■トキワハゼ(常磐黄櫨、常磐爆米)

トップページ > 季節の花たち > トキワハゼ 更新日:2006年05月01日

トキワハゼ(全体) 【科名】ゴマノハグサ科 【別名】--
【撮影】2006年04月下旬 藤沢市・宮原(レンゲの里)

田んぼや畦で咲いていました。高さは10cmぐらい。
ほぼ一年中(4〜11月)花が咲くので常磐(ときわ。永久に続くこと)。果実がはぜる(爆ぜる。名詞形は、はぜ。爆米)のでこの名、とのこと。本当かな?
花(上から) 花(横から) 花は唇形(しんけい)で、同じ仲間のムラサキサキゴケやツタバウンランに似ていています。
花の幅は1cm弱。下唇は3裂し、黄褐色の斑が特徴的。
住宅街のガーデニングで咲く、きらびやかな園芸品種の花々より君たちの方が素敵だよ。本当だよ。とてもチャーミングだよ。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system