■ツルカノコソウ(蔓鹿の子草)

トップページ > 季節の花たち > ツルカノコソウ 更新日:2009年04月25日

ツルカノコソウ(全体) 【科名】オミナエシ科 【別名】--
【撮影】2009年04月中旬 松田町・松田山みどりの風自然遊歩道

山地のやや湿り気のある場所を好むとのこと。
木漏れ日のハイキングコース脇で見かけました。高さは脛ぐらい。でも、10cmぐらいでも咲いています。
小さな白花が集まって咲きますが、ややまばらな感じ。
カノコソウ(花の様子から鹿の子絞りの白い斑点模様にたとえて)の仲間で、走出枝を伸ばして新苗を出すので蔓(つる)の名、とのこと。
ツルカノコソウ(散房花序) 葉 :花は小さく、直径数mm。合弁花で先端が5裂。
最初は名が分からず、セリ科で調べたものの不明。写真をよく見ると5弁花ではないことに気付いてようやく判明。確かにオトコエシに似てるね。

:葉は対生し、羽状に全裂。裂片の鋸歯はゆるく波状。
ツルカノコソウ 日当りのよい場所では、大柄で花数の多い株も見かけました。
写真の鋸歯はややツンツンして見えますが、全体的には波状だったのでカノコソウではないと思いますが・・・はて?

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system