■ウンラン(海蘭)

トップページ > 季節の花たち > ウンラン 更新日:2007年07月08日

ウンラン(全体) 【科名】ゴマノハグサ科 【別名】--
【撮影】2007年07月上旬 藤沢市・辻堂海岸

海岸の砂地を好むようです。高さは脛ぐらいで小群生していました。
花期は8〜10月とのことですが、梅雨中盤のこの時期に、ポッと映える花でした。
海辺に生え、ラン(蘭)の花に似るのでこの名、とのことです。
花の色は異なりますが、似た花には同じ仲間のツタバウンランマツバウンランなど。
花(仮面状唇形)花(距)葉(対生)
上左と中央:枝先に数個の花をつけ、花の横幅は1cmぐらい。中央の黄色とまわりの白色が半熟玉子のよう。花は唇形で上唇は2裂。下唇は3裂し、基部は黄色く盛り上がって喉を塞いでいます(仮面状花冠)。花の後部は下向きに細い袋状の突起。そう、距(きょ)もあるんだね。
上右:葉は白緑色で対生し、厚みがあります。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system