図には「展望よい」とありますが、東の一角が開けるだけ。鶴見つばさ橋、ランドマークタワー、ベイブリッジなどが見えました。木々に葉がある時期は北の大山もよく見えません。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
ここで昼食。カップ麺をフーフー、ズルルル。そしてパン1個を半分こ。
山頂は通過する人、食事する人を合計して20人ぐらい。山頂は広くないので大人数には不向きです。
栗原分岐 12:30 エネルギー補給完了。大山方面へ出発!

12:35 サクサク下ると「通報番号39」地点。(鶴丸分岐)
以前は「栗原→」の刻み文字がありましたが消えて読めず、「鶴丸」の加筆あり。
公認道標の指示がないのでちょっと不安ですが、経路は明瞭です。
今回は右に下って周回コース。
植林 最初は植林。ちょっと滑りやすいので慎重に。やがて自然林に変わります。

樹間ながら、右は登ってきた聖峰の尾根。
左は大山南尾根。浅間山の電波塔やNTT無線中継所の電波塔(4本)が見えます。
気持ちいい! 倒木もありましたが、経路は広くて傾斜もゆるく、歩きやすい!

P410は右に巻いて下ります。ちなみにP410に行ってみましたが、その先は防鹿柵で経路なし。
大岩を回り込む やがて尾根を離れて斜面道になります。

大きな岩。ここは慎重に。

日溜りにはコウヤボウキ。群生して見事でした。群生画像を見る
防鹿柵 道幅は軽自動車が通れるほどになり・・・

13:25 防鹿柵(車両用扉あり)を通過。
林道なのかな?
ゴルフ場 13:30 ゴルフ場(伊勢原CC)に出ました。
カート道路に出たところに道標「←神戸BS/高取山↓」 。ここで山歩きは終わり。この先は舗装道。

すぐ先にベンチがありましたが、登山地図にある「休憩所」でしょうか?左に白いクラブハウスが見えます。
ゴルフ場内を進む 洞門のようなボール避けネットをくぐり抜けます。
カート道路が分岐し、道標がないので不安になりますが、「ゴルフコースに進まず、道なりに下る」でOK。

いつしかゴルフ場を離れて、みかん畑の農道。道標はありませんが「道なりに下る」でOK。
比々多神社方向へ 14:00 道標は「高取山1時間22分・聖峰41分→」だけ。
 「伊勢原CC経由高取山はこちら」の表示がないので逆コースでは悩みそうです。
左折して道なりに進むと・・・
栗原BS 14:10 栗原(くりばら)BS。土休日の午後は13:00、14:00、17:00、18:00だけ。
本数が少ないのは織り込み済み。神戸BSまで歩きます。
神戸BSに向かう 「栗原ふれあいの里」案内板がある三叉路は往路で歩いたところ。

恵泉女学園短大(閉校)前のY字路は右(南東)へ。

東名高速道路の高架下をくぐり、さらに直進すると国道246号に出ます。
神戸BS 14:30 伊勢原駅行き神戸(ごうど)BS。土休日の午後は1本/1時間程度。
「比々多」交差点を横断した向かい(陸橋下)には鶴巻温泉駅行きがあり、こちらも土休日の午後は1本/1時間程度。
どちらでもよければ1時間も待つことはありません。
お疲れさまでした。

◆おまけ

待ち時間が20分ぐらいあったので、JAの「いせはら農産物直売センター」へ。
みかんを探したけどなかったので、レジの女性に「みかんあります?」って聞いたら「売り切れたのよ・・・」とのこと。残念。
「大山に登ったの?」と問われ、「いいえ、そこの高取山です。」と答えたら、「みかんは畑にいっぱいあったでしょ?」 「そうなんですけど・・・売ってなかったので・・・」 またいつの日か。
【移動】神戸BS14:51==(神奈中バス:180円)==15:05伊勢原15:14==(小田急小田原線・本厚木乗換え:180円)==15:28厚木15:32==(JR相模線)==15:56茅ヶ崎15:58==(JR東海道本線:JR計320円)==16:01辻堂

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system