■ツクバネウツギ(衝羽根空木)

トップページ > 季節の花たち > ツクバネウツギ 更新日:2011年05月16日

ツクバネウツギ(全体) 【科名】スイカズラ科 【別名】コツクバネ(小衝羽根)
【撮影】2011年04月下旬 相模原市緑区・津久井湖城山公園

明るい山地で見かけました。よく分枝して茂るようですが、この子はまだ若く、細い枝を低く伸ばしていました。
白い花に橙色の網状斑、かなりのオシャレさん。
・細長い果実の先端に萼片が残り、その形が正月の羽根つきの羽根に似る。
・葉は対生し、ウツギ(ユキノシタ科)に似る。
ゆえにこの名、とのこと。

【MWの関連ページ】津久井湖城山公園
花(正面と横)花(上から)葉(対生)
上左と中央:枝先に2個の花を付け、花の長さは2〜3cm。唇形気味で上唇は2裂。下唇は3裂し、橙色の網状斑がある。【?】「萼片は同形で5個」を確認できなかったので、ツクバネウツギの近縁種かも?
上右:葉は対生。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system