■トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅)

トップページ > 季節の花たち > トウゴクミツバツツジ 更新日:2013年06月01日

全体 【科名】ツツジ科 【別名】--
【撮影】2002年05月上旬 山北町・つつじ新道・展望台付近

その名の通り、おもに関東地方や中部地方の山地に多い。檜洞丸のつつじ新道は有名です。
登山道から見える紅紫色の花は、しばし足腰の疲れも忘れさせてくれます。

【MWの関連ページ】檜洞丸ツツジの特徴

全体 【撮影】2000年05月下旬 丹沢・鍋割山

緑の中で映えますね。

【MWの関連ページ】塔ノ岳・鍋割山

全体 【撮影】2005年05月上旬 秦野市/厚木市・大山北尾根

ふっと足を止めて見入ってしまいます。
訪れる人が少ない尾根なので、こんなに綺麗に咲いているのに・・・ほめてもらえない?

【MWの関連ページ】大山北尾根
花
葉の展開前または展開と同時に開花し、直径4cmぐらい。漏斗形で深く5裂するので5弁花のように見えます。
雄しべは10子。下側の5本は普通サイズですが、上側の5本は短くてちょっと貧弱。

葉と花が同時に開く 【撮影】2013年05月中旬 箱根町・駒ヶ岳

このように近づいて見てもいいのですが・・・
遠くから、新緑の山肌がポツリポツリと紅紫色に染まるのも、よい眺め。

【MWの関連ページ】駒ヶ岳

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system