■聖峰・高取山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 聖峰・高取山 更新日:2017年03月26日

◆日付・天気

2008年01月19日(土曜日) 天気:快晴・・・気持ちよく晴れて、ハイキング日和でした。

◆コース(所要時間:4時間)

【起点】比々多神社トイレあり10:05…(25分トイレあり[1])…10:30登山口…(25分)…10:55聖峰お弁当ポイント11:20…(25分)…11:45弘法山/高取山分岐…(5分)…11:50高取山お弁当ポイント[昼食]12:35…(15分)…12:50小蓑毛/大山分岐…(30分)…13:20久保橋…(15分)…13:35才戸入口BS…(15分)…13:50東公民館トイレあり…(15分)…14:05田原ふるさと公園トイレあり【終点】 KML
【参考】[1] 聖峰1.7km地点の先に仮設トイレあり。

◆コメント

聖峰(ひじりみね)は標高400mにも満たないピークですが、東側に開けて展望があります。澄んだ日にはおすすめです。
ついでに高取山までひと登りして、下りは小蓑毛への「野菊と信仰のみち」としました。
一般ハイキングコースなので安心&お手頃ですが、急階段もあるのでしっかりした靴が良いでしょう。

◆アルバム

【移動】辻堂08:20==(JR東海道本線)==08:23茅ヶ崎乗08:27==(JR相模線:JR計320円)==08:50厚木08:55==(小田急小田原線・本厚木乗換え:180円)==09:10伊勢原09:30[2]==(神奈中バス:230円)==09:50比々多神社BS
【注意】[2] 栗原行きのバス便は少ないので注意願います。土休日の午前中は7時台、8時台、9時台に各1本だけです。比々多神社へ徒歩約15分の神戸(ごうど)BSも1〜2本/1時間です。
比々多神社へ 比々多神社BSで下車し、わずかに引き返した┤字路の案内に従うと、すぐに三之宮比々多神社
参拝後、休憩。

10:05 それでは出発!聖峰へ。
高取山を見て進む 右の恵泉女学園短大(閉校)を過ぎ・・・

10:08 正面に白い電波塔の立つ高取山と、わずか下にこんもり開けた聖峰が見えます。

要所に道標(1分単位。細かい表示だね!)があるので指示に従います。
聖峰1.7kmで右上へ 10:15 保國寺(ほうこくじ)入口を過ぎ、すぐ先の「←坪ノ内バス停24分」を分けて先へ。

10:20 道標「聖峰1.7km・高取山2.8km→」に従って右上の道へ。
坂を上ると仮設トイレがあります。
青空に飛行機雲 快晴。上空には飛行機雲
少し汗ばむ、みかん畑の上り坂。
振り返ると伊勢原・厚木方面が開けています。
聖峰1.2km 10:30 やがて最終処分場の緑色のフェンス。
そして「←聖峰1.2km・高取山2.3km/三之宮比々多神社1.5km↓」の道標。
冬枯れの上り坂 まだ坂道はコンクリート舗装。
冬枯れで太陽の光が届いて暖かい。
山の神社へ 防鹿柵を通過したら土の道。やっと山歩きらしくなります。

10:41 少し先に「山の神社(やまのかみしゃ)」の案内があったので寄ってみたら・・・

小さなピークに「山神社」の石碑
手作りベンチに進むと、巻き道と合流しました。
九十九曲/女坂 10:45 聖峰へはふたつのコース。
私は。急坂をジグザグに登る「参道九十九曲」。
妻は。広く穏やかな「女坂」。
聖峰からの展望
10:55 別れて10分ほどで聖峰(ひじりみね。375m)。妻より私が先着。ザックを下ろしてベンチで休憩。
山頂直下の広場で、東側が開けてよい眺め。双眼鏡で見たら、新宿副都心が確認できました。
不動尊 聖峰不動尊。黄色いソシンロウバイが見頃。芳香だね。紅梅は咲き始め。
ここでスケッチしていたとお話し。伊勢原市在住で、初めて登ったとのこと。得意はハーモニカ。演奏を聞かせてもらいました。「千の風になって」が青い空に流れていきます。拍手!

11:20 大休憩になってしまったけど、一期一会。「では・・・」とハーモニカ翁と別れて高取山へ。
植樹林 初めは植林。P380(聖峰山頂)を越えます。

進むとすぐに雑木林。尾根道は小さくアップダウン。快適だね。
白い電波塔 ベンチ(下)を通過すると・・・

樹間から高取山の電波塔を見るようになります。
ベンチ#2 11:33 少し傷んだベンチ(上)。進むと、この先は・・・
急登 急坂土留め階段。どっこら・・・しょ!
妻は何やらブツブツ言っていましたが、聞き取れませんでした。ふふ。
弘法山/高取山分岐 11:45 10分ほどの階段登りで大山南尾根に合流。
道標は「←弘法山3.8km/聖峰25分↓/高取山→」。

おだやかに進んだのち、最後にひと登りすると・・・
高取山 11:50 高取山(556.3m)。山頂は小広く、ベンチがふたつと三角点。左(西)に白いNHKの電波塔が立ちます。

ここで昼食・・・ガーン!定番副菜の「ウィンナーと野菜」を忘れてきました。私のミス。
せっかく調理してパックしたのにね。残念、カップ麺だけ・・・(悲)

12:35 下山は小蓑毛へ。まずは「大山」方向に進みます。
小蓑毛へ なだらかな尾根。でも、ところどころに霜柱。北斜面だからね。
「通報番号39」の「栗原→」(標識に刻み文字。薄れている。)を分け・・・
やや急坂を下ったのち鞍部になり・・・

12:50 不動越。道標は「←小蓑毛2km/大山5.5km↑/弘法山5km↓」。
左の「野菊と信仰のみち」に下りました。
ゴルフ場 こんな道にタイヤ痕。バイクかな?いぶかりながら下ると、やがて・・・

12:55 ゴルフ場(東京カントリー倶楽部)の外周の道。
西に下るネット沿い笹の小道。方向的には富士山ですが、この時は霞んでしまいました。
舗装道がある 13:05 「ん?」右上に続くコンクリート舗装道。悩みました
常識的には左下ですが・・・
試しに舗装道に進んでみましたが、右に曲がって北方向。これは違うね。

引き返して、ターンする下り坂。
石碑 13:18 ゴルフ場の外周を下ると「右大山道」の石碑。(振り返って撮影)
逆方向で歩く場合は「右へ」ってことかな?分かれ道(?)もあったので。
久保橋から舗装道 13:20 そして久保橋
逆方向で歩く場合は、ゴルフ場端にある道標を見つけてね。

渡って集落の舗装道を下ると・・・
石仏 路傍に石仏。だから「信仰のみち」?

道なりの下りは、正面に箱根の二子山、駒ヶ岳、神山、明神ヶ岳。
振り返ると斜面のゴルフ場の上に「白い電波塔」の高取山
県道に出る 13:35 蓑毛・ヤビツ峠に続く県道70号に合流。
近くに才戸入口BSがあるので、利用してもよいでしょう。

私たちは「関東ふれあいの道・弘法大師と丹沢のみち」で「田原ふるさと公園」へ。
一旦、県道を右(北)、すぐ先の道標に従って左後方(南)へ。
東公民館 13:50 バス通りに出た交差点に東公民館
小さい建物を想像していた私は、意表を突かれました。

トイレを拝借したのち、「源実朝首塚→」に従ってバス通りを西へ。
田原ふるさと公園 中庭BSのそばの「←田原(たわら)ふるさと公園・源実朝公御首塚」の案内に進むと・・・

14:05 公園内の「ふるさと伝承館」。農産物の直売もあります。
大山南尾根を望む
一帯は田園で開け、北の大山から東の念仏山に続く稜線。(送電鉄塔も、てんこ盛り!)大きな画像で見る(1600x304ピクセル)
伝承館の北寄りには「源実朝首塚」もあり、ひっそりと五輪塔がたたずみます。

中庭BSに戻れば、西に向かう「秦野駅行き」が1時間に3本程度、東に向かう「病院経由秦野駅行き」が1時間に2本程度です。

◆おまけ

おやつ? 私たちは「ふるさと伝承館」の「そば処・東雲(しののめ)」で休憩。
【料金】ざるそば:550円、ビール(中):420円、菊芋の煮物:210円

おやつだよ。ふふ。ふたりで半分ずつ。お疲れさまでした。
【移動】中庭BS15:04==(神奈中バス:190円)==15:27秦野15:36==(小田急小田原線・本厚木乗換え:270円)==16:01厚木16:09==(JR相模線)==16:38茅ヶ崎16:46==(JR東海道本線:JR計320円)==16:50辻堂
JR相模線から見えた高取山。あそこに登ったんだよ。

◆メモ

  • 比々多神社から聖峰を往復するだけでも「小さなハイキング」を楽しめるでしょう。
  • 聖峰で出会った「ハーモニカ翁」に写真を郵送したけど、届いたかな?
  • 蕎麦は「ズルルッ!」と、音を立てて食べるとおいしいのにね。女性たちは・・・

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system