■ヤマホタルブクロ(山蛍袋)

トップページ > 季節の花たち > ヤマホタルブクロ 更新日:2013年06月15日

ヤマホタルブクロ(全体) 【科名】キキョウ科 【別名】--
【撮影】2013年06月上旬 鎌倉市

山野や丘陵に生え、高さは脛〜膝。うつむくように下向きに咲き、あわれなり。
同じ仲間はホタルブクロ。ホタルブクロよりやや高地に生えるのでこの名、とのことですが、よく混在しています。
花色は白色〜淡紅紫色まで変化があり、同じように変化があるホタルブクロとは色では区別できません。
ヤマホタルブクロ(花) 萼片間は膨らむ :花は鐘形で長さ4〜5cm。先端は5裂。
萼片間の湾入部(A、B箇所)は・・・つづく

:ポッコリ膨らみます。
ホタルブクロは付属体が反り返るので、ここを見て区別します。
茎葉(上部) 茎葉(下部)
:上部の葉は柄がなく、茎を抱く。

:下部の葉には柄があり、翼がある。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system