■湯船山・不老山

トップページ > ハイキング&ウォーキング > 湯船山・不老山 更新日:2015年05月18日

◆日付・天気

2006年12月03日(日曜日) 天気:雪のち一時雨、おおむね曇り。

◆コース(所要時間:6時間15分)

【起点】明神峠08:10…(50分)…09:00湯船山09:15…(20分)…09:35白クラノ頭09:40…(45分)…10:25峰坂峠お弁当ポイント…(20分)…10:45樹下の二人お弁当ポイント[昼食]11:50…(5分)…11:55世附峠お弁当ポイント…(30分)…12:25不老山南峰お弁当ポイント12:30…(5分)…12:35不老山お弁当ポイント12:40…(40分)…13:20番ヶ平(マップ)…(1時間5分トイレあり[1])…14:25棚沢キャンプ場BS【終点】 KML
【参考】[1] 下り終えた茶畑近くに仮設トイレがありました。

◆コメント

前回訪れたのはサンショウバラの咲く6月。でも、霧で何も見えませんでした。
それからちょうど半年。木々が葉を落としたこの季節に、再び静岡・神奈川の県境尾根を訪れてみました。もとより静かなコースですが、起点の明神峠へのバスがないこの時期は、寂しいぐらい静かでした。
樹下の二人で展望を楽しみ、世附峠からもうひと登りして不老山へ。そして山市場へと下ってみました。恥かしがり屋の富士山は今回も雲の中。

◆アルバム

【移動】辻堂06:40==(JR東海道本線)==07:05国府津07:08==(JR御殿場線:JR計820円)==07:42駿河小山07:45==(タクシー:2,770円)==08:05明神峠
【注記】たまたまタクシーに乗れて幸運でした。運転手さんに聞くと、駿河小山駅では待機タクシーはないので予約が必要とのこと。知りませんでした。 (連絡先)御殿場タクシー合資会社 配車センター:0550-82-1234、小山営業所:0550-76-0234

車中での会話。運転手「今日はよく晴れるようです。ハイキングにはもってこいですね。」
私「大磯、二宮では雨が降ったようで、朝日を受けてきれいなが出ていましたよ。」
運転手「そうですか・・・あれ?こっちもちょっと降ってきたかな?」
そして高度を上げた明神峠は雪!「気を付けてくださいね。」の気遣いに「ありがとうございました。」と答えて下車。
明神峠から出発 西の空は暗いけど雲は薄い。北の空は少し明るい。
細かい雪だし、まだ降り始め。大丈夫。
手早く身支度して明神峠(900m)を出発!

08:10 岩田さんたちの手作り道標を見て、金太郎道標の「湯船山 2.0km、世附(よづく)峠 6.0km」に従って尾根へ。
新しい諏訪神社奥宮 半年前は明神峠から5分ほどで「サンショウバラ→」の案内がありましたが・・・なくなっていました。

08:18 新しくできていたのは「山中 諏訪神社奥宮」の祠。

すぐ先で送電鉄塔の下を通過します。
落ち葉の絨毯 08:22 前回は青葉の頃。霧で神秘的な緑でした。
葉を落とすと雰囲気はガラリと変わります。今回はしっとり落ち葉の絨毯
雪積もる欣求のベンチ 08:41 薄く積もる雪。スパッツをつけて進むと欣求(ごんぐ)のベンチ
【案内】Let's have a rest. 一休みしませんか これより急坂が続きます ボクシングのゴング(gong どら)に非ず。欣求浄土です。山野草の盗みもない ゴミを捨てる人もない 偽り、欺きもない浄土を欣求します。
明神山の下を巻く 08:50 ひと登りすると道標「明神山」。ピークの少し下を巻いて進みます。

雪に足跡をつけながら歩くのは楽しい。でも、靴底に落ち葉と雪が噛み付いて・・・5歩あるいては雪落とし。
湯船山 09:00 三角点のある湯船山(1041m)。古い「たいせつにしましょう三角点」の杭は朽ち倒れ、新しい杭が立っていました。

雪はやみ、少し日差しも出ました。されば年賀状ネタに互いの顔写真の撮影をば。
私はうまく笑顔が作れません。妻は得意。休憩込みで15分ほど。
快適な尾根歩き 09:17 湯船山からは穏やかな下り。快適。

樹間から左(北)に見えるのが甲相国境尾根のようです。
遠くに見える、なだらかなピークは御正体山でしょうか?不案内な私には、よく分かりませんが・・・
白クラノ頭から不老山を見る 09:35 わずかに登り返せば白クラノ頭(しらくらのあたま。978m)。
正面(東)にはっきりと不老山を見ることができます。
これから進む尾根を確認しながら、しばし休憩。
ロープの急坂下り 09:47 頭から5分ほどでロープの急坂下り。慎重に。

下りきれば、なだらかになります。
落ち葉の道をサクサク歩き。音を聞く(MP3, 22KB, 再生10秒)
ヒノキの植樹林 09:58 雪はなくなり、やがてヒノキの植林地。直線的に下ります。
箱根の山々 10:13 植林を出ると、右(南)がパッと開けて箱根の山々
神山、金時山の山頂部は雲の中でしたが、よい眺め。
しばし展望を楽しんで先へ。
峰坂峠 10:25 コンクリート製のベンチのある鞍部が峰坂(みねさか)
半年前は「右:林道5分 前の林を下り、イバラ かやを分け下る」の指示板がありましたが、なくなっていました。
10:30 緩やかに登ればカヤトの原の先にどっしりした不老山が見えてきます。

10:40 さらに進むと峰坂峠から15分ほどの鞍部が悪沢(あしざわ)
この先、サンショウバラ(花期は6月上旬か?)を多く見かけます。コース脇にはヒオウギ(花期は8月上旬)も。
ここでも「右:駿河小山駅への最短路 2時間5分」の指示板はなくなっていました。
樹下の二人 10:45 悪沢峠からひと登りした広場が樹下の二人(蘇峰台)。
やや雲が出ているものの、すばらしい展望。
正面・東は目の前に不老山。南側は箱根の山々と御殿場市街。
北側は広がる西丹沢の山々と、奥に甲相国境尾根
来し方の西を振り返れば白クラノ頭。その左の富士山は雲で左のすそ野だけ・・・惜しい!
ポツンと立つ木の下に手作りのテーブルとベンチ。私たち二人だけ。まさしく「樹下の二人」だね。
ずいぶん早いけど、ここで昼食。
食事を終え、コーヒーを飲んでいたらポツポツと。あらまぁ!後片付けして出発の準備。
虹! 11:50 ザックを背負う頃、世附峠から来たハイカーが4人。会釈してすれ違う時、ひとりが「あっ、虹!」
指差す方向に目を向けるときれいな虹。天気雨。それにしても一日で2回も虹を見るなんて!
さて出発。次は不老山。
世附峠を不老山へ 11:55 下った林道交差点が世附(よづく)
前回は右に山口橋経由で駿河小山駅に向かいましたが、今回はもうひと頑張りして不老山へ。
不二見台 植林内のやや直線的な登り。荷を軽くして正解だったね。

12:12 峠と不老山南峰の中ほどに、ひとつのベンチと案内板
天候に恵まれたなら、雄大な富士山が望めます。
【案内】ここは不二見台です。一休みしませんか Let's have a coffee break ! ここが最も華やぐのは、初夏六月上旬、山椒ばらが不老の山に咲き、ほととぎすがトランペットを高らかに奏で、残雪の富士が躍り出て壮大なオペラを演じる頃ですが、年間四季おりおりのおいでをお待ちします。(抜粋)
不老山南峰から西を見る 12:25 「金時公園 4.5km・駿河小山駅 6.3km」の分岐点が不老山南峰
西に開けます。やはり富士山は雲の中。
広くはありませんが展望がよいので昼食場所として好まれます。このとき4人グループが食事中でした。
不老山 12:35 南峰から道標「不老山 0.2km」に進むと、5分ほどで不老山(928m)。
ベンチのある広場で、展望には恵まれませんが大人数でも大丈夫。

12:40 小休憩後、「山市場 4.7km」へ下山開始。笹の雑木林を下ります。
バスに間に合うかな? 12:50 不老山から10分ほど下ったところに道標。表示は「↓不老山 15分/山市場 1時間40分↑」。
コースタイムで下れば14:30着。14:35(?)のバスに間に合うかな?
少し急いで下ることにしました。

小さなアップダウンを2つほど、そして防鹿柵に沿って下ります。
樹間から丹沢湖 13:00 樹間から見た丹沢湖。山肌は紅葉
紅葉を楽しみながら湖岸を歩いたのは2週間前だったね。
番ヶ平(林道) 13:10 植林の穏やかな尾根の後、急坂を下った林道交差点が「番ヶ平(林道)」。
登山地図の「番ヶ平(マップ)」はもう少し下ったところです。

ん?車?この林道にはゲートがあるのでは?ハンターか?
番ヶ平(マップ) 13:20 こちらが「番ヶ平(マップ)」。
コースは右へ曲がりますが、直進の作業道(?)は興味をそそります。
P867(番ヶ平ノ頭)からP843(太郎小屋山)に続くようですが、「ここから先はハイキングコースではありませんので通り抜けできません。山北町」の看板が制止を告げています。
ここで尾根を離れ、植林地の斜面下りになります。
植樹林の斜面下り 13:30頃 犬の吠え声に続いて「バーン、バーン・・・」と7発の銃声。近い。
やはりハンターの車だったのでしょう。

13:33 先で部分的に雑木林もありましたが、ほとんど植林内の下りです。
キレット 13:51 広葉樹も混じる頃、細くやや急なトラバースもあります。落ち葉で滑らぬよう慎重に。
やがて右下から沢の流れが聞こえてきます。

13:58 キレットは一旦下って向かいに登り返します。
この先は紅葉の雑木林でした。
きれいな紅葉 14:00 紅葉の急斜面をジグザグに下ります。けっこう疲れます。
のんびり紅葉を眺めていたいのですが、バス時刻が気になりザクザク下りました。
吊り橋を渡ってバス停へ 14:16 下りきると茶畑。いくつかチャの花が咲いていました。
近くに仮設トイレ、進むと「↑山市場 5分/不老山 2時間40分↓」の道標とハイキングコースの案内板があります。

14:20 河内川には2本の吊り橋。
上流側は揺れそうな細い橋。私好みですが、妻は断固反対。泣く子と妻には勝てないので頑丈な下流の吊り橋へ。 
14:25 県道に出て左に少し歩いたら棚沢キャンプ場BSです。
スパッツを外し、汗を拭き、下ってきた山肌の紅葉を眺めていたら10分ほどでバスが到着。ピッタリだね。
【移動】棚沢キャンプ場BS14:35==(富士急湘南バス:280円)==14:45谷峨14:55==(JR御殿場線)==15:30国府津15:33==(JR東海道本線:JR計740円)==15:58辻堂

◆メモ

  • 湯船山稜を歩いていて気になったのは車の爆音。帰宅後に調べたら、当日は富士スピードウェイで日産/NISMOファン感謝イベントが催され、レースが行われていたようです。静かな山域には不似合いでした。(文句を言っている訳ではありません。)
  • 「不老」の言葉の響きに引かれてしまうのは、知らず識らず脳や体力の衰えを感じているから・・・かな?
  • 逆方向で山市場から不老山に登るのは少しきついかもしれませんね。ほとんど展望がないので、下山路向きかも?

◆関連サイト(新しいウィンドウで開きます)

◆MWの関連ページ

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system