■トウモクレン(唐木蓮、唐木蘭)

トップページ > 季節の花たち > トウモクレン 更新日:2013年04月10日

トウモクレン(全体) 【科名】モクレン科 【別名】ヒメモクレン(姫木蓮)
【撮影】2013年03月下旬 藤沢市・大庭城址公園

葉に先立って白色を帯びた紅紫色の花をつけていました。
モクレンの変種で中国原産なのでこの名、とのこと。モクレンも中国原産なのにね。
同じ仲間は真っ白な花のハクモクレン(白木蓮)など。
【?】今までモクレンとしていましたが、花の内側が白いので本種であろうと考え直しました。造園業では本種をモクレンと称し、植栽の多くは本種なので区別しないことが多いようですけど。ちなみに公園の指定管理者サイト(外部リンク)では「モクレン」です。
悩ましいのは「低木〜小高木のモクレンより小形」とのこと。でも、この子はかなり大柄。そして「花と葉が同時に展開」とのことですが、開花時に葉はなし。ハクモクレンとモクレンの雑種のサラサモクレン(更紗木蓮)かも?
トウモクレン(花) 花びらのように見える(花弁状の)花被片は6個。長さは8cmぐらい。外側は紅紫色で縁は白っぽい。やわらかな色合いだね。
花は全開することなく、半開き。残念ながらほとんど芳香はありません。
内側は白い花(裏から見る)雄しべと雌しべ
上左:花弁状花被片の内側は白い。 上中央:外側の花被片3個は白色で小さく、萼のように見える。
上右:花床(雄しべ、雌しべ、花冠、萼などがつく部分)は円錐形。雄しべと雌しべは多数。

トップページ <<前のページ| ▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system