■飯山白山森林公園から七沢森林公園

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 飯山白山森林公園から七沢森林公園 更新日:2016年05月06日

◆日付・天気

2014年01月12日(日曜日) 天気:晴れ・・・穏やかな一日でした。

◆コース(所要時間:4時間45分)

【起点】尼寺BS09:35…(10分)…09:45飯山白山森林公園お弁当ポイント北ゲート...木の実の森トイレあり..扇の広場...木の国だいら...桜山...白山神社...白山)11:15…(15分)…11:30貉坂峠[昼食]11:55…(5分)…12:00物見峠お弁当ポイント…(35分お弁当ポイント[1])…12:35七沢森林公園お弁当ポイント25番口...巡礼峠...ながめの丘...野外ステージトイレあり...尾根の散歩道...さとの道...南口)14:10…(10分)…14:20玉川公民館前BS【終点】 KML
【参考】[1] 3箇所ほどベンチがあります。

◆コメント

飯山観音の裏山が白山(はくさん)。そして桜山の東面までつながる広い自然公園が飯山白山森林公園。散策路が整備され、ハイキングや最近ではトレランも楽しめます。
その南部に位置するのが県立七沢森林公園。かつての里山を生かした都市公園として整備されました。広い芝生広場やアスレチック遊具などもあり、家族連れに人気です。
ふたつの公園はハイキングコースでつながり、気持ちよい尾根道歩きが楽しめます。
【添付】ウェブアルバムにも画像があります。Googleフォト

◆アルバム

【移動】辻堂07:53==(JR東海道本線)==07:56茅ヶ崎08:07==(JR相模線:JR計320円)==08:35厚木08:46==(小田急小田原線:120円)==08:48本厚木09:10==(神奈中バス:330円)==09:31尼寺BS
本厚木駅BS発、上飯山行きのバスの乗客は私たちの他に一般客5人ぐらいと3人グループのハイカー。3人は飯山観音前BSで下車。「白山に登るなかな?」なんて考えながら次のバス停で下車。
尼寺BS 尼寺の読みは「あまでら」ではなく、「にんじ」。ちょっと珍しい。

09:35 ザックからカメラを出して準備完了。出発!
バス進行方向に50mほど進むと┨字路。
左折すると大きな「飯山温泉郷観光マップ」があります。
川を渡る 小鮎川を渡って右へ。
橋の前後にピンク色の「飯山トレイルランニング・桜コース」の道標があるので従いました。
【参考】公園マップを見ると橋を渡って左は「樹木園」のようですが、未確認です。
飯山白山森林公園・北ゲート 緩やかな舗装坂道を道なりに上っていき、「あじさいの谷戸へ↑」を分けて左へ。
道標を見落とさないでね。

09:45 飯山白山森林公園北ゲート。「緊急時位置確認表示板」は「白山コースNo.51」。
大きな「公園案合図」には散策のコースタイムも書かれていました。案内図の拡大画像を見る(1200x702ピクセル)
広い園内をどのように散策してもよいでしょう。私たちは「←木の実の森」へ。
木の実の森 防獣電気柵に沿って登り、「扇の広場→」に曲がると・・・

冬枯れの「木の実の森」。ベンチがあります。
初めてこの公園に来たのは17年ぐらい前。今回が2度目。まったく覚えてない!情けない。
案内図 さらに登ると舗装道(公園管理道)。大きな「公園案内図」があり、トイレは右側。
こちらの案内図は細部園路が詳しいのですが・・・覚えられない。
マップが入手できれば助かるんですけどね。
まあ、道標は適所丁寧なので大丈夫ですけど。
あずまや 「公園案内図」の上方が「扇の広場」。六角形のあずまやがあります。
園内をいろいろ散策してもよいでしょうが、今回は省略して「桜山」へ。
桜山に向かう 右側が谷になった山腹の斜面道を進み・・・
きのくにはし 沢に下ります。「きのくにはし」を渡ったら登り返し。
木の国だいらの案内図 大きなマップがある「木の国だいら」。(「白山コースNo.55」)マップの拡大画像を見る(1000x756ピクセル)
桜山へはふたつの経路。さて、どっち?
沢を渡るコースには「注意箇所」マークがあったので、ジグザグ尾根コースへ。
桜山 10:40 登りきったら桜山(280m。「白山コースNo.59」)。ベンチあり。
東側が開けて横浜ランドマークタワーが見えます。スカイツリーは薄いモヤで不明。大きな画像で見る(1200x300ピクセル)
北東方向が西山(経ヶ岳・華厳山・荻野高取山)。
妻は双眼鏡で採石場上部の発句石(ほっくいし)を探しましたが「分からん」とのこと。
【参考】沢経由のコースを示す道標を見ませんでした。廃道?
白山へ 10:50 桜山を発って「白山神社」へ。この先は厚木市/清川村の境界尾根
緩やかな尾根を気持ちよく下ります。

小さなピークをひとつ越えて・・・
白山神社 11:05 少し登り返したら白山神社。(「白山コースNo.61」)
そして枯れたことがないと言われる白山池。小さくて、両腕で輪を作ったほどの大きさ。期待し過ぎると拍子抜けします。(失礼な!)

100mほど先で左から男坂(2箇所)を合わせ、「巡礼峠→」分岐のすぐ先が・・・
白山展望台⇔三角点 11:10 白山(はくさん。283.9m)。展望台とベンチ、三角点あり。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
ちょうど小学生の団体が息を切らして登ってきて展望台を占拠。
展望台に上らずとも南は相模湾まで開け、西に大山が見えます。

11:15 展望を楽しんだら先へ。「女坂」には下らず、「七沢1時間45分・巡礼峠1時間20分」へ。

11:23 小ピークで「御門橋バス停0.8kmBS→」を分け、ここから巡礼峠までは「関東ふれあいの道」。
貉坂峠⇔昼食 11:26 地理院地図ではP235の鞍部が「貉坂峠」。これと言って何もなく、通過。
右下にゴルフ場を見て進み・・・

11:30 230m圏の小ピークに「むじな坂峠」の標柱。里程標とベンチひとつ。
ここで昼食。今日はクリームシチュー。スープジャーだからまだ十分温かい。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

11:55 七沢方面から男性ひとりが登ってきたのを機に、ベンチを譲って出発。
物見峠 傾斜は緩やか。露出した根に気を付けて進むと・・・

12:00 物見峠(「白山巡礼峠コースNo.7」)。ベンチふたつ。
東が開けて「物見」の名に納得。でも・・・
かつては道標に「←上古沢」があって「峠」に納得しましたが、外されていました。
階段下り 物見峠からの下りは直線階段。逆コースで登る場合は頑張りどころ。
「白山巡礼峠ハイキングコース」はファミリー向けですが、一番の難所はここでしょうか。

ベンチひとつの小ピーク(210m圏。「白山巡礼峠コースNo.6」)を越え・・・
P204は巻く ベンチが4つある「白山巡礼峠コースNo.5」。
団体には良さそうですが、日当たりが悪いのでやや痛んでいます。
目の前のピークがP204。コースは左(東)に巻いています。
P204までが厚木市/清川村の境界なので、そこまで踏みたい気持ちもありましたが、自重。

巻き終わると右下は採石場に変わります。
七沢森林公園⇔緊急時連絡先 ベンチひとつの小ピーク(190m圏。「白山巡礼峠コースNo.4」。道標支柱に「井出山」の加筆あり。)を越え・・・

12:35 ここから七沢森林公園の敷地。「緊急時連絡先25」地点です。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

防獣電気柵の扉を開けて通り・・・
三角点 「ここは標高190m」(三角点より高いのに?)の小ピーク(「緊急時連絡先24」)には利用者調査カウンター。
センサー前を横切るとカウントするのね。

標高192.0m三角点。少し上に立派な基準点あるので紛らわしいね。
階段を下ると・・・
巡礼峠 12:50 迎えてくれるのは赤い頭巾をかぶった地蔵。ここが巡礼峠
5叉路になっていて、道標はあるものの、初めての場合は少し悩むかも。
「関東ふれあいの道」は右後方に続きますが、これを分けて「尾根のさんぽ道」を南口まで歩いてみます。
ながめの丘
12:55 展望のよい「ながめの丘」に寄ってみましょう。休憩所の先が広場になっていてベンチあり。端まで行くと100円望遠鏡と展望案内図があります。
スカイツリーまで約54kmとのこと。この日は見ることができませんでした。
野外ステージ 引き続き「尾根のさんぽ道(愛称:根っこの道)」を進み、トイレに寄るため分岐で一旦尾根を離れて階段下り。

13:10 野外ステージ。トイレあり。前回来たのは10年前(2004年)。小雨降る中、ステージでお弁当を食べたことを思い出します。

休憩後は公園管理事務所へ。公園は広く、園路がいろいろあるので公園マップをもらっておきましょう。
尾根のさんぽ道 「いこいの丘」経由で階段上り。少し疲れます。

13:40 「尾根のさんぽ道」に復帰。この先は南口まで小さな登降の尾根道です。

「七沢線No.12」送電鉄塔の横を通過し・・・
休憩所がある小ピーク(こもれびの丘)を越えます。
いくつか分岐がありますが、尾根を南下。
展望デッキ 13:55 東側が開ける「展望デッキ」。
眼下は造成住宅地の森の里。遠く江の島がぼんやりでした。
冬枯れ 休憩所を越えると・・・
舗装道 14:05 公園管理道(?)。舗装道に並行する園路もあり「里の道」とのこと。
どちらを歩いても200mぐらい先で合流し、合流点が「南口」です。

14:10 公園端の南口。ここから道なりに舗装道を下れば森の里の住宅地で、最寄は「森の里一丁目BS」。
厚木バスセンター行きと愛甲石田駅行きがあります。(土休日午後の便はそれぞれ1〜2本/1時間。2014年1月)
玉川小学校 素直にバス停に向かえばいいのに・・・
地理院地図には南に徒歩道表示があり、道標表示はないものの進入禁止でもない。
確認しよう。下っていくと防鹿柵。扉を開けて進めば徒歩道表示のようですが、右後方に下る道の方がしっかりしています。
地図にはありませんが右下へ。

14:15 鉄製踏み台で降りると・・・あれ?小学校の敷地内!
無断侵入で怒られる!不審者通報されたらどうしよう?引き返すか?
取り敢えず左の道へ。
玉川公民館前BS すぐに玉川に出ましたが、途中、振り返ると「この先 通り抜けできません」の看板あり。

右に大山を見て玉川を下流へ。橋を渡るとバス通り。

14:20 最寄は玉川公民館前BSでした。お疲れさまでした。
【移動】玉川公民館前BS14:29==(神奈中バス:290円)==14:50本厚木14:56==(小田急小田原線:120円)==14:58厚木15:08==(JR相模線)==15:35茅ヶ崎15:37==(JR東海道本線:JR計320円==15:40辻堂

◆メモ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system