■ツルナ(蔓菜)

トップページ > 季節の花たち > ツルナ 更新日:2012年08月05日

ツルナ(全体) 【科名】ツルナ科 【別名】--
【撮影】2012年07月下旬 藤沢市・辻堂海岸

海岸の砂地に生え、高さは脛ぐらい。分枝して地を這って広がり、枝先は立ち上がります。
葉腋に小さな花を付けますが、あまり目立ちません。花期は長く、春から秋まで。
蔓状に広がり、葉が食用になるのでこの名、とのこと。
ツルナ(葉) 葉は卵状三角形でやや厚く、互生。
特に若い葉は白っぽく、霜が降りたように見えます。スーパーで売っている野菜の「アイスプラント」のような感じ。
ちぎって生で食べてみましたが、クセもなく、おひたしにいいかも?
花(葉腋) 萼が4〜5裂 :葉腋に1〜2個の花を付ける。花びらはなく、萼が4〜5裂し、内側が黄色。

:曇りだったせいか、開ききった花は見かけませんでした。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system