■東高根森林公園

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 東高根森林公園 更新日:2011年10月23日

◆日付・天気

2011年10月16日(日曜日) 天気:晴れ・・・10月中旬なのに最高気温が30度近くになりました。

◆コース(所要時間:4時間)

【起点】宿河原駅09:35…(10分)…09:45緑化センタートイレあり09:55…(25分)…10:20妙楽寺…(5分)…10:25長尾神社トイレあり[1]五所塚第1公園10:30…(15分)…10:45東高根森林公園トイレありお弁当ポイント[昼食](古代植物園...古代芝生広場...湿性植物園...自然観察広場...ケヤキ広場...パークセンター...ピクニック広場...北口)12:55…(5分)…13:00緑ヶ丘霊園トイレあり長尾口...霊園事務所)13:30…(5分)…13:35津田山駅【終点】 KML
【参考】[1] 長尾神社は仮設トイレです。

◆コメント

東高根(ひがしたかね)森林公園は川崎市宮前区にある県立公園です。弥生時代の集落跡が発見され(現在は埋め戻し)、周囲のシラカシ林と共に価値が認められて公園として整備されました。
里山の風景を楽しみながら、ゆっくり散策できます。お弁当を持って出かけてみてはいかがでしょうか?
【+】バス移動では物足りないので、川崎市が設定している散策コース「長尾の里めぐり」を歩いて訪れてみました。このコースは春、が咲く頃がよいかもしれません。

◆アルバム

【移動】辻堂08:18==(JR東海道本線)==08:55川崎09:00==(JR南武線:JR計820円)==09:26宿河原
宿河原駅 起点は多摩区の宿河原(しゅくがわら)
散策コースは宮前区・東高根森林公園〜高津区・緑ヶ丘霊園へと続きます。

今年(2011年)9月に「藤子・F・不二雄ミュージアム」がオープンし、活性化の拠点として期待されています。
なので、駅前のコンビニの看板はドラえもんやパーマンのキャラクタ。そして・・・
スネ夫だ! 道標にはスネ夫!ふふ。
【参考】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

09:35 それでは「←緑化センター600m」へ。
案内板 少し進むと二ヶ領用水(宿河原線)。
【参考】二ヶ領(にかりょう)用水とは、多摩川に2つの堰を作って水を引き、現在の川崎市のほぼ全域に枝状に分岐して掘られた灌漑用水である。14年の歳月をかけ、江戸初頭(1611年)に完成した。

コース中にはこのような「長尾の里めぐり」案内板があります。
「しずかちゃん」のFFF道標も確認して左(下流)へ。
二ヶ領用水の桜並木 両岸は桜並木。花咲く季節はきれいでしょうね。
水辺の親水歩道に下って歩くこともできます。(コイが寄ってきます)
緑化センター(芝生広場) 09:45 緑化センター。敷地は用水路で両岸に分かれ、左岸は温室や見本園、事務所など。
吊橋を渡った右岸の芝生広場は、近隣の人々の憩いの場。

09:55 散策と休憩後、出発!

地蔵が目印の橋を渡ったら、その先は案内板をよく見て従います。(最短路がないので、λ字に回り込みます。)
かつては用水路だったのでしょう、暗渠(あんきょ)がある道を進み・・・
「あじさい寺入口」交差点へ 果樹園手前の分岐で悩み・・・
【参考】案内板が見当たらず、「どこかで道を誤ったか?」と焦りました。

二ヶ領用水(本川)に突き当たったら右(上流)へ。

10:10 豊年橋を渡ったところが「あじさい寺入口」交差点。府中街道を横断します。
坂道を上る ├字路で右手の坂を上ります。
【注】道標は取付けが間違っています。正しくは「↑(東高根森林公園):近道/豊年橋・府中街道↓/妙楽寺・長尾神社(右手の坂を上る):本線→」

左手の山は分譲住宅地ですが、まだここからは全貌が見えません。
妙楽寺 10:20 長尾山・妙楽寺(みょうらくじ)。「川崎のあじさい寺」として有名で、1000株を超すとのこと。

引き続き先へ。左に分譲住宅地を見ながら100mほど進み・・・
長尾神社 10:25 右の石段を登ったら、ひっそりとした長尾神社
社殿の左手に抜けて本線に戻ります。
五所塚第1公園 神社の隣が五所塚(ごしょづか)第1公園。ベンチあり。
【学ぶ】解説板(川崎市教育委員会)の要旨は以下。
・ 直径4m、高さ2m前後の5個の塚が南北に並んでいるのでこの名。円墳っぽく見えるが、中・近世の民俗信仰に基づく塚と考えられる。
・ 一帯では過去の発掘調査で縄文時代中・後期の集落跡が発見された。
長尾小学校を過ぎる 左に厚生労働省関連の総合研究所を過ぎた先に「等覚院→」分岐。
ツツジの名所で、花の頃はとても華やかで賑わうようですが・・・今回はパス。

10:40 長尾小学校正門前のY字路は右の電波塔方向へ。
ここから宮前区。道なりに下り・・・
等目高速道路を渡る 東名高速道路に架かる橋を渡ります。
東高根森林公園 10:45 渡りきったところが東高根森林公園
公園案内図がないようなので、正面の土のグラウンドを突き切りましたが・・・
はて?公園を出てしまいます。
【参考】県立公園の北口だと思い込んでいました。正しくはここは市立東高根森林公園で、県立東高根森林公園と隣接すると後に知りました。
古代植物園 少し悩みましたが、緑地の遊歩道に進む人がいたので・・・そっちなのね!

古代植物園」。(ここから県立公園)
食料・衣料・染料・薬用などの代表的な植物が植栽されています。
古代芝生広場
弥生〜古墳時代の集落跡「東高根遺跡」が発見された後、埋め戻して造った「古代芝生広場」。
子供たちがシャボン玉を吹いて楽しそうに遊んでいました。
公園マップをプリントして持ってくればよかったのですが・・・でも、公園だし、人もたくさんいるので大丈夫。
シラカシ林 現在地がよく分からないまま、「シラカシ林」に新しくできた階段歩道へ。
どんぐりがたくさん落ちていました。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
今日のお弁当 11:15 下ったところが「湿性植物園」。
谷戸の沢を利用した湿地で、多摩丘陵の在来植物を育てています。

お腹減ったね。ベンチでお弁当。カレーピラフ風の炊き込みご飯だよ。
メダカ 食後は付近の観察。咲いていたのはミズヒキフジバカマミゾソバツリフネソウキツリフネなど。

池にはメダカ。そっとのぞいて みてごらん みんなでおゆうぎ しているよ ~♪

11:50 それでは園内散策を続行!
木道を北方向へ。花が終わり、ヤブミョウガは藍色の実をつけていました。
木道を進む 妻はで何かを探して・・・「カメだ!」

そう言えば、カマキリがたくさんいました。はて?

「梅林」まで進んだところで、「やっぱり先にマップを入手しましょ!」と言うことで・・・
ケヤキ広場 12:15 引き返して「ケヤキ広場」。シンボルツリーが子供たちを見守ります。
パークセンター 12:20 さらに進むと「パークセンター」(南口から撮影)。情報・展示コーナーなどがあります。

公園マップ」を入手して確認。ん?県立公園北口から入ったと思い込んでいたので何か変。しばし悩んで・・・
「あっ!隣接する市立公園から入ったのね!」やっと納得。

では次へ。何も咲いていない「ユリ園」から階段を登り・・・
ピクニック広場
12:30 クヌギやコナラの雑木林の中、木漏れ日の「ピクニック広場」。ベンチは豊富です。
引き続き、藤棚の休憩所がある「見晴台」から、「子供広場」、「北口広場」へと進み・・・
北口を出る 12:55 県立公園北口。(振り返って撮影。出たら多摩区)
公園めぐりはここまで。次は緑ヶ丘霊園経由で津田山駅へ。
「長尾の里めぐり」案内板に従って右へ。
実りの秋 青空と実る
次の┼字路も案内板に従って右(東)へ。
緑ヶ丘霊園の桜並木 13:00 やがて墓地になり、緑ヶ丘霊園の長尾口。(多摩区から高津区に入る)
四阿(あずまや)がある┝字路で右折し・・・
【参考】普段は車止めあり。歩行者は通行可能。

トイレがあるA字路の先から桜並木。津田山駅近くまで続きます。
桜の名所として有名で、満開の頃は賑わうようです。
かすかにスカイツリー 左(北東)に来年(2012年)5月にオープン予定のスカイツリー

13:25 噴水があるY字路。どちらに進んでもよいのですが、桜並木が続く左へ。

13:30 右に霊園事務所を過ぎたら霊園の外。
石材店が集まる坂を下り・・・
津田山駅 13:35 踏切を渡れば、この時刻に津田山駅でしたが・・・

ちょっと寄り道してスーパー MaxValu へ。
冷たいジュースで喉を潤して、お疲れさまでした。
【移動】津田山13:47==(JR南武線)==14:08川崎14:21==(JR東海道本線:JR計820円)==14:56辻堂

◆メモ

  • 東高根森林公園はファミリーで楽しめるでしょう。子供たちは遊具のある子供広場ではじけていました。
  • 緑ヶ丘霊園は新しい霊堂を建設中で、付近はリニューアル工事中でした。

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

  • 今のところ関連するページはありません。
トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system