■外輪山周回歩道

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 外輪山周回歩道 更新日:2017年06月11日

◆日付・天気

2002年10月11日(金曜日) 天気:快晴

◆コース(所要時間:5時間50分)

【起点】箱根町BTトイレあり09:10…(20分)…09:30道の駅トイレあり09:35…(50分)…10:25海ノ平(標識)…(45分)…11:10山伏峠トイレありお弁当ポイント[昼食]12:00…(1時間5分)…13:05三国山お弁当ポイント13:10…(50分)…14:00湖尻峠…(20分)…14:20深良水門…(25分)…14:45湖尻水門…(15分)…15:00桃源台トイレあり【終点】

◆コメント

久し振りに一泊で箱根を歩いてみました。
1日目は箱根町から湖尻までの外輪山周回歩道です。芦ノ湖西の芦ノ湖スカイラインとほぼ平行して進むこのコースも、時に離れて静かな登山道を歩いたりします。
なだらかな防火帯を歩くのは、とても気持ちが良いですよ。今回初めて訪れたのですが、とても気に入りました。
2日目湯坂路を歩いて箱根湯本まで。詳しくは次のページを見てくださいね。

◆アルバム

【移動】辻堂06:40==(JR東海道本線:480円)==07:15小田原07:30==(伊豆箱根鉄道バス:1,150円)==08:45関所跡BT
小田原からバスを利用したのですが、箱根新道合流点まではひどい渋滞でした。乗換えは面倒ですが、箱根湯本まで小田急線を利用した方が賢明ですね。
関所跡BTでトイレを拝借し、お土産売り場を冷かした後、少し歩いて箱根町BTに進みました。
【参考】関所跡BTは伊豆箱根鉄道(西武グループ)、箱根町BTは箱根登山鉄道(小田急グループ)です。
箱根は両交通機関が共存するので、住み分けているとは言え、混乱します。私だけ?
箱根町は駅伝の起終点 09:06 妻は箱根駅伝の像の真似をしているつもりなのですが、よく見ると変!
幼稚園児じゃあるまいし、右手と右足が前?

09:10 それでは箱根町BTを起点にスタート!
外輪山歩道の入口 09:15 芦川入口BSを右に入ると外輪山歩道入口の道標。舗装車道はここで終わりです。
この先、箱根旧街道の石畳が残っています。苔が生え、滑りやすいので気を付けてね。
【!】この石畳を軽自動車で下ってきた爺さんがいました。(@。@)wow!びっくりしました。
道の駅から富士山を望む 09:30 石畳を登ると国道1号に合流し、右に進んで道の駅に到着。
富士山は初冠雪後、少しだけ雪が残っていました。
念のために再度トイレ。
檜林を過ぎると尾根道 10:17 国道を横切り、アップダウンのヒノキ林を進むと尾根のすすき原に出ました。
暑くなり、T-シャツ一枚で十分。
振り返ると、無線中継の鉄塔が特徴の鞍掛山が間近に見えます。
快晴! 10:19 快晴!雲ひとつありません。
防火帯の切ってある尾根道は楽チンでした。
海の平 10:25 海ノ平(標識)。P941.5の少し手前。
展望良く、しばらく草花や風景を撮影。

リンドウがそこここに咲いていました。
リンドウ
富士山とススキと美女? 10:28 富士山がとても綺麗です。
富士とススキをバックに一枚。

マツムシソウ
何の花でしょう?→マツムシソウでした
山伏峠 11:10 山伏峠のレストハウスに到着。なぜかヤギやニワトリもいました。

展望はすこぶる素晴らしいものでした。
芦ノ湖スカイラインの休憩ポイントなので車を降りて展望を楽しむ人も多かったですね。
レストハウス先の小ピークに登ると富士山が見えます。昼食に良さそうな場所を探しましたが・・・
お弁当 11:32 結局、戻ってレストハウス横のベンチで昼食にしました。
風やや強く、チョイと寒くなりました。
山伏峠からのパノラマ
11:51 山伏峠からの展望をパノラマ合成しました。箱根の山々が一望です。
タクシーが止まり、観光客を降ろして展望の説明をしていました。
「こんなに綺麗に見えるのは年に数回しかない。あそこの箱根園のホテルで夏休みの小泉首相が息子の孝太郎とキャッチボールした。あそこが・・・」
耳をそばだてて聞いてしまいました。(^_^*)

12:00 では、出発。
【注記】先に発った二人の女性ハイカーは小ピークに登ってコースを探していました。
レストハウスの裏に道標があり、正しくはピークを右に巻いて下るのですが、よく分からなかったようです。
大きく手を振ってジェスチャーで「コースはこっち!」と示したら理解してくれました。確かにちょっと見落としやすいかも?
三国山 13:05 三国山(1101.8m)に到着しました。(休憩5分)
ここで逆コースで歩く4人のパーティーに出会いましたが、他に出会う人はいませんでした。平日だから?
山頂はブナ林が茂り、残念ながら展望は不良でした。
湖尻峠 13:55 三国山から歩きやすい防火帯をなだらかに下って行くと、湖尻峠(850m)が見えてきます。

14:00 湖尻峠(850m)。芦ノ湖畔に下り、湖尻に向かいました。
石畳は慎重に 14:03 石畳になる前に滑ってしまいました。気を付けます。

芦ノ湖の深良水門までの500mの下りは、ところどころ滑りやすい石畳でした。
大正3年[1]に植えられたという杉の林の中を下ります。
【参考】[1] 大正3年は1914年です。90年近く経ったと言うことですね。しかし、元号表示はやめて欲しいな・・・計算できません。
湖尻水門からのパノラマ
14:45 芦ノ湖まで下り、ここから湖畔の楽チン砂利道(西岸歩道)を歩いて湖尻水門に到着。
湖尻水門から北を望むパノラマです。3年前の11月にこの稜線を歩きましたね。
この先、桃源台到着は15:00頃でした。

◆おまけ

【移動】桃源台15:15==(ロープウェイ:710円)==15:25姥子
今日の宿は姥子のホテルです。気合を入れて姥子まで歩こうかとも思ったのですが、おとなしくロープウェイを利用しました。
しかし…ひと駅9分710円は高くない?
ホテルまでは歩いて15分弱でした。到着後、すぐに温泉へ。ふぅー。
乾杯! 18:35 待ちに待った夕食の時間です。もう、お腹ペコペコ!
私はビーフストロガノフ。妻はカマスのソテー。いただきまーす!
お腹ペコペコ

◆メモ

  • 穏やかなコースで景色も良く、もう一度歩いてみたくなりました。
  • 冬場にも良さそうですね。冠雪の富士山を西に見ながら歩くことができるでしょう。標高1000m程の尾根道ですが、雪は多く付くのかな?
  • 箱根には「混雑」という悪いイメージがあるのですが、良いところを探す努力が足りなかったのでしょう。反省します。
  • 2日目の湯坂路はこちら→次のページ

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system