■ヤマユリ(山百合)

トップページ > 季節の花たち > ヤマユリ 更新日:2017年07月22日

ヤマユリ 【科名】ユリ科 【別名】--
【撮影】2017年07月上旬 山北町・河村城址歴史公園

日当りのよい山野に生える大形のユリで、高さは1〜1.5m。直立せず、茎が垂れ下がっていることもあります。
ちなみに、神奈川県の県の花とのこと。
茎の先端部の葉腋から大型の花を1個出し、数個から多いものは10個以上咲いています。
山野に普通に咲くユリなのでこの名、のようです。
ヤマユリ(花) 背丈もデカけりゃ、花もデカい。広げた手のひらサイズで、直径20cmを越えるほど。
花被片は6個。白地に黄色のすじがあり、赤褐色の斑点があります。
雄しべ6個。雌しべは1個で先端(柱頭)は粘液を出してべとつきます。
花の匂いは強烈で、私は頭が痛くなります。私はこの花が怖いです。
ヤマユリ(花、横から) 花被片は縁にしわがあり、反り返る。
葉花(中心部)花(斑点)
上左:葉は披針形で互生。
上中央:花の中心部には毛のような白い突起がある。
上右:赤褐色の斑点は、中心に近いところでは乳頭状に突起する。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system