■ヤブタビラコ(藪田平子)

トップページ > 季節の花たち > ヤブタビラコ 更新日:2016年05月14日

全体 【科名】キク科 【別名】--
【撮影】2006年05月上旬 藤沢市・宮原(レンゲの里)

田の畦で咲いていました。
付近でコオニタビラコが咲いていたので、「この子も同じでしょう・・・」と気にしていませんでしたが、写真を整理していて「小花(舌状花)の数が多いなぁ・・・」と気付き、調べたらヤブタビラコのようです。
咲き始めのようで、まだつぼみが多かったです。
頭花 斜上する茎の先が分かれて数個の頭花(小花の集合)をつけます。
頭花は直径約8mm。小花(全て舌状花)の数は20個ほど。この子は16個。
「茎に軟毛があるのもコオニタビラコとの区別点。」だそうです。なるほど、確かにまばらに毛がありました。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system