■ユキノシタ(雪の下)

トップページ > 季節の花たち > ユキノシタ 更新日:2007年06月24日

ユキノシタ(全体) 【科名】ユキノシタ科 【別名】--
【撮影】2007年06月中旬 湯河原町・天照山神社

沢沿いの岩場など、半日陰で湿った場所を好むようです。高さは脛〜膝サイズでした。
汗をかいて登った山中の神社で涼しげに小群生し、ひっそりと咲いていました。何とも不思議な雰囲気の花ですね。
観賞用の他に葉には薬効があり、また食用にもなるので、寺社などで植栽を見かけます。

【MWの関連ページ】湯河原3コース
円錐状花序 葉(毛深い腎円形) :花茎は枝分かれして多数の花をつけます。(円錐状花序)

:葉は丸っぽく(腎円形)、とても毛深い。(恥ずかし・・・ジロジロ見ないで!)
脈の部分が白っぽい斑になっています。
花(正面から) 花(横から) 花びらは5枚。
上の3枚は小さく、基部に黄色い斑紋。そして紅紫色の斑点。
下の2枚は白色で大きく、長さ1.5cm程。
左右対称で「大」の字のよう。アンバランスながらも不思議な安定感だね。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system